メインメニューを開く
常総ルート(関東鉄道)
常総ルート(関東鉄道)
常総ルート(関鉄パープルバス)
常総ルート(関鉄パープルバス)
常総ルート(JRバス関東)
常総ルート(JRバス関東)

常総ルート(じょうそうルート)とは、かつて運行されていた東京駅茨城県南西部を結ぶ高速バス路線の総称。

目次

概要編集

主に、鉄道が東京都心へ直結していない地域を結ぶ高速バスだった。1980年代より住宅開発が進んでいた守谷町(現:守谷市)では、路線バスや高速バスの整備が住民より要望されており[1]、守谷町では1987年(昭和62年)より、茨城県、住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)、JR東日本関東鉄道に高速バスの運行を要望し、協議していた[2]。しかし、1993年平成5年)当時は採算等の問題で実現できず[3]、その後も要望を重ね、1999年(平成11年)2月に実現に至った[4]。守谷町では高速バス運行開始後も継続して、守谷町南部から東京駅へ向かう路線を強く要望し[5]2000年(平成12年)8月1日に南守谷線が開業した。同時に東京駅八重洲口の混雑緩和のために、新宿行などの別路線も要望していたが、こちらは実現しなかった。

常総市からは近隣を走る関東鉄道常総線を利用した場合、取手駅へ遠回りすることや、坂東市岩井地区)からは東武野田線愛宕駅まで行かなければならなかったことなどから、この地域における利便性が大幅に向上し、路線・便数が拡大した。しかし、2005年(平成17年)8月24日首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス開業後は利用者数の減少が続き、2007年(平成19年)1月には開業時から共同運行していたジェイアールバス関東が撤退、関鉄パープルバスが参入した。

利用者減少のため2016年(平成28年)12月31日をもって運行終了、路線廃止となった[6]

全便において座席は先着順となっており、予約は不可だった。また、全便トイレつき車両で運行されていた。

運行会社(廃止時)編集

運行系統(廃止時)編集

  • 東京駅 - 新守谷駅入口 - 水海道駅 - 岩井

運行本数(廃止時)編集

  • 1日7往復

停車停留所(廃止時)編集

 
常総ルート(岩井線)の転回所・岩井市側始発
 
岩井線に使用された,いすゞ・ガーラ
停留所 都道府県 市区町村 岩井発着
東京駅 東京都 千代田区
上野駅 台東区
都営浅草駅
新守谷駅入口 茨城県 守谷市
御所ケ丘
松前台
松前台二丁目
久保ケ丘
絹の台 つくばみらい市
小絹十字路
水海道車庫 常総市
水海道駅
豊岡
大口 坂東市
猫実
神田山
辺田
大利根カントリー入口
原口
岩井局前
岩井

●:停車(終日上下便)■:一部通過(平日・土曜上下便) ○:降車のみ(平日・土曜上り便) △:降車のみ(終日上り便)

  • 平日の一部便(上り3本)は水海道有料道路経由で運行するため、豊岡停留所には停車しなかった。
  • 岩井局前では、バス停近くの薬局にて乗車券を発売していた[7]

歴史編集

  • 1999年(平成11年)
    • 2月1日 - 水海道線(東京駅 - 新守谷駅入口 - 御所ケ丘 - 守谷町役場 - 薬師台 - 松前台 - 絹の台 - 小絹十字路 - 水海道車庫 - 水海道駅)開業。開業当初は1日20往復[4][8]
    • 4月1日 - ジェイアールバス関東が水海道線を臨時ダイヤ扱いで増発(12往復)[9]。夜間多客時、小絹十字路止まりの続行便を実施。
    • 10月1日 - 岩井線(東京駅 - 新守谷駅入口 - 御所ケ丘 - 松前台 - 久保ケ丘 - きぬの里 - 内守谷工業団地 - 平松 - 大塚戸 - 神田山南 - 神田山 - 原口 - 岩井局前 - 岩井)開業(16往復)。久保ケ丘停留所を新設。水海道線は臨時増発の一部を通常ダイヤに編入、合計で1日40往復に。
  • 2000年(平成12年)
    • 4月1日 -岩井線に辺田停留所を新設。
    • 8月1日 - 南守谷線(東京駅 - 新守谷駅入口 - 御所ケ丘 - 松前台 - 薬師台 - 守谷町役場 - 松ケ丘 - けやき台 - 南守谷)開業(16往復)[10][11]。水海道線は守谷町内の経路を一部変更し、守谷町役場経由を中止。あわせて松前台停留所を移転、松前台二丁目停留所(水海道・岩井線)・小絹中学校停留所(岩井線)を新設。合計で1日56往復に。
  • 2002年(平成14年)
    • 2月2日 - 北相馬郡守谷町の市制施行に伴い、南守谷線の守谷町役場停留所を守谷市役所停留所に変更。関東鉄道の車両には市制施行記念のステッカーを掲示。
    • 3月1日 - らくらくミッドナイト守谷号(東京駅 → 新守谷駅入口)開業[12]。ジェイアールバス関東の単独運行で、当初は金曜深夜のみ。
    • 12月18日 - 岩井線の一部、6往復が猿島町役場(後に猿島へ名称変更)まで延長される[13][14]
  • 2004年(平成16年)
    • 11月15日 - らくらくミッドナイト守谷号が、平日は毎日運行になる(祝日・年末年始を除く)[15]
  • 2005年(平成17年)
    • 8月24日 - つくばエクスプレス開業。南守谷線が減便[16]、合計で1日48往復に。
    • 10月7日 - らくらくミッドナイト守谷号の東京駅出発時刻が変更(0:00→0:30)[17]
    • 10月31日 - 南守谷線廃止[18][19]。合計で1日40往復に[20]
    • 12月19日 - らくらくミッドナイト守谷号廃止[21]
  • 2007年(平成19年)
    • 1月10日 - ジェイアールバス関東が撤退[22][23]、関鉄パープルバスが参入[24]。水海道・岩井線を統合して減便[25]、合計で1日28往復に[26]。全便とも水海道駅経由に経路変更、小絹中学校・きぬの里・内守谷工業団地・平松・大塚戸・神田山南の6停留所を廃止[27]、神田山停留所を国道354号上に移転[28]、猫実・大口・豊岡停留所を新設[27]。「東京トク割回数券」を発売開始(3枚綴りで1,800円、新守谷駅入口~小絹十字路からの上り乗車専用[27]
    • 3月31日 - 「東京トク割回数券」の発売継続を発表。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日 - 停留所を一部変更、上りの平日・土曜のみ都営浅草駅を経由[29]。豊岡停留所を路線バスの横曽根停留所と統合。関鉄パープルバスの担当便が増加。
    • 6月16日 - つくばエクスプレスへの乗り継ぎ実証実験開始。利用者の希望がある場合、上りのみ首都高速6号三郷線八潮PAに停車(降車専用)。バス車内で、八潮駅~秋葉原駅間の接続乗車券を100円で購入可(実験期間は2009年3月31日まで)[30]
    • 7月1日 - 水海道線が減便、合計で1日22往復に[31]
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - つくばエクスプレスへの乗り継ぎ本格運用開始[32]
    • 11月1日 - 減便で合計1日16往復に。下りは全便岩井・猿島行に変更。「東京トク割回数券」の発売終了、往復割引券「1ウィークリターンきっぷ」を発売[33]
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - 水海道線が廃止。猿島線が減便、合計1日14往復に[34]。豊岡停留所の平日通過は上り3便、下り1便に。関鉄パープルバスが関東鉄道の担当便数を上回る。
    • 7月14日 - 3枚綴り回数券、「1ウィークリターンきっぷ」の発売終了。回数券は2枚綴りのみに[35]
    • 11月1日 - 岩井・猿島線が減便。水海道線が1往復のみ復活、合計1日9往復に。豊岡停留所の平日通過は上り3便のみに[36]
  • 2013年(平成25年)
    • 9月30日 - 猿島線が廃止、弓田・沓掛・猿島の3停留所を廃止[37]。水海道線も再び廃止、合計1日7往復に。
  • 2014年(平成26年)
    • 2月14日 - 全区間とも約半額の運賃割引キャンペーンを実施(2014年3月31日まで) [38]
    • 5月1日 - 通勤・通学定期券を導入。つくばエクスプレスへの乗り継ぎは廃止 [39]
    • 5月7日 - 毎週水曜日に運賃割引を開始[39]
  • 2016年(平成28年)
    • 12月31日 - 同日の最終便で運行終了、全線廃止[6]

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 広報もりや 1987年6月号(No.276)P.2~P.5
  2. ^ 広報もりや 1987年8月号(No.278)P.5
  3. ^ 広報もりや 1993年6月号(No.348)
  4. ^ a b 鈴木文彦「快走する“昼行”高速バス」『鉄道ジャーナル』第33巻第5号、鉄道ジャーナル社、1999年5月、 132頁。
  5. ^ 広報もりや 1999年12月号(No.426)
  6. ^ a b 高速バス【岩井・水海道・守谷~東京駅線】運行終了のお知らせ”. 関東鉄道. 2016年10月18日閲覧。
  7. ^ 乗車券発売所”. 関東鉄道株式会社. 2015年6月17日閲覧。
  8. ^ 平成11年2月1日・ダイヤ改正のお知らせ”. ジェイアールバス関東株式会社. 2001年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  9. ^ 『交通年鑑 平成12年版』P.374(財団法人 交通協力会、2000年3月)
  10. ^ 『交通年鑑 平成13年版』P.377(財団法人 交通協力会、2001年3月)
  11. ^ 高速バス 南守谷〜東京ルート 8月1日開業”. 関東鉄道株式会社. 2004年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。(Webアーカイブ)
  12. ^ 『交通年鑑 平成15年版』P.377、378(財団法人 交通協力会、2003年3月)
  13. ^ 高速岩井ルート路線延長”. 関東鉄道株式会社. 2003年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  14. ^ 『交通年鑑 平成16年版』P.360(財団法人 交通協力会、2004年3月)
  15. ^ 新着情報”. ジェイアールバス関東株式会社. 2005年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月5日閲覧。(Webアーカイブ)
  16. ^ 広報もりや おしらせ版(2005年7月25日号)P.1
  17. ^ 「らくらくミッドナイト守谷号」東京駅〜新守谷駅入口 (下り) 【2005年10月7日〜】”. ジェイアールバス関東株式会社. 2005年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月5日閲覧。(Webアーカイブ)
  18. ^ 『交通年鑑 平成19年版』P.377(財団法人 交通協力会、2007年3月)
  19. ^ 広報もりや おしらせ版(2005年10月25日号)P.5
  20. ^ 高速バス時刻表 常総ルート猿島町役場・岩井・水海道〜東京駅 05.11.01改正”. 関東鉄道株式会社. 2005年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  21. ^ 新着情報”. ジェイアールバス関東株式会社. 2005年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月5日閲覧。(Webアーカイブ)
  22. ^ 『交通年鑑 平成20年版』P.360(財団法人 交通協力会、2008年3月)
  23. ^ 2007年1月9日 東京駅〜水海道・岩井・猿島線の廃止について”. ジェイアールバス関東株式会社. 2007年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月5日閲覧。(Webアーカイブ)
  24. ^ 平成19年1/10(水)より猿島・岩井ルート&水海道・守谷ルートが一本に!”. 関鉄パープルバス株式会社. 2007年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月18日閲覧。(Webアーカイブ)
  25. ^ 広報もりや おしらせ版(2006年12月25日号)P.4
  26. ^ チラシ時刻差込常総(社外) 平成19年1月10日改正”. 関東鉄道株式会社. 2007年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。(Webアーカイブ)
  27. ^ a b c 高速バス「常総ルート」運行経路および時刻を変更”. 関東鉄道株式会社. 2007年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。(Webアーカイブ)
  28. ^ 1月10日から高速バスの時刻表 ルートが変更になります”. 坂東市. 2007年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。広報ばんどう 2006年12月21日号 P.5(Webアーカイブ)
  29. ^ 4/1高速バス「常総ルート」ダイヤ改正(2008.03.18)”. 関鉄パープルバス株式会社. 2008年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月18日閲覧。(Webアーカイブ)
  30. ^ 高速バスからつくばエクスプレスへの乗り継ぎ実証実験を開始”. 関東鉄道株式会社. 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月5日閲覧。(Webアーカイブ)
  31. ^ 『猿島・岩井・水海道駅~(常磐自動車道)~東京駅』線 平成20年7月1日改正”. 関東鉄道株式会社. 2009年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。(Webアーカイブ)
  32. ^ 高速バスからつくばエクスプレスへの乗継 本格運行開始”. 関東鉄道株式会社. 2014年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  33. ^ 高速バスお得な乗車券”. 関東鉄道株式会社. 2010年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  34. ^ 高速バス『猿島・岩井・水海道駅~(常磐自動車道)~東京駅』線 平成23年4月1日改正”. 関東鉄道株式会社. 2011年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。(Webアーカイブ)
  35. ^ 高速バス「岩井・水海道・守谷~東京駅」平成23年7月15日からの回数券について”. 関東鉄道株式会社. 2011年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月24日閲覧。(Webアーカイブ)
  36. ^ ダイヤ改正のお知らせ”. 関東鉄道株式会社. 2012年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月14日閲覧。(Webアーカイブ)
  37. ^ 広報坂東 No.102(平成25年9月19日号)P.15”. 坂東市. 2015年3月17日閲覧。
  38. ^ 2月16日~3月31日まで岩井~水海道~東京線にて割引キャンペーンを行います”. 関東鉄道株式会社. 2014年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月18日閲覧。(Webアーカイブ)
  39. ^ a b 岩井・水海道・守谷~東京駅線 定期券・ウィークリー割引開始とTX乗り継ぎ廃止について”. 関東鉄道株式会社. 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月22日閲覧。(Webアーカイブ)