メインメニューを開く

帰山雅秀

帰山 雅秀(かえりやま まさひで、1949年4月20日 - )は、日本の水産学者。魚類学者。北海道大学名誉教授(大学院水産科学研究院海洋生物資源科学部門資源保全管理戦略分野)。北海道東海大学教授(工学部海洋環境学科)。アラスカ大学フェアバンクス校(UAF)客員教授。北海道大学 水産学博士。論文の題は「サケOncorhynchus Keta(Walbaum)の初期生活に関する生態学的研究」[1]

日本におけるサケ科魚類研究(サケ学)の草分けであり、魚類学としてのサケ科魚類の研究はもとより、水産学の観点からは漁業資源としてのシロザケへの地球温暖化による影響に関する研究や、北海道におけるブラウントラウト等の外来種による生態系への影響に関する調査で功績がある。自身の調査・研究に基づく、専門誌を中心としたサケ科魚類に関する執筆も多い。サケ科魚類の中でもとりわけ、ベニザケに造詣が深い。

目次

経歴編集

受賞歴編集

主な著書編集

その他編集

  • 所属学部・学科:北海道大学大学院水産科学研究院海洋生物資源科学部門資源保全管理戦略分野
  • 研究室:海洋生態系保全戦略領域(帰山研究室)
  • 所属学会:日本魚類学会、日本生態学会、米国水産学会、日本水産学会、水産増殖学会、水産海洋学会、水産育種学会、海洋学会
  • 北海道淡水魚保護ネットワーク事務局長。フォーラムでは、例年スピーカーを務める

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集