メインメニューを開く

師正王(もろまさおう、1917年大正6年〉11月3日 - 1923年〈大正12年〉9月1日)は、日本の皇族東久邇宮稔彦王第二王子、母は明治天皇第九皇女聰子内親王。兄に陸軍少佐盛厚王、弟に粟田彰常侯爵多羅間俊彦がいる。

来歴編集

1923年(大正12年)の関東大震災に遭難し、避暑滞在中の神奈川県高座郡藤沢町大字鵠沼吉村鉄之助別荘で薨去。6歳だった。遺骸は鵠沼在住の退役海軍大佐・松岡静雄により差し向けられた、駆逐艦夕凪にて8日午後三時に芝浦に到着した[1]。鵠沼海岸には、師正王の関東大震災遭難記念碑がある。

同震災では、山階宮武彦王妃の佐紀子女王が鎌倉別邸で、閑院宮家寛子女王が小田原別邸でそれぞれ被災し、計3名の皇族が命を落としている。

脚注編集

外部リンク編集