メインメニューを開く

常磐バイパス

常磐バイパス(じょうばんバイパス)は、福島県いわき市内の国道6号バイパスである。全線が、国土交通省が直轄管理を行う指定区間に指定されている。

一般国道
国道6号標識
常磐バイパス
国道6号バイパス
いわきサンシャインロード
路線延長 27.7 km
開通年 1972年 - 2000年
起点 福島県いわき市勿来町四沢
終点 福島県いわき市下神谷
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号平バイパス
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

いわき市を南から北東に縦貫する、いわき市内におけるバイパス網の中心核となるバイパス。旧国道6号の交通量増大に伴う渋滞を解消するために計画され、大部分が片側2車線以上(勿来町四沢 - 錦町雷を除く区間)による全長約28キロメートル (km) のバイパス路線。愛称はいわきサンシャインロード[1]

バイパスの全区間が、1998年6月16日に候補路線の指定を受けた地域高規格道路いわき東道路」を構成する予定である[2]

目次

概要編集

 
いわきサンシャインロード入口付近(国道6号常磐バイパス)2015年4月

2000年に全線開通し、その後は4車線化や交差点立体化などの工事を進められた。

信号機が少なく立体交差が多いので、福島県内の福島南バイパスあさか野バイパス(共に国道4号)と共に車両の流れが比較的よい。特に久世原団地から平下神谷にかけての新規開通部分は平面交差が無いように作られ、火葬場の入口ですら立体交差になっている。

また2010年代以降は全線4車線化に向けた拡幅事業が本格的に進められ、バイパス周辺においては特定港重要港湾である小名浜港にて整備が進む小名浜港国際物流ターミナルの整備(2018年度完成予定)やイオンモールいわき小名浜の開業(2018年6月開業)などのイベントによる交通量増加を見越し[3]、これに間に合わせる形で国土交通省はいわき市平下荒川 - 同市平下神谷間(延長6.0 km)をそれぞれ2018年3月に4車線で供用[4]。残るいわき市勿来町四沢 - 錦町雷(延長0.86 km)も2018年8月中の開通を目指し工事が進められている。

一方で、水戸方面に向かう場合、常磐バイパスを過ぎると流れが悪くなる。これは、茨城県内は2車線が大半で、日立石岡土浦では渋滞に巻き込まれる為である[注釈 1]

かつては勿来四沢交差点から小名浜住吉交差点までは並行する旧道が県道に降格されたため、バイパスと名のつく本線であったが、2018年4月1日より残りの並行する現道区間も県道と国道399号に降格したため、全線がバイパスと名のつく本線となった[5]

路線データ編集

  • 起点 : 福島県いわき市勿来町四沢(四沢交差点)
  • 終点 : 福島県いわき市平下神谷(下神谷交差点)
  • 延長 : 27.7 km
  • 規格 : 第3種1級
  • 標準道路幅員 : 25.0 m
  • 車線数 : 4車線
  • 車線幅員 : 3.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h

歴史編集

1963年、現・いわき市の合併が決定していた当時の国道6号は、モータリゼーションの進捗に伴って自動車交通量が著しく増加し、渋滞が慢性化していた。いわき市は新産業都市の指定を受け、将来的な産業活性化と、それに伴う近郊部の都市化や宅地化等により、更なる交通量の増加が予想された。

こうしたことから、当時の建設省福島県、いわき市は市街地を経由する通過交通を郊外に分離し、各地域間道路や、当時建設が予想された常磐自動車道から観光・産業都市として期待された小名浜への自動車交通を円滑化するためのバイパスの建設を計画し、1966年から事業化された。

当時の常磐自動車道の建設計画はまだ白紙状態であり、バイパス道路はいわき市を縦断するだけではなく、南北交通を最短で結ぶ道路として計画が進められた。

ルート選定においては、市街地に接近し過ぎると用地の取得に多額の費用を要する上、交通量の増大でさらなる騒音などの公害が生じる恐れがあるため、その他にも最短で結ぶことを念頭に置かれていたことから、旧・勿来市から磐城市・平市郊外へと最短で結ぶ経路が選定された。

こうして1968年(昭和43年)度に用地買収に着手し、1972年(昭和47年)に勿来町四沢 - 佐糠町碇田の供用が開始。その後も整備が進められ、1989年(平成元年)に概ねの区間が完成した。2000年(平成12年)に全線完成。その後も交差点の立体化や車線進が進められ、2018年(平成30年)度に全線4車線化が完了する見通しである。さらには、勿来バイパスも事業化された。

年表編集

  • 1966年度 : 事業化
  • 1968年度 : 用地買収に着手
  • 1969年度 : 着工
  • 1972年12月20日 : いわき市勿来町四沢 - いわき市佐糠町碇田(3.64 km)開通
  • 1977年12月23日 : いわき市佐糖町碇田 - いわき市泉町下川(6.02 km)開通
  • 1978年8月10日 : いわき市泉町下川 - いわき市泉町滝尻(1.31 km)開通
  • 1979年12月25日 : いわき市泉町滝尻 - いわき市南富岡(1.4 km)開通
  • 1981年3月27日 : いわき市南富岡 - いわき市小名浜住吉(2.26 km)開通
  • 1983年3月30日 : いわき市小名浜住吉 - いわき市常磐三沢(3.4 km)開通
  • 1985年8月10日 : いわき市常磐三沢 - いわき市自由ヶ丘(3.03 km)開通
  • 1989年3月18日 : いわき市自由ヶ丘 - いわき市平下荒川(0.66 km)開通
  • 1990年3月30日 : 宮ノ下交差点(いわき市)立体化完成
  • 1992年3月26日 : 六枚内交差点(いわき市)立体化完成
  • 1996年8月2日 : いわき市平荒田目 - いわき市平下神谷(0.94 km)開通
  • 2000年3月28日 : いわき市平下荒川 - いわき市平荒田目(5.02 km)開通により全線開通
  • 2002年12月17日 : 常磐上矢田交差点(いわき市)立体化完成
  • 2003年3月31日 : 小名浜住吉交差点(いわき市)立体化完成
  • 2007年3月19日 : いわき市常磐三沢町 - いわき市常磐上矢田町間(2.3 km)が4車線拡幅
  • 2015年3月16日 : いわき市泉町下川 - いわき市泉町滝尻間(1.3 km)が4車線拡幅[6]
  • 2015年9月8日 : いわき市錦町中迎 - いわき市佐糠町碇田間(1.4 km)が4車線拡幅[7]
  • 2016年3月15日 : いわき市錦町雷 - いわき市錦町中迎間(1.4 km)が4車線拡幅[3]
  • 2018年3月30日 : いわき市平下荒川 - いわき市平下神谷(6.0 km)が4車線拡幅[4]
  • 2018年4月1日 : いわき市小名浜住吉町 - いわき市平下神谷間の並行する現道区間が国土交通省管理から福島県管理に移行[5][注釈 2]

旧道編集

  • 勿来町四沢(四沢交差点) - 植田町中央(植田町交差点) - 福島県道56号常磐勿来線
  • 植田町中央(植田交差点) - 平十五町目(十五町目交差点) - 福島県道20号いわき上三坂小野線
  • 平十五町目(十五町目交差点) - 平下神谷 - 国道399号
    • このうち、常磐下船尾町(下船尾交差点) - 平十五町目(十五町目交差点) - 平下神谷 - 国道399号間は、2018年(平成30年)3月31日まで国道6号として指定されていたが、同年4月1日の経路変更により路線に指定が変更された。

路線状況編集

福島県内屈指のバイパス路線編集

常磐バイパスは、一般道路では福島県内最長のバイパス路線であり[注釈 3]、交通量も多い。また、錦町中迎(中迎交差点) - 平下神谷の25.5 kmに点在する信号付交差点の数がわずか3カ所と極力立体交差化された一方、この3カ所を先頭とする渋滞が目立ち、特に夕方時間帯においては渋滞が慢性化している。

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=北行+南行
最高速度
四沢交差点 - 錦町雷 2=1+1 60 km/h
錦町雷 - 平下神谷 4=2+2

道路管理者編集

交通量編集

  • 平日24時間交通量(台) 道路交通センサス
区間 平成27年(2015年)度 平成22年(2010年)
四沢交差点 - 佐糠町碇田 (佐糠立体交差)
(観測地:錦町雷)
18,708 20,812
錦町雷(雷立体交差) - 常磐上矢田立体交差
(観測地:小名浜)
40,027 51,989
常磐上矢田立体交差 - 平下荒川 (荒川立体交差) 30,231 43,166

(出典:「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

  • 2005年
    • いわき市泉町下川字須賀蛭 : 37,705
    • いわき市常磐松久須根町宮ノ作 : 42,662
    • いわき市平中山字矢ノ倉 : 20,935
    • いわき市平菅波字菅波入 : 21,735
    • いわき市平山崎字馬場 : 22,291

交差する道路編集

施設名 接続路線名 東京から
(km)
備考 交差する道路
国道6号(勿来バイパス) 日立水戸方面(事業中)
四沢交差点 福島県道56号常磐勿来線 国道6号 水戸方面 177.6 いわき市 勿来町四沢渋町
〈雷立体交差〉 国道289号いわき勿来IC方面 - 178.4 平面Y型インターチェンジ 錦町雷
作鞍交差点 呉羽総合病院方面 安良町方面 178.7 錦町作鞍
〈成沢交差点〉 錦町中央・勿来支所方面 錦東小学校方面 錦町成沢
中迎交差点 福島県道71号勿来浅川線(間接接続)
錦町江栗・沼部方面
- 179.8 錦町中迎
〈植田立体交差〉 植田町方面 - 179.7 勿来方面出入口 植田町
〈佐糠立体交差〉 茨城県道・福島県道10号日立いわき線 福島県道239号泉岩間植田線 180.2 平下神谷・久之浜方面出入口 佐糠町碇田
小浜漁港入口交差点 いわき健康センター・金山方面 小浜漁港方面 小浜町
宮ノ下ランプ 泉町下川方面
小名浜道路(事業中)
大剣埠頭方面 ダイヤモンド型インターチェンジ 泉町下川
〈滝尻立体交差〉
(六枚内交差点)
泉駅・泉町玉露方面 小名浜港方面 ダイヤモンド型インターチェンジ 泉町滝尻
〈南富岡立体交差〉 - 小名浜大原方面 小名浜南富岡
〈住吉立体交差〉
(住吉交差点)
福島県道66号小名浜小野線
湯本方面
福島県道66号小名浜小野線
小名浜港方面
192.2 ダイヤモンド型インターチェンジ 小名浜住吉
林城交差点 玉川団地方面 鹿島町船戸方面 小名浜林城
飯田交差点 鹿島町飯田・米田方面 鹿島町久保方面 鹿島町飯田
〈三沢立体交差〉 福島県道48号江名常磐線
湯本方面
福島県道48号江名常磐線
江名方面
195.4 常磐三沢町
常磐上矢田立体交差 国道49号平バイパス - 198.0 常磐上矢田
〈自由が丘立体交差〉 鹿島街道いわき駅方面 鹿島街道鹿島方面 勿来方面出入口 自由が丘
〈荒川立体交差〉 福島県道26号小名浜平線
平庄内町方面
福島県道26号小名浜平線
鹿島・小名浜方面
199.3 平下荒川
〈中山立体交差〉 福島県道241号下高久谷川瀬線
平第五小学校方面
福島県道241号下高久谷川瀬線
新舞子方面
平中山
〈清苑立体交差〉 いわき清苑 平菅波
〈荒田目立体交差〉 福島県道229号甲塚古墳線
平山崎方面
福島県道229号甲塚古墳線
藤間・新舞子方面
平荒田目
〈下神谷立体交差〉 国道399号 国道6号 相馬方面 205.2 平下神谷

道路施設編集

橋梁の全長、竣工については橋梁の長寿命化橋梁の長寿命化修繕計画[平成29年度版](国土交通省東北地方整備局)による。
トンネルの全長、竣工、工法については道路トンネル個別施設計画[平成29年度版](国土交通省東北地方整備局)による。
  • 蛭田川橋(錦町綾ノ町〜錦町雷 蛭田川)
全長61.0m。1972年に現在の上りランプ橋である蛭田川第二橋(全長60.2m)が、1973年に現在の下りランプ橋である蛭田川第一橋(全長62.0m)が竣工し、本線として利用されていたが、北側の雷交差点立体化に伴う雷跨道橋の架設とともに、本線橋梁として2003年に架設された。2018年に4車線化に伴い下り線が2車線開通。
  • 雷跨道橋(錦町雷 国道289号)
全長24.3m。2003年、交差点の立体化に伴い竣工。2018年に4車線化に伴い下り線が2車線開通。
  • 鮫川大橋(錦町川原〜植田町下川原 鮫川)
  • 植田跨道橋(植田町南町2丁目 市道)
全長18.8m。1971年に現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 佐糠橋(植田町下川原〜佐糠町碇田 渋川)
全長55.9m。1971年に現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 佐糠跨道橋(佐糠町碇田〜佐糠町東一丁目 県道10号・県道239号)
全長22.7m。1977年に現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 東田跨道橋(佐糠町東一丁目〜岩間町塩田前 市道)
全長42.6m(上り)、42.4m(下り)。1976年に現在の上り線が竣工。2002年に4車線化に伴い下り線が単径間鋼単純鈑桁橋として竣工[8]
  • 宮ノ下高架橋(泉町下川 市道(旧陸前浜街道))
全長310.0m[9]。1988年現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 新泉橋(泉町下川〜泉町滝尻 県道239号・釜戸川)
全長64.0m。1973年現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 六枚内高架橋(泉町滝尻 市道)
全長325.0m、6径間鋼連続箱桁橋[10][11]。1991年に現在の上り線が竣工。2015年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 泉跨道橋(泉町滝尻 県道15号)
全長20.4m(上り)、20.3m(下り)。1978年に現在の上り線が竣工し、2001年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 泉跨線橋(泉町滝尻 福島臨海鉄道)
全長57.0m(本線)、63.5m(泉跨道橋側道部)、鋼単純鈑桁橋[12]。1978年に側道部が、1979年に現在の上り本線が竣工。2001年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 南富岡トンネル(小名浜南富岡)
全長280.0m。1980年に現在の上り線が竣工。2004年に4車線化に伴い下り線が竣工。開削工法で建設された矩形断面のトンネルである。バイパス建設ルート上に小名浜鹿島神社が鎮座しており神域を横切ることになったが、当神社が福島県による小名浜地区の土地区画整理事業で移転を強いられたばかりのものであるために再度の移転を強く拒否し、架橋についても神域を見下ろすことになるために強く反対したことから、トンネルによって通過することとなった経緯がある。
  • 南富岡橋(小名浜南富岡〜小名浜大原 藤原川)
全長97.5m。1974年に現在の上り線が竣工。2002年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 住吉高架橋(小名浜住吉 県道66号)
全長155.0m。2001年に住吉交差点立体化に伴い現在の上り線が竣工。2002年に4車線化に伴い下り線が同様に3径間鋼連続箱桁橋として竣工[13][14]
  • 金成川橋(小名浜林城 金成川)
全長34.3m(上り)、34.5m(下り)[15][16]。1981年に現在の上り線が竣工し、2000年に4車線化に伴い上り線が単景観鋼単純箱桁橋として竣工。
  • 三沢大橋(常磐三沢町 県道48号・三沢川)
全長241.0m。1981年に現在の上り線が竣工。2006年に4車線化に伴い下り線が6径間鋼連続鈑桁橋として竣工[17]
  • 戸ノ作橋(常磐松久須根町)
全長100.0m。1983年に現在の上り線が竣工。2006年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 松久須根橋(常磐松久須根町 松久須根川)
全長298.0m(上り)、297.9m(下り)、8径間鋼連続鈑桁橋[18][19]。1983年に現在の上り線が竣工。2005年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 上矢田Aランプ橋・Dランプ橋(常磐上矢田町)
全長65.7m(A)、62.9m(D)。2003年に常磐上矢田交差点の立体化に伴い2径間鋼連続箱桁橋として竣工[20][21]
  • 獺沢橋(常磐上矢田町 矢田川)
全長130.1m。1985年に現在の上り線が竣工。2002年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 上荒川跨道橋(自由ケ丘 市道(鹿島街道))
全長20.0m(上り)、19.9m(下り)。1988年に現在の上り線が竣工。2003年に4車線化に伴い下り線が竣工。
  • 久世原トンネル(平中山)
全長264.0m。1999年竣工。開削工法で建設された矩形断面のトンネルである。完成当初から4車線分の幅員が確保されていた中で片側1車線ずつを用いた暫定2車線で供用されており、2018年に以北の区間の4車線化に伴い片側2車線供用された。トンネル内に起点の日本橋から200kmを示すキロポストがある。隣接する久世原団地の住民により行われたバイパス建設反対運動に対処するために、自動車騒音の低減を目的とし建設された。
  • 不動橋(平中山 滑津川)
全長47.0m。1999年に現在の上り線と中山跨道橋側道部の上下線が竣工。2018年下り線が開通。
  • 中山跨道橋(平中山 県道241号)
全長23.4m。1999年に現在の上り線が竣工。2018年下り線が開通。
  • 菅波大橋(平菅波)
全長110.0m、3径間鋼上路式ローゼ橋[22]。1999年に現在の上り線が竣工。2018年下り線が開通。
  • 夏井甲塚跨道橋(平荒田目 県道229号)
全長23.7m。1999年に仮称甲塚跨道橋として現在の上り線が竣工。2018年下り線が開通。当時のいわき市立夏井小学校の6年生の児童によって名付けられた。
  • 夏井川橋(平山崎〜平下神谷 夏井川)
全長328.4m、4径間鋼連続鈑桁橋[23]。1995年に現在の上り線が竣工。2018年下り線が開通。
  • 神谷さざ波橋(平下神谷 市道)
全長31.7m、単径間鋼単純箱桁橋[24]。1999年に仮称神谷Aランプ橋として竣工。当時のいわき市立平第6小学校の6年生の児童によって名付けられた。
  • 天神ひばり橋(平下神谷〜平中神谷 市道)
全長27.2m。1999年に仮称神谷Bランプ橋として竣工。当時のいわき市立草野小学校の6年生の児童によって名付けられた。
  • 神谷跨道橋(平下神谷 国道399号)
全長73.1m。1994年竣工。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ うち、常磐バイパス終点部のいわき市勿来町から県境を越えて茨城県北茨城市関本町までは勿来バイパスとして2015年度より道路整備事業が進む。
  2. ^ 住吉交差点〜下船尾交差点間は福島県道66号小名浜小野線(県道降格により国道6号との重複解消)、下船尾交差点 - 十五町目交差点間は福島県道20号いわき上三坂小野線(下船尾交差点 - 一の坪交差点間は県道66号と重複)、十五町目交差点 - 平下神谷間は国道399号へ移行。
  3. ^ 福島市福島南バイパスは19.6 km、郡山市郡山西環状道路(あさか野バイパス)は14.1 kmに対し常磐バイパスは27.7 km

出典編集

  1. ^ 平出張所NOW! (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所 平出張所 (2013年1月31日). 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ “県内の地域高規格道路 -いわき東道路-”. 福島県庁ホームページ (福島県高速道路室). (2013年12月1日). http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41035b/iwakihigashi.html 
  3. ^ a b 国道6号常磐バイパス拡幅工事が一部完了!3月15日(火)に一部4車線で開通します! -雷交差点から中迎交差点まで-(国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所)2016年3月10日 (PDF, 1.83 MiB)
  4. ^ a b 国道6号 常磐バイパスが3月30日(金)に全線4車線開通します <4車線化により円滑な交通の確保といわき市の産業活動を支援します> (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 磐城国道事務所 (2018年3月29日). 2018年3月29日閲覧。
  5. ^ a b 国道6号常磐バイパスに並行する現道区間が、4月から福島県管理となり、新しい路線名になる予定です。 - 平成30年1月30日 磐城国道事務所、福島県土木部道路計画課、福島県いわき建設事務所、福島県 相双建設事務所
  6. ^ 国道6号常磐バイパス拡幅工事が一部完了!3月16日(月)に一部4車線で開通します!-泉町下川から泉町滝尻まで-(国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所)2015年3月11日 (PDF, 827.98 KiB)
  7. ^ 国道6号常磐バイパス拡幅工事が一部完了!9月8日(火)に一部4車線で開通します! -中迎交差点から佐糠こ道橋まで-(国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所)2015年9月2日 (PDF, 898.88 KiB)
  8. ^ 橋梁年鑑 東田跨道橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  9. ^ 橋梁年鑑 宮ノ下高架橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  10. ^ 橋梁年鑑 六枚内高架橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  11. ^ 橋梁年鑑 六枚内高架橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  12. ^ 橋梁年鑑 泉跨線橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  13. ^ 橋梁年鑑 住吉高架橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  14. ^ 橋梁年鑑 住吉高架橋下り詳細 - 日本橋梁建設協会
  15. ^ 橋梁年鑑 金成川橋(I期)詳細 - 日本橋梁建設協会
  16. ^ 橋梁年鑑 金成川橋詳細
  17. ^ 橋梁年鑑 三沢大橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  18. ^ 橋梁年鑑 松久須根橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  19. ^ 橋梁年鑑 松久須根橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  20. ^ 橋梁年鑑 上矢田Aランプ橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  21. ^ 橋梁年鑑 上矢田Bランプ橋 - 日本橋梁建設協会
  22. ^ 橋梁年鑑 菅波大橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  23. ^ 橋梁年鑑 夏井川橋詳細 - 日本橋梁建設協会
  24. ^ 橋梁年鑑 神谷さざ波橋詳細 - 日本橋梁建設協会

関連項目編集

外部リンク編集