メインメニューを開く

常盤井宮全仁親王(ときわいのみやまたひとしんのう、元亨元年(1321年) - 正平22年7月19日1367年8月15日))は、室町時代初頭の皇族常盤井宮2代当主。位は三品。大宰帥中務卿に任じられる。子に常盤井宮満仁親王

常盤井宮全仁親王

全名 全仁(またひと)
身位 三品・親王
敬称 殿下
出生 元亨元年(1321年
死去 正平22年7月19日1367年8月15日)(享年47)
子女 常盤井宮満仁親王
父親 常盤井宮恒明親王
役職 大宰帥
中務卿
テンプレートを表示

恒明親王が19歳の時の子で、暦応4年(1341年)、11歳の時に元服する。この時既に親王宣下を受けていたらしく、『砂巖』には「全仁親王」と書かれている。正平22年(1367年)6月、病気により出家、翌月薨去した(『愚管記』、『師守記』)。

参考文献編集

  • 「中世の親王家と宮家の創設」今谷明(『歴史読本』2006年11月号)