平井 啓之(ひらい ひろゆき、1921年4月10日 - 1992年12月27日)は、日本のフランス文学者。

経歴編集

京都府出身。第三高等学校を経て東京帝国大学フランス文学科入学。在学中の1943年に学徒出陣。戦後復員し、1948年東大卒業、仏文科助手をへて、1952年新制東京大学教養学部専任講師、1954年助教授、教授をへて、1969年大学紛争により辞職、のち立教大学教授、桃山学院大学教授を歴任。アルチュール・ランボージャン=ポール・サルトルを専攻すると同時に、わだつみ会発足当時よりの会員でのち常任理事となった。

戦争と天皇制を批判し続け、左翼的な姿勢を鮮明にした学者であった。

エピソード編集

1955年、東大生だった宇能鴻一郎が授業中にガムを噛んでいたのを叱り、宇能が授業に出なくなってしまったというエピソードがある(『ある戦後』)。

著作編集

  • 『ランボオからサルトルへ フランス象徴主義の問題』 弘文堂 1958年、講談社学術文庫 1989年
  • 『文学と疎外』 竹内書店 1969年
  • 『ある戦後 わだつみ大学教師の四十年』 筑摩書房 1983年
  • 『テキストと実存 ランボー、マラルメ、サルトル、中原と小林』 青土社 1988、講談社学術文庫 1992年

翻訳編集

  • 『マルセル・プルーストを求めて』アンドレ・モロワ著 井上究一郎共訳 新潮社 1952年 のち文庫
  • 『ある少女の告白』プルースト著 第三書房 1956年
  • 『殉教と反抗 第1-2』サルトル著 白井浩司共訳 新潮社 1958年
  • 『現代フランス文学史』 P.H.シモン著 紀伊国屋書店 1960年
  • 『サルトル全集 第25巻 方法の問題』 人文書院 1962年
  • ベルグソン全集 第1 時間と自由』 白水社 1965年
  • 『サルトル全集 第27巻 弁証法的理性批判 第1巻 実践的総体の理論 第2』森本和夫共訳 人文書院 1965年
  • 『サルトル全集 聖ジュネ』白井浩司共訳 人文書院 1966年 のち新潮文庫
  • 『反戦の原理 アンリ・マルタン事件の記録』サルトル著 田中仁彦共訳 弘文堂 1966年
  • 『文学は何ができるか』 サルトル他 弘文堂 1966年
  • 『サルトルと構造主義』 サルトル著 竹内書店 1968年
  • 『パピヨン』アンリ・シャリエール タイムライフインターナショナル 1970年、河出文庫(全3巻) 1988年
  • 『サルトル全集 第28巻 弁証法的理性批判 第1巻 実践的総体の理論 3』 足立和浩共訳 人文書院 1973年
  • 『家の馬鹿息子 ギュスターヴ・フローベール論 (1821-1857) 1』サルトル 人文書院 1983年
  • 『マラルメ論』サルトル著 渡辺守章共訳 中央公論社 1983、ちくま学芸文庫 1999年
  • ポール・ヴェルレーヌピエール・プチフィス著 野村喜和夫共訳 筑摩書房 1988年
  • 『差異について』 ジル・ドゥルーズ著 青土社 1989年
  • 『恋する空中ブランコ乗り 私は翔んだ、空を、詩を シュールレアリストたちに愛されたある女性の回想』ディアーヌ・ドゥリアーズ著 梅比良真史共訳 筑摩書房 1991年
  • 『ランボー全詩集』 青土社 1994年
  • 『家の馬鹿息子 ギュスターヴ・フローベール論(1821年より1857年まで) 3』サルトル著 鈴木道彦海老坂武蓮實重彦共訳 人文書院 2006年
  • 『ランボー全集』 湯浅博雄中地義和川那部保明共訳 青土社 2006年