帝京第五高等学校

日本の愛媛県大洲市にある私立高等学校

帝京第五高等学校(ていきょうだいごこうとうがっこう)は、愛媛県大洲市にある私立高等学校。スポーツが盛んで、野球部は2016年第89回選抜高等学校野球大会に出場、サッカー部や女子バレーボール部、剣道部も強豪校として有名。また、寮を完備しており希望すれば入寮することが可能で、2022年3月には校内に新学生寮が完成予定。南予地区唯一の看護科においては高校入学後5年で看護師国家試験受験資格を得ることができる。

帝京第五高等学校
Teikyo dai5 haigh school.JPG
南方から望む校舎群
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人帝京科学大学
校訓 誠実・努力・敬愛・礼儀・健康
設立年月日 1963年
創立者 冲永荘一
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
総合学科
本科看護科
専攻科 看護専攻科
高校コード 38510H
所在地 795-0072
愛媛県大洲市新谷甲233番地

北緯33度32分11.85秒 東経132度36分12.32秒 / 北緯33.5366250度 東経132.6034222度 / 33.5366250; 132.6034222座標: 北緯33度32分11.85秒 東経132度36分12.32秒 / 北緯33.5366250度 東経132.6034222度 / 33.5366250; 132.6034222
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
帝京第五高等学校の位置(愛媛県内)
帝京第五高等学校

学科紹介編集

  • 普通科 特進冨士コース、スポーツ進学コース
  • 総合学科 総合進学コース、情報ビジネスコース、福祉コース、生活コース
  • 看護科
    • 本科
    • 専攻科(本科からの5年一貫教育)

教育理念編集

努むれば必ず達すの下、実社会に貢献出来る誠実で責任感あふれる人材の育成を目指す。

位置編集

校舎は大洲市内でも内子町寄りに位置し、予讃線内子線新谷駅が最寄駅。

沿革編集

著名な卒業生編集


不祥事編集

サッカー部監督による丸刈り強要問題編集

同校のサッカー部に於いて、監督を務める男性教諭が、宿題を忘れたり言葉遣いが悪いなど態度が悪い部員への「指導」と称して、丸刈りを命じていたことが、2018年10月に新聞報道で明らかになった。学校側も監督の行為を把握していたものの、同年4月に愛媛県に相談が寄せられるまで黙認していた模様である[1]

剣道部総監督が部員から現金受領編集

同校剣道部の二宮明夫総監督(61)が、自らの誕生日に合わせて部員から現金を受け取っていたことが2020年1月に発覚。運営する学校法人は「社会的儀礼の範囲を超えている」として、この総監督を教員として不適格であるとして2021年4月16日付けで解雇[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

公式サイト編集