メインメニューを開く

常野物語』(とこのものがたり)は、恩田陸の小説シリーズである。常野シリーズとも。『光の帝国』『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム』の3作が刊行されており、『光の帝国』はテレビドラマ化された。

特殊な能力を持つ「常野」の人々を描いている。

目次

単行本編集

全て集英社。(最初の)単行本は四六版ハードカバー文庫集英社文庫。文庫版の表紙はシリーズタイトル「常野物語」が先であるかのようなデザインになっているが、後に来るのが正しい。

  1. 光の帝国 常野物語1997年10月 ISBN 408774292X、文庫:2000年9月 ISBN 4087472426
  2. 蒲公英(たんぽぽ)草紙 常野物語2005年6月 ISBN 4087747700、文庫:2008年5月 ISBN 978-4087462944
  3. エンド・ゲーム 常野物語(2005年12月 ISBN 4087747913、文庫:2009年5月 ISBN 978-4087464320

各作品編集

光の帝国編集

小説すばる』で1994年12月号から1997年5月号まで全11回連載。この作品のみ連作短編集。収録作と初出は次のとおり(単行本収録順)。

  1. 大きな引き出し(1994年12月号)
  2. 二つの茶碗(1995年3月号)
  3. 達磨山への道(1995年6月号)
  4. オセロ・ゲーム(1995年7月号)
  5. 手紙(1995年9月号)
  6. 光の帝国(1995年12月号)
  7. 歴史の時間(1996年7月号)
  8. 草取り(1997年5月臨時増刊号)
  9. 黒い塔(1997年1月号・2月号)
  10. 国道を降りて…(1997年5月号)

ゼナ・ヘンダースンの「ピープル・シリーズ」をイメージして書かれた[1]。タイトルから誤解を受けることもあり、文庫本の解説を書いた久美沙織は、宇宙戦争のような内容を想像していた[2]

蒲公英草紙編集

青春と読書』(本作のみ掲載誌が異なる)2000年1月号から2001年2月号まで全14回連載。

時間を遡った20世紀初頭の物語であり、時系列では最初である。

第134回直木賞候補作。

エンド・ゲーム編集

小説すばる2004年3月号から2005年6月号まで全6回連載。雑誌掲載時には藤田新策が挿絵を描いた(単行本未収録)。

テレビドラマ『光の帝国』編集

光の帝国
ジャンル テレビドラマ
脚本 飯野陽子
演出 松岡孝治
木村明弘
田中正
出演者 前田愛
檀ふみ
小日向文世
制作 NHK
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2001年12月4日 - 12月25日
放送時間 火曜日23:00 - 23:45
放送枠 ドラマDモード
放送分 45分
回数 4
公式サイト

光の帝国』(ひかりのていこく)は、2001年12月4日より12月25日まで毎週火曜日23:00 - 23:45に、NHK総合の「ドラマDモード」枠で放送された。主演は前田愛

キャスト編集

春田家
常野一族
山岳洋品店『K2』
その他

このドラマの共演で知り合った中村勘太郎(現・中村勘九郎)と前田愛が2009年に結婚した。

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1話 2001年12月04日 未知の力 松岡孝治
第2話 2001年12月11日 一族の力 木村明弘
第3話 2001年12月18日 闇の力 田中正
最終話 2001年12月25日 未来の力 松岡孝治
NHK総合 ドラマDモード
前番組 番組名 次番組
夏の王様
(2001.11.20)
光の帝国
(2001.12.4 - 2001.12.25)

演劇集団キャラメルボックス版『光の帝国』編集

演劇集団キャラメルボックス2009年、『光の帝国』の1作「大きな引き出し」を「ハーフタイムシアター」にて『光の帝国』として上演した。上演時間は、演劇上演の通常の約半分である76分。

演劇を撮影して映画として配給するLivespireの1作として、同年7月18日より劇場公開された。また同時上演していた梶尾真治の「未来(あした)のおもいで」を原作する『すべての風景の中にあなたがいます』も公開された。

また2017年秋に、同じく演劇集団キャラメルボックスが本作を再演した。なお再演は加筆がされ上演時間が長くなったため、ハーフタイムシアターではない。[3]

出演編集

スタッフ(初演)編集

出典編集

  1. ^ 『光の帝国』あとがき
  2. ^ 『光の帝国』解説
  3. ^ 秋グリーティングシアター速報”. 演劇集団キャラメルボックス. 2017年5月8日閲覧。

外部リンク編集