国際連合安全保障理事会常任理事国

常任理事国から転送)

国際連合安全保障理事会常任理事国(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく、Permanent members of the United Nations Security Council)、略称常任理事国(じょうにんりじこく)は、国際連合安全保障理事会を構成し、恒久的な地位を持つ理事国である[1]

国際連合安全保障理事会の議場
国際連合安全保障理事会の議場
国際連合安全保障理事会常任理事国
国際連合安全保障理事会常任理事国

安保理常任理事国編集

第二次世界大戦戦勝国に基づき、アメリカ合衆国イギリスフランスロシア連邦(かつてソビエト連邦)・中華人民共和国(かつて中華民国)の5カ国は安保理常任理事国である[2]

今の代表者(国際連合大使) 今の代表国 元の代表国 国家元首 政府の長
  アメリカ合衆国 ケリー・クラフト英語版   アメリカ合衆国(1946–現在) ジョー・バイデン大統領
  イギリス マーク・ライアル・グラント英語版   イギリス(1946–現在) エリザベス2世女王 ボリス・ジョンソン首相
  フランス ジェラール・アローフランス語版英語版   フランス(1946–現在) エマニュエル・マクロン大統領 ジャン・カステックス首相
  中華人民共和国 馬朝旭   中華人民共和国(1971–現在)   中華民国(1946–1971) 習近平国家主席(総書記[注釈 1] 李克強総理
  ロシア連邦 ワシーリー・ネベンジャロシア語版英語版   ロシア連邦(1992–現在)   ソビエト連邦(1946–1991) ウラジーミル・プーチン大統領 ミハイル・ミシュスティン首相

現在の首脳編集

拒否権編集

国際連合憲章第27条によると、常任理事国は手続事項を除く全ての事項に関する安保理の議案拒否権を持つ。常任理事国の1か国が反対しさえすれば、議案は成立にはならない[3]。 また、同108条によって国際連合憲章の改正にたいしても拒否権を持つ[4]

常任理事国の拡大案編集

理事会運営に伴う問題について改革、具体的には理事国の増加について様々な案が出されている。

 
G4 諸国

注釈編集

  1. ^ 中国共産党中華人民共和国を指導していくことが謳われているため、総書記は共産党と国家の最高指導者とされる。

脚注編集

  1. ^ 常任理事国
  2. ^ 国際連合広報センター
  3. ^ 国連安全保障理事会(安保理)
  4. ^ 国際連合憲章第18章 国連ホームページより

関連項目編集