メインメニューを開く

平ノ石辰治郎(ひらのいしたつじろう、1880年12月20日 - 1925年11月9日[1])は、玉垣部屋尾車部屋峰崎部屋に所属した元力士。12代玉垣。本名は緑川辰次郎。現在の福島県いわき市出身。167cm、94kg。最高位は西前頭4枚目。

目次

経歴編集

1900年1月初土俵、1908年5月十両昇進した。1911年2月新入幕、1917年1月引退した。小兵であったが、右四つからの下手投げを得意とし、とったりの奇襲も見せる手取り力士であった。大関駒ヶ嶽國力には2勝している。現役中、師匠の死によって転籍していたが、二枚鑑札となり、いずれ玉垣部屋を再興するつもりでいたが若くして亡くなり果たせなかった。裁判の傍聴が好きで、法に通じていた。また大の酒豪であったとされる。

成績編集

  • 幕内9場所22勝24敗35休9分預

改名編集

平ノ石→玉垣 [2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19110204.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709