師岡正雄のショウアップナイター編集部!

師岡正雄のショウアップナイター編集部!(もろおかまさおのショウアップナイターへんしゅうぶ!)は、ニッポン放送で2007年10月6日から2008年3月29日まで放送されていたスポーツバラエティ番組

師岡正雄のショウアップナイター編集部!
ジャンル スポーツバラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2007年10月6日 - 2008年3月29日
放送時間 土曜 17:30 - 20:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 師岡正雄
出演 新保友映
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

番組概要編集

放送時間は、毎週土曜日17:30(JST)〜20:00(JST)の2時間半で、プロ野球オフシーズンに放送される。内容は、各種スポーツの最新情報や、スポーツの裏側などを放送する。

出演者編集

パーソナリティ編集

アシスタント編集

  • 新保友映(ニッポン放送アナウンサー)
  • 清水久嗣(ニッポン放送アナウンサー)※競馬コーナーのみの登場

コーナー編集

きくざわかんくろうの新曲発表編集

2007年12月21日金曜日)の「松本ひでおのショウアップナイターネクスト」で金曜日のパーソナリティである横浜ベイスターズ仁志敏久が、その日に会った読売ジャイアンツ矢野謙次が聞いていたKICK THE CAN CREWの『クリスマス・イブRap』をリクエストして、曲紹介した時に、スタジオの外にいた師岡に「KICK THE CAN CREW」が「きくざわかんくろう」と聞こえて、「きくざわかんくろうという歌手がいるのか」とスタジオに聞きに来た。それを受けて、悪乗りした師岡が「きくざわかんくろう」という名前で山下達郎の『クリスマス・イブ』をラップにした『クリスマス・イブRap』に対抗?して、松任谷由実の『恋人がサンタクロース』をラップ化してレコーディングして、2007年12月22日の放送で流した。ラップの部分はまあまあの出来だったものの、ラップではないサビの部分がひどくはずして歌ったため、その後「松本ひでおのショウアップナイターネクスト」で聞いた松本秀夫アナウンサーを唖然とさせた。師岡は「ラップの部分は練習したけど、サビの部分は練習しなかった」と言い訳しているが、大学時代にバンドを組んでたこともある松本アナは「練習しなくても、普通こんなにはずさないでしょ」とあきれていた。

以降番組でラップ化した曲

2007年12月29日の放送で松山千春の『長い夜』。なぜか、歌詞に2007年の流行語大賞の「どげんかせんといかん」と流行語大賞トップテンの「そんなの関係ねぇ!」が入っていた。

2008年1月5日の放送で中森明菜の『飾りじゃないのよ涙は』。これを聞いた、埼玉西武ライオンズ石井一久は「これはラップではなく読書だ」と評した。3曲ともラップというよりもセリフという感じである。

2008年1月12日の放送でSMAPの『世界に一つだけの花

2008年1月19日の放送で沢田研二の『TOKIO

2008年1月26日の放送は18:59までの短縮版のため、出番がなくがっかりしてスタジオを去った。

2008年2月2日の放送はプロ野球キャンプ情報を挿入する関係で出番がなかった。師岡正雄が説得するものも「歌う気になれない。」と言葉を残してスタジオを去った。

2008年2月9日の放送はコーナーをカットして大雪に関する情報を緊急に挿入しなければならなくなり、「大雪のバカヤロウ!!なんでこんな日の夜に降るんだ!!」とメモを残し、スタジオを去った。なお、2月9日以降は登場していない。

関連項目編集

外部リンク編集

ニッポン放送 土曜夕方のナイターオフ番組
前番組 番組名 次番組
2007年度
師岡正雄のショウアップナイター編集部!