メインメニューを開く

帳合取引(ちょうあいとりひき)とは、江戸時代に広く行われた相場投機の空物取引のこと。帳合商などと呼ばれ、取引対象物によって帳合米・帳合金などとも呼ばれた。

空米取引編集

江戸時代に米相場において行われた取引に空米取引(からまいとりひき)・帳合米取引(ちょうあいまいとりひき)と呼ばれる方法があり、それによって成立した相場を空米相場(からまいそうば)・帳合相場(ちょうあいそうば)と呼んだ。

空米取引は主に帳合米商によって行われた。この取引は建物米と呼ばれる架空に設定された米による取引である。空米取引はその日の現物取引(ただし、実際には現物との引換期日の定まった米切手による)である正米取引に先だって行われたので、当日の正米取引も空米取引の相場を斟酌して形成されていったため、先行指標としての役目を果たすとともに米価の平準化をもたらした。更に正米取引と空米取引を同時に反対の作用の取引を行うことによって米価変動に伴う損失を抑えることが出来るため、正米取引に対する一種の保険作用(掛けつなぎ取引)も有した。

こうした空米取引は18世紀の初めまで江戸幕府によって不当な取引として禁じられていたが、享保15年(1730年)に空米取引が大坂堂島米会所に限って認められた。もっとも、以後大坂以外の米が集積される諸都市でも幕府の規制にも関わらず、空米取引が実施されていた。

参考文献編集

  • 本城正徳「空米相場」 『日本歴史大事典 1』 小学館、2000年。ISBN 4-09-523001-0ISBN 978-4-09-523001-6
  • 土肥鑑高「帳合相場/帳合取引」 『国史大辞典 9』 吉川弘文館、1988年。ISBN 4-642-00509-9ISBN 978-4-642-00509-8