メインメニューを開く

帝京科学大学(ていきょうかがくだいがく、英語: Teikyo University of Science)は、東京都足立区千住桜木2-2-1に本部を置く日本私立大学である。1990年に設置された。大学の略称は帝京科学大、帝科大。北緯35度45分12.7秒
東経139度47分21.4秒

帝京科学大学
帝京科学大学千住キャンパス 本館
帝京科学大学千住キャンパス 本館
大学設置/創立 1990年
学校種別 私立
設置者 学校法人帝京科学大学
本部所在地 東京都足立区千住桜木2-2-1
北緯35度45分12.7秒 東経139度47分21.4秒 / 北緯35.753528度 東経139.789278度 / 35.753528; 139.789278座標: 北緯35度45分12.7秒 東経139度47分21.4秒 / 北緯35.753528度 東経139.789278度 / 35.753528; 139.789278
キャンパス 千住キャンパス
(東京都足立区)
東京西キャンパス
(山梨県上野原市)
学部 生命環境学部
医療科学部
教育人間科学部
研究科 アニマルサイエンス専攻
バイオサイエンス専攻
環境マテリアル専攻
先端科学技術専攻
総合リハビリテーション学専攻
ウェブサイト 帝京科学大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

1990年西東京科学大学として創立、1996年に学部再編に伴い帝京科学大学に名称変更された。2002年に開設したアニマルサイエンス学科では獣医学でもなく畜産学でもない当時の大学では日本初の「動物と人間の共生」という新しい動物系の分野を開拓している。

生命環境学部は、「動物」「自然」「生命」を学ぶ3つの学科で社会に貢献するための視点を広げるとしており、自然環境学科では、公害防止管理者環境計量士等、生命科学科では食品衛生管理者、化粧品開発や臨床工学技士(臨床工学コース)等、アニマルサイエンス学科では、家庭犬や大型犬のドッグトレーナー、動物園水族館の飼育員、動物看護師等を目指すことができる。また、千住キャンパス内には附属動物病院が開院されており実践的な動物看護・福祉を学ぶ環境が整備されている。医療科学部は、医療、福祉を実践する力とチームで協働する力を身につけるとしており、理学療法士作業療法士柔道整復師を養成する学科を設置し、2012年4月からは千住キャンパスに看護学科を新設し医療系を学べる環境が整備されている。また、文系の枠組みに多くある福祉系分野を、医療の知識を持った福祉職の育成を念頭にした医療福祉学科を医療科学部に開設している。教育人間科学部は、子どもたちの多様な個性をはぐくみ豊かな未来に貢献できる力を養うとしており、幼稚園教員保育士小学校教員中学校教員(理科、保健体育、英語)、高等学校教員(理科、保健体育、英語)の資格を目指すことができる。さらに、3つの学部を横断し様々な活動を行っていることも大きな特長であり、アニマルサイエンス学科では地域の幼稚園保育園小学校と連携して「動物介在教育活動」や「動物を使ったリハビリ」についてのワークショップの開設などを行っている。日本では動物介在療法などに関しての効果研究などはこれから期待されるところだが、日本におけるこの分野での取組として対象となる障害児・者の障害理解がまだ不十分な点に関しては、医療科学部作業療法学科が積極的に取り組み始めている。

建学の精神編集

帝京科学大学の建学の精神は、人類の将来を正しく見据え、生命の尊厳を深く学び、自然と人間の共生に貢献できる人材を育成し、持続可能な社会の発展に寄与するである。

沿革編集

  • 1990年4月 - 山梨県上野原市に西東京科学大学として開学。理工学部(電子・情報科学科、バイオサイエンス学科、物質工学科、経営工学科)を設置
  • 1994年4月 - 西東京科学大学大学院開設。理工学研究科バイオサイエンス専攻、マテリアルズ専攻、経営情報システム専攻(それぞれ修士課程)を設置
  • 1996年4月 - 西東京科学大学を帝京科学大学に名称変更。大学院理工学研究科先端科学技術専攻(博士後期課程)を設置
  • 1997年4月 - 理工学部の経営工学科をマネジメントシステム学科に改組
  • 1998年4月 - 理工学部の物質工学科を環境マテリアル学科に改組
  • 1999年4月 - 大学院バイオテクノロジー研究センターを設置
  • 2000年4月 - 大学院未来材料研究センターを設置。理工学部の電子・情報科学科をメディアサイエンス学科に改組
  • 2001年4月 - 理工学部のバイオサイエンス学科にアニマルサイエンスコースを設置
  • 2002年4月 - 理工学部のアニマルサイエンスコースを理工学部アニマルサイエンス学科に改組。博物館学芸員課程を設置。理工学部のマネジメントシステム学科を学生募集停止
  • 2003年
    • 1月 - ISO14001認証を取得
    • 4月 - 大学院理工学研究科のマテリアルズ専攻を環境マテリアル専攻に改組
  • 2005年4月 - 理工学部のメディアサイエンス学科をメディア情報システム学科に、環境マテリアル学科を環境科学科に改組。大学院理工学研究科の経営情報システム専攻をメディア情報システム専攻に改組。大学院理工学研究科にアニマルサイエンス専攻(修士課程)を設置。理工学部のマネジメントシステム学科を廃止
  • 2006年4月 - 理工学部のアニマルサイエンス学科にアニマルセラピーコースを、メディア情報システム学科に臨床工学コースを設置
  • 2007年4月 - 理工学部を生命環境学部に名称変更。医療科学部リハビリテーション学科理学療法学専攻を設置
  • 2008年
    • 1月 - 環境マネジメントシステム(EMS)の運用を開始
    • 4月 - 生命環境学部に生命科学科を設置。医療科学部に作業療法学科を設置。医療科学部のリハビリテーション学科理学療法学専攻を理学療法学科に改組。こども学部こども学科を設置。生命環境学部のメディア情報システム学科、バイオサイエンス学科を学生募集停止
  • 2009年4月 - 医療科学部に柔道整復学科を設置
  • 2010年4月 - 千住キャンパス(東京都足立区)、山梨市キャンパス(山梨県山梨市)を開設。生命環境学部アニマルサイエンス学科の動物看護福祉コースを千住キャンパスへ移転。生命環境学部生命科学科の生命・健康コース、臨床工学コースを千住キャンパスへ移転。医療科学部に東京理学療法学科、東京柔道整復学科を設置。こども学部に児童教育学科を設置。こども学部児童教育学科に保育士養成課程を設置。生命環境学部の環境科学科を自然環境学科に改組。総合教育センターを設置。地域連携推進センターを設置
  • 2012年4月 - 医療科学部に看護学科を設置
  • 2014年4月 - 教職センターを設置
  • 2016年4月 - 医療科学部に医療福祉学科を設置。こども学部の児童教育学科を幼児保育学科と学校教育学科(小学校コース・中高理科コース・中高保健体育コース)に改組(児童教育学科を学生募集停止)
  • 2017年4月 - 医療科学部看護学科に保健師養成課程を設置。こども学部を教育人間科学部に名称変更。教育人間科学部のこども学科に小学校・幼稚園教諭コース、幼稚園・保育士コースを設置。生命環境学部のメディア情報システム学科とバイオサイエンス学科を廃止
  • 2018年4月 - 附属動物病院を開院。上野原キャンパスの名称を東京西キャンパスに変更。大学院医療科学研究科総合リハビリテーション学専攻(修士課程)を設置
  • 2019年4月 - 教育人間科学部学校教育学科に国際英語コースを設置。山梨市キャンパスを東京西キャンパスに統合し、利用停止

教育および研究編集

組織編集

学部編集

  • 生命環境学部
    • アニマルサイエンス学科
      • アニマルサイエンスコース(就学は東京西キャンパス。以下同じ)
      • アニマルセラピーコース
      • 野生動物コース
      • 動物看護福祉コース(就学は千住キャンパス)
    • 生命科学科
      • 生命コース(就学は東京西キャンパス)
      • 生命・健康コース(就学は千住キャンパス)
      • 臨床工学コース(就学は1~3年次は千住キャンパス、4年次は本学生の身分のまま東京都渋谷区帝京短期大学(専攻科臨床工学専攻))
    • 自然環境学科(就学は東京西キャンパス・千住キャンパス)
      • 生物環境分野
      • 環境科学分野
  • 医療科学部
    • 東京理学療法学科(就学は千住キャンパス。以下同じ)
    • 東京柔道整復学科
    • 看護学科
    • 医療福祉学科
    • 理学療法学科(就学は東京西キャンパス。以下同じ)
    • 作業療法学科
    • 柔道整復学科
  • 教育人間科学部
    • 幼児保育学科(就学は千住キャンパス。以下同じ)
    • 学校教育学科
      • 小学校コース
      • 中高理科コース
      • 中高保健体育コース
      • 国際英語コース(2019年4月開設)
    • こども学科(就学は東京西キャンパス)
      • 小学校・幼稚園教諭コース
      • 幼稚園教諭・保育士コース

大学院編集

  • 理工学研究科
    • メディア情報システム専攻(博士前期課程(修士課程))
    • バイオサイエンス専攻(博士前期課程(修士課程))
    • アニマルサイエンス専攻(博士前期課程(修士課程))
    • 環境マテリアル専攻(博士前期課程(修士課程))
    • 先端科学技術専攻(博士後期課程)
      • メディア情報システム領域
      • バイオサイエンス領域
      • アニマルサイエンス領域
      • 環境マテリアル領域
  • 医療科学研究科
    • 総合リハビリテーション学専攻(修士課程)

基礎データ編集

所在地編集

  • 千住キャンパス
    • 東京都足立区千住桜木2-2-1
      • 法人本部、生命環境学部 アニマルサイエンス学科動物看護福祉コース、自然環境学科、生命科学科生命・健康コース、生命科学科臨床工学コース(1~3年次)/医療科学部 東京理学療法学科、東京柔道整復学科、看護学科、医療福祉学科/教育人間科学部 幼児保育学科、学校教育学科/大学院 医療科学研究科
  • 東京西キャンパス
    • 山梨県上野原市八ッ沢2525
      • 生命環境学部 アニマルサイエンス学科アニマルサイエンスコース・アニマルセラピーコース・野生動物コース、自然環境学科、生命科学科生命コース/医療科学部 理学療法学科、作業療法学科、柔道整復学科/教育人間科学部 こども学科/大学院 理工学研究科

附属機関編集

  • 帝京千住接骨院
  • 帝京山梨整骨院
  • 帝京科学大学八王子整骨院
  • 帝京科学大学千住大橋接骨院
  • 未来材料研究センター
  • 帝京科学大学バイオテクノロジー研究センター
  • 帝京科学大学附属動物病院

交通アクセス編集

不祥事編集

2015年12月1日、大学寮の食堂で柔道部に所属する3年生が同じく柔道部に所属する2年生の腹を殴るなど暴力行為に及んでいたことが、2016年3月3日に発覚した[1][2][3]。被害者の2年生はあごの骨を折る1カ月の怪我を負い、一時入院し[1][2][3]、さらに手術を受けた[3]。さらに大学が調査を進めた結果、他の上級生も複数名がこの2年生に対して暴力を振るっていたことが発覚した[1][2][3]。大学は、監督責任として柔道部部長を解任、謹慎処分にしたほか、加害者の3年生に停学4カ月の処分を下した[2][3]。被害者の2年生は自主退学し[1][2][3]、九州地方の出身地に戻ることとなった[1]。事件を受けて全日本柔道連盟は懲戒委員会を開き、部員らの処分について検討することとなった[1][3]

系列校編集

学校法人帝京科学大学では設置している下記の教育機関を大学を頂点とする附属学校ではなく同格の系列校としている。また学校法人帝京科学大学が設置する教育機関のほか、複数の学校法人からなる帝京大学グループが設置する教育機関が存在している。

その他編集

  • 生命環境学部の3学科(生命科学科臨床工学コースは除く)では、中学・高校教諭一種免許状(理科)と博物館学芸員資格が取得可能
  • 医療科学部東京柔道整復学科、東京理学療法学科、柔道整復学科では、アスレティックトレーナーの受験資格とトレーニング指導者資格が取得可能
  • 教育人間科学部幼児保育学科では、認定心理士の資格が取得可能
  • 医療科学部作業療法学科では動物介在療法、乗馬療法などの海外で取り組まれている療法などの知識技術の習得が可能
  • 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[4]

脚注編集

外部リンク編集