常 蔭槐(じょう いんかい) は、中華民国の政治家。北京政府奉天派に属した。瀚襄

常蔭槐
No image available.svg
プロフィール
出生: 1876年光緒2年)
死去: 1929年民国18年)1月11日
中華民国の旗 中華民国奉天省奉天市
出身地: Flag of China (1889–1912).svg 盛京将軍管轄区奉天府昌図庁梨樹城(現・中華人民共和国の旗 中国吉林省四平市梨樹県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 常蔭槐
簡体字 常荫槐
拼音 Cháng Yìnhuái
ラテン字 Ch'ang Yin-huai
注音二式 Cháng Yìnhuái
和名表記: じょう いんかい
発音転記: チャン・インファイ
テンプレートを表示

事跡編集

1926年民国15年)、京奉鉄路局長に就任した。同年12月、安国軍交通総長となる。1927年(民国16年)6月、北京政府潘復内閣で交通部次長となる。さらに交通総長を兼任していた潘復のために、総長事務を代理した。また、関税自主委員会委員も兼任している。7月、黒竜江省長に異動し、陸軍行営総執法処処長も兼ねた。

張作霖死後の1928年(民国17年)7月、東北保安委員会委員、黒竜江省省長、東北交通委員会委員長を兼任する。同年12月31日、易幟に伴い改組された黒竜江省政府の初代主席となった。

しかし、その直後の1929年(民国18年)1月11日、張学良により常蔭槐は楊宇霆とともに緊急逮捕されてしまう。常蔭槐と楊宇霆は、即座に銃殺刑に処された。享年54。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国国民政府
先代:
(創設)
黒竜江省政府主席
1928年12月 - 1929年1月
次代:
万福麟