メインメニューを開く

帝室技芸員(ていしつぎげいいん)は、戦前の日本宮内省によって運営されていた、美術家工芸家の顕彰制度である。日本の優秀な美術家工芸家に、帝室からの栄誉を与えてこれを保護し、更に斯界の奨励、発展を図ろうとした。1890年明治23年)設置、1947年昭和22年)廃止。

「技芸員」の名称通り任命された作家の分野は多岐にわたり、日本画家や西洋画家、彫刻家の他、金工、陶工、漆工、刀工といった諸工芸作家に加えて、写真家なども任命されている。

歴史編集

成立の背景には、1887年頃の旧派の龍池会と、新派の鑑画会の対立があると言われる。後者は1889年東京美術学校を創立するフェノロサ岡倉覚三(天心)ら文部省系のグループであるが、通常「新派」と称されるこの革新派の運動に危機意識をいだいた龍池会系の「旧派」は、伝統絵画を護るという意図から宮内省の庇護を求めた。龍池会のメンバーは1887年有栖川宮熾仁親王を総裁に迎えて、新たに「日本美術協会」を発足させる。同会は宮中や宮内省との結びつきが強く、翌年には帝室技芸員の前身とされる「宮内省工芸員」(加納夏雄ら17名)を認定した。年金も支給され、甲は150円、乙は100円だった[1]

1890年(明治23年)2月には帝国博物館総長九鬼隆一が選択委員長に任ぜられ、佐野常民下条桂谷高嶺秀夫浜尾新杉孫七郎山高信離川田剛らが委員に選ばれた。彼らによって、正式に帝室技芸員制度がはじまる。その形態は宮内大臣により任命された選択委員により作家が推薦され、帝国博物館総長の招集した会議によって決められ、内定者は宮内大臣に推挙された。任期は終身で、定員は当初は20名、1906年(明治39年)3月からは25名。毎年100円の年金の他に、下命された制作に対しては制作費が受給された。なお、任命する側も基本的に終身である。選択委員の顔ぶれは、全体的に帝国博物館を中心とする宮内省関係者、東京美術学校を中心とする文部省関係者が多い。ただし、初期は農商務省関係者も重要な位置を占め、殖産興業政策との接近と変化が、技芸員の選択とメンバーの変化にも反映されている。

確かに当初の技芸員は、日本美術協会の重鎮が年功序列で任命を受けるという傾向にあった。しかし、実際には東京美術学校初代校長である浜尾新が選択委員に名を連ねており、最初に任命された10名にも橋本雅邦高村光雲、加納夏雄ら東京美術学校の教授が3名も含まれていた。更に1913年には正木直彦が選択委員に加わり、竹内栖鳳官展系の人気作家が任命されるようになる。ただし、これは日本画壇に限ったことで、美術工芸分野ではむしろ旬の作家が積極的に候補に挙げられ、実際に選ばれている。この選定には、ジャポニズムの盛り上がりに焦点を合わせ、日本の美術工芸を奨励し外国に積極的に売り込もうとする意図が見え隠れしている。

第二次世界大戦中の1944年までに13回の選定が行われ、計79名が任命された。技芸員制度は戦後内閣府と宮内省の改変に伴い廃止されたが、資格自体が取り消されたわけではないため、その終わりは曖昧であるものの、1986年(昭和61年)に梅原龍三郎が死去したことで技芸員は全員物故者となった。

こうした作家の顕彰行為は、一面としては文化勲章重要無形文化財制度、あるいは日本芸術院会員への認定などに引き継がれていった。

帝室技芸員一覧編集

専門 氏名 任命年月 没年月 備考
画家 田崎草雲(芸) 1890年(明治23年)10月2日[2] 1898年9月1日 南画
画家 森寛斎 1890年(明治23年)10月2日[2] 1894年6月2日 四条派
漆工[注釈 1] 柴田是真(順蔵) 1890年(明治23年)10月2日[2] 1891年7月13日 古満派
画家 狩野永悳 1890年(明治23年)10月2日[2] 1891年1月29日 狩野派
画家 守住貫魚 1890年(明治23年)10月2日[2] 1892年2月26日 住吉派[4]
織物 伊達弥助 1890年(明治23年)10月2日[2] 1892年3月20日
彫金 加納夏雄 1890年(明治23年)10月2日[2] 1898年2月3日
画家 橋本雅邦 1890年(明治23年)10月2日[2] 1908年1月13日 狩野派
彫刻 高村光雲(幸吉) 1890年(明治23年)10月2日[2] 1934年10月10日 木彫
彫刻 石川光明 1890年(明治23年)10月2日[2] 1913年7月30日 牙彫
画家 野口幽谷(巳之助) 1893年(明治26年)9月25日[5] 1898年6月26日 南画
画家 滝(瀧)和亭 1893年(明治26年)9月25日[5] 1901年9月28日 南画
画家 幸野楳嶺(梅嶺) 1893年(明治26年)9月25日[5] 1895年2月2日 四条派
陶工 清風与平 1893年(明治26年)9月25日[5] 1914年7月15日
画家 岸竹堂 1896年(明治29年)6月30日[6] 1900年7月27日 岸派
画家 山名貫義 1896年(明治29年)6月30日[6] 1902年6月11日 土佐派
画家 川端玉章 1896年(明治29年)6月30日[6] 1913年2月14日 円山派
建築 伊藤平左衛門 1896年(明治29年)6月30日[6] 1913年5月11日 円山派
金彫 海野勝珉 1896年(明治29年)6月30日[6] 1915年10月8日
陶業 宮川香山 1896年(明治29年)6月30日[6] 1916年5月24日
七宝 濤川惣助 1896年(明治29年)6月30日[6] 1910年2月14日
七宝 並河靖之 1896年(明治29年)6月30日[6] 1927年2月14日
鋳業 鈴木長吉 1896年(明治29年)6月30日[6] 1919年1月29日
蒔絵 川之邊一朝
(平右衛門)
1896年(明治29年)6月30日[6] 1910年9月5日
蒔絵 池田泰真 1896年(明治29年)6月30日[6] 1903年3月7日 柴田是真門人
織物 川島甚兵衛 1898年(明治31年)2月9日[7] 1910年5月5日
画家 荒木寛畝 1900年(明治33年)7月21日[8] 1915年7月21日 南画
画家 熊谷直彦 1904年(明治37年)4月16日[9] 1913年3月8日 四条派
画家 望月玉泉 1904年(明治37年)4月16日[9] 1913年9月16日 四条派
画家 今尾景年 1904年(明治37年)4月16日[9] 1924年10月5日 四条派
画家 野口小蘋(親) 1904年(明治37年)4月16日[9] 1917年2月17日 南画
彫刻 竹内久一 1906年(明治39年)4月4日[10] 1916年9月24日
蒔絵 白山松哉(福松) 1906年(明治39年)4月4日[10] 1923年8月7日
金彫 香川勝広 1906年(明治39年)4月4日[10] 1917年1月15日
刀剣 宮本包則 1906年(明治39年)4月4日[10] 1926年10月22日
篆刻 中井敬所 1906年(明治39年)4月4日[10] 1909年9月30日
刀剣 月山貞一(弥五郎) 1906年(明治39年)4月4日[10] 1918年7月11日 月山派
図案 岸光景 1906年(明治39年)4月4日[10] 1922年5月3日
洋画 黒田清輝 1910年(明治43年)10月18日[11] 1924年7月16日
写真 小川一真 1910年(明治43年)10月18日[11] 1929年9月7日
絵画 竹内栖鳳(恒吉) 1913年(大正2年)12月18日[12] 1942年8月23日 四条派
彫金 塚田秀鏡 1913年(大正2年)12月18日[12] 1918年12月29日 加納夏雄門人
絵画 寺崎広業 1917年(大正6年)6月11日[13] 1919年2月11日
絵画 小堀鞆音 1917年(大正6年)6月11日[13] 1931年10月1日 土佐派
絵画 川合玉堂(芳三郎) 1917年(大正6年)6月11日[13] 1958年6月30日
絵画 下村観山(晴三郎) 1917年(大正6年)6月11日[13] 1930年5月10日
絵画 富岡鉄斎(百錬) 1917年(大正6年)6月11日[13] 1923年12月3日 南画
絵画 山元春挙(金右衛門) 1917年(大正6年)6月11日[13] 1933年7月11日 四条派
彫塑 新海竹太郎 1917年(大正6年)6月11日[13] 1927年3月12日
陶工 伊東陶山 1917年(大正6年)6月11日[13] 1920年9月24日
陶工 諏訪蘇山(好武) 1917年(大正6年)6月11日[13] 1922年2月9日
鍛金 平田宗幸 1917年(大正6年)6月11日[13] 1920年2月25日
建築 佐々木岩次郎 1917年(大正6年)6月11日[13] 1936年10月10日
日本画 横山大観(秀麿) 1931年(昭和6年)6月30日[14] 1958年1月26日
日本画 橋本関雪(関一) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1945年2月26日
日本画 安田靫彦(新三郎) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1978年4月29日
日本画 菊池契月(莞爾) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1955年9月9日
洋画 和田英作 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1959年1月3日
洋画 藤島武二 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1943年3月19日
洋画 岡田三郎助 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1939年9月23日
彫刻 山崎朝雲 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1954年6月4日
工芸 板谷波山(嘉七) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1963年10月10日
工芸 香取秀真(秀治郎) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1954年1月31日
工芸 清水南山(亀蔵) 1934年(昭和9年)12月3日[15] 1948年12月7日
日本画 西山翠嶂(卯三郎) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1958年3月30日
日本画 堂本印象(三之助) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1975年9月5日
日本画 鏑木清方(健一) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1972年3月2日
日本画 上村松園(津禰[注釈 2] 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1949年8月27日
日本画 前田青邨(廉造) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1977年10月27日
日本画 松林桂月(篤) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1963年5月22日 南画
日本画 小林古径(茂) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1957年4月3日
日本画 小室翠雲(貞次郎) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1945年3月30日 南画
洋画 金山平三 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1964年7月15日
洋画 中沢弘光 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1964年9月8日
洋画 梅原龍三郎 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1986年1月16日
洋画 安井曾太郎 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1955年12月14日
洋画 南薫造 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1950年1月6日
彫刻 朝倉文夫 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1964年4月18日
彫刻 平櫛田中(倬太郎) 1944年(昭和19年)7月1日[16] 1979年12月30日
  • 「氏名」欄の括弧は『官報』における人名表記。
  • 上記一覧表[注釈 3]について、初期から中期にかけての「専門」欄の名称に、「画家」「絵画」、「彫金」「金彫」、「陶業」「陶工」といった表記ゆれがあるのは仕様である。後期になると「日本画」「洋画」「彫刻」「工芸」の作家のみが選ばれ、分類表記も統一されるようになる。この変化は帝室技芸員の重点が、「技芸」から「美術」へ移るのを物語っている[17]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 樋口(1968)では「蒔絵画家」と並列して記載しており、樋口が参照したと思われる「帝室技芸員」(『帝室技芸関連資料』東京国立博物館館史資料254番、マイクロフィルム番号1883、コマ番号0026)でも「画家(改行)蒔絵」と併記されている。しかし、明治23年9月付の「技芸員田崎以下左之通り宮内大臣、薦挙可被ニ付各自ノ検印ヲ請ウ」」(同コマ番号0031)と題する技芸員選択委員会におけるリストでは、「漆工 柴田順蔵」と漆工のみ記されており、こちらが公式見解だと考えられる。画家としても帝室技芸員になったと誤伝されたのは、是真は漆工としても画家としても顕彰に値する活躍をしている、と当時の人々に受け止められていたからだと考えられる[3]
  2. ^ 『官報』は「禰」を変体仮名で表記。
  3. ^ 樋口(1968)p.32を元に備考を追加。デフォルトの順序も原図ママ。ただし柴田是真のみ、当該項目脚注史料を元に修正。

出典編集

  1. ^ 浦崎永錫 『日本近代美術発展史 〔明治編〕』 東京美術、1974年7月。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『官報』第2191号、明治23年10月16日。
  3. ^ 横溝廣子 「柴田是真の下絵・写生帖、そして帝室技芸員関係書類が示すもの」『三井美術文化史論集』第4号、三井記念美術館、2011年3月31日、pp.57-60
  4. ^ 土佐派派生
  5. ^ a b c d 『官報』第3076号、明治26年9月28日。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 『官報』第3901号、明治29年7月1日。
  7. ^ 『官報』第4380号、明治31年2月10日。
  8. ^ 『官報』第5116号、明治33年7月23日。
  9. ^ a b c d 『官報』第6236号、明治37年4月18日。
  10. ^ a b c d e f g 『官報』第6826号、明治39年4月5日。
  11. ^ a b 『官報』第8199号、明治43年10月19日。
  12. ^ a b 『官報』第419号、大正2年12月19日。
  13. ^ a b c d e f g h i j k 『官報』第1458号、大正6年6月12日。
  14. ^ 『官報』第1351号、昭和6年7月2日。
  15. ^ a b c d e f g h i j 『官報』第2378号、昭和9年12月4日。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『官報』第5239号、昭和19年7月3日。
  17. ^ 佐藤(2005)

参考文献編集

  • 樋口秀雄 「帝室技芸員制度─帝室技芸員の設置とその選衡経過」 『MUSEUM』 第202号、東京国立博物館、1968年1月、pp.29-32
  • 細野正信 「旧派から新派へ ―帝室技芸員の推移―」 朝日新聞東京本社企画第一部編集・発行 『即位記念 「近代日本画壇の巨匠たち」展図録』 朝日新聞社、1990年、pp.104-108
  • 佐藤道信 「帝室技芸員と帝国美術院会員」『三の丸尚蔵館年報・紀要』第12号(平成17年度)、2007年3月、pp.101-112
  • 横溝廣子 「帝室技芸員関係書類(東京国立博物館保管)概要」『三の丸尚蔵館年報・紀要』第17号(平成22年度)、2012年3月、pp.81-96
展覧会図録

関連項目編集