幕末の年表

幕末の年表(ばくまつのねんぴょう)は、江戸時代後期(幕末)に関する年表

凡例

  • 年月日は旧暦

目次

黒船来航以前編集

黒船来航以前
年号 内政 外交 その他
1792年寛政4年) ロシア使節ラクスマン根室に来航。大黒屋光太夫を送還する。松平定信は限定的な通商を考慮し、信牌を交付。
1804年享和4年/文化元年) 信牌を持ったロシア使節レザノフ長崎に来航するが交渉不成立。この頃から鎖国は祖法であるとの認識が生まれた。
1806年(文化3年) 文化の薪水給与令 翌年にかけて、レザノフの部下フヴォストフら、蝦夷地北辺を襲撃(文化露寇フヴォストフ事件)。
1807年(文化4年) 薪水給与令が撤回される。
西蝦夷地を幕府直轄地とする。箱館奉行を廃し松前奉行を置く。
1808年(文化5年) フェートン号事件
1811年(文化8年) ゴローニン事件高田屋嘉兵衛を送還する。
1816年(文化13年) イギリス軍艦ライラ号アルセスト号琉球に来航。
1818年(文化15年/文政元年) イギリス人ゴルドン浦賀に来航。
1824年(文政7年) イギリス捕鯨船員、常陸大津浜に上陸し水戸藩に捕らえられる。
イギリス捕鯨船員、南西諸島の宝島に上陸し騒動を起こす。
1825年(文政8年) 異国船打払令
1828年(文政11年) シーボルト事件
1830年(文政13年) ナサニエル・セイヴァリーら白人5人と太平洋諸島出身者25人が小笠原諸島に入植・移住民となる。
1836年天保7年) 天保騒動
1837年(天保8年) 大塩平八郎の乱
徳川家慶が江戸幕府の第12代征夷大将軍に就任。
モリソン号事件
1838年(天保9年) 徳川斉昭、『弘道館記』に尊王攘夷を示す(草案は藤田東湖)。
1839年(天保10年) 蛮社の獄
1840年(天保11年) アヘン戦争(1842年まで)
1841年(天保12年) 天保の改革
1842年(天保13年) 天保の薪水給与令 英国と清国が南京条約を締結。
1843年(天保14年) イギリス軍艦サマラン号八重山諸島に上陸し測量を行う。
1844年(天保15年) フランス軍艦アルクメーヌ号琉球に来航し、宣教師を残す。
オランダ国王ウィレム2世、親書(草案はシーボルト)を送り開国を勧告する。筆頭老中水野忠邦は開国を主張するも、他老中の賛同を得られず。
1845年弘化2年) 阿部正弘、老中首座となる。阿部により海防掛が常設職とされた。 サマラン号、長崎に来航。
アメリカ捕鯨船(マーケイター・クーパー船長)、浦賀に来航。日本人漂流民を送還する。
1846年(弘化3年) 孝明天皇即位 アメリカ東インド艦隊司令官ジェームズ・ビドル、浦賀に来航し通商条約を求めるが、幕府は拒絶。
1849年嘉永2年) アメリカ軍艦プレブル号(ジェームス・グリン艦長)、アメリカ人漂流民救出のために長崎に来航。
イギリス軍艦マリナー号、浦賀・下田に来航し測量を行う。
1851年(嘉永4年) ジョン万次郎、アメリカ船で帰国。
1852年(嘉永5年) オランダ商館長 クルティウスオランダ風説書にてアメリカ艦隊来航を通告し、それ以前にオランダとの通商条約を結ぶことを提案するが、幕府はこれを拒否。 11月、米海軍東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが、米国大統領ミラード・フィルモアの親書を携えてバージニア州ノーフォークを出航。

嘉永6年(1853年2月8日 - 1854年1月28日編集

嘉永7年/安政元年(1854年1月29日 - 1855年2月16日編集

安政2年(1855年2月17日 - 1856年2月5日編集

安政3年(1856年2月6日 - 1857年1月25日編集

安政4年(1857年1月26日 - 1858年2月13日編集

安政5年(1858年2月14日 - 1859年2月2日編集

安政6年(1859年2月3日 - 1860年1月22日編集

安政7年/万延元年(1860年1月23日 - 1861年2月9日編集

万延2年/文久元年(1861年2月10日 - 1862年1月29日編集

文久2年(1862年1月30日 - 1863年2月17日編集

文久3年(1863年2月18日 - 1864年2月7日編集

文久4年/元治元年(1864年2月8日 - 1865年1月26日編集

元治2年/慶応元年(1865年1月27日 - 1866年2月14日編集

慶応2年(1866年2月15日 - 1867年2月4日編集

慶応3年(1867年2月5日 - 1868年1月24日編集

慶応4年/明治元年(1868年1月25日 - 1869年2月10日編集

明治2年(1869年2月11日 - 1870年1月31日編集

関連項目編集