平井岐代子

日本の女優

平井 岐代子(ひらい きよこ、1914年9月24日[1] - 没年不詳)は、鳥取県八頭郡河原町(現在の鳥取市)出身の日本の女優[1]

ひらい きよこ
平井 岐代子
本名 平木 幸子[1]
生年月日 (1914-09-24) 1914年9月24日
没年月日 不詳年
出生地 鳥取県八頭郡河原町(現在の鳥取市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1937年 - 1978年
著名な家族 水谷浩(夫)[2]
テンプレートを表示

出演映画編集

 
左から逢初夢子山口勇、平井岐代子、1940年『初春娘
以下の一覧のうち、特に出典付記のないものは日本映画データベース(JMDb)[3]に従った。
通し番号は並び替えの便宜上振られたもので、出演作の完全な総数を示すものではない。
公開日作品名役名
1. 1937年3月18日『愛の山河』小枝子の姉奈美子
2. 1937年5月20日『薔薇の寝床』その妻敬子、その娘珠子
3. 1937年7月14日『女性の勝鬨』大原ゆかり
4. 1937年10月7日『強者の恋』紋二の情婦お仙
5. 1937年10月30日『呼子鳥 前篇 娘の巻』省三の妻幸子
6. 1937年11月18日『呼子鳥 後篇 母の時代』省三の妻幸子
7. 1937年12月31日『花嫁勢ぞろひ』秋山の愛人諸田苗美
8. 1938年1月12日『泣くな嘆くな若人よ』琴次
9. 1938年1月14日『懐かしの我が子』お勝
10. 1938年2月3日『女は嘆かず』古谷伯爵の娘友子
11. 1938年3月23日『春の逃げ水』勝子
12. 1938年3月30日『愛国行進曲』佐田の妻喜代子
13. 1938年4月7日『トーチカ娘行状記』三平の妻で美容師ルリ子
14. 1938年4月14日『母の魂』マダム幸枝
15. 1938年5月31日『牡丹くづるる時』小栗梅子
16. 1938年6月23日『からゆき軍歌』お村
17. 1938年6月30日『愛の響宴』マダム光枝
18. 1938年8月4日『妻の魂』その女房増江
19. 1938年8月13日『新妻の幸福』その妻さき
20. 1938年9月29日『親なればこそ』その妻君江
21. 1938年10月27日『貧しき者の幸福』その妻お町
22. 1938年11月3日『新しき門』その妻つた子
23. 1938年11月3日『罪なき罪』卓造の愛人お艶
24. 1938年12月1日『三人姉妹』新興東京
25. 1938年12月25日『喧嘩の春』伝助の妻すず
26. 1938年『美人の逃走』ピンクのお文
27. 1939年2月1日『熱血の道』お秋の姉で安蔵の妻お清
28. 1939年2月8日『喧嘩花盛り』踊りの師匠花柳徳代
29. 1939年3月1日『燦めく星座』女給海老名美代子
30. 1939年5月1日『侠艶録』中村久米次
31. 1939年5月11日『血の歓喜』看護婦下田久美子
32. 1939年6月1日『女性開眼』その妻房子
33. 1939年6月22日『若き日の感激』女給ゆり子
34. 1939年8月1日『若妻』松永初枝[4]
35. 1939年8月25日『暴風の姉妹』虎友の妻お咲
36. 1939年8月25日『愛の渦巻』その妻お米
37. 1939年12月7日『女剣戟三人娘』女優八雲蔦江
38. 1940年2月11日『愛の記念日』女給富子
39. 1940年3月14日『家庭の秘密 前篇』江木政江
40. 1940年3月31日『家庭の秘密 後篇』江木政江
41. 1940年4月11日『誰か故郷を思はざる』ロザリオ美容院のマダム
42. 1940年4月28日『或る女弁護士の告白』桜井明江
43. 1940年5月30日『第二の虹』女給照江
44. 1940年7月7日『花嫁の喧嘩』その娘お久
45. 1940年10月31日『良人なきあと』美奈子の学友北川春代
46. 1940年12月29日初春娘その妻百合子
47. 1941年2月28日『新生の歌』八重子の友人清水房子
48. 1941年3月15日『母の姿』田沢かう
49. 1941年5月22日『くろがねの妻』国井民子
50. 1941年6月12日暁の合唱三好英子[5]
51. 1941年6月12日『母の灯』松本婦長
52. 1941年7月15日『飛び込んだ幸福』その妻君江
53. 1941年8月14日『希望の湖』宇多川夫人実は美苗の実母
54. 1941年8月20日『北極光』松岡あき子(伝太郎の妻)[4]
55. 1941年9月28日『春星夫人』松代[3]
56. 1941年11月13日『太陽先生』青柴ツネ子
57. 1942年1月14日大村益次郎益次郎の妻琴子[3]
58. 1942年3月1日『逞しき愛情』広田京子
59. 1943年3月11日『風雪の春』広田夫人[4]
60. 1944年1月8日『モンペさん』女子工員
61. 1945年5月17日『生ける椅子』夫人蘇茂子[4]
62. 1945年12月27日『犯罪者は誰か』妻田鶴[4]
63. 1946年3月7日『街の人気者』芸妓[4]
64. 1946年8月22日雷雨及川もと[6]
65. 1946年9月24日『修道院の花嫁』同院長[4]
66. 1946年10月15日パレットナイフの殺人幸子[7]
67. 1946年11月19日『狸になった和尚さん』秋山邦子[4]
68. 1947年1月7日『踊子物語』坂口信子[8]
69. 1947年7月1日看護婦の日記[4]
70. 1947年8月26日『夜行列車の女』原宏子[9]
71. 1947年9月30日『東京の夜』妻加代[10]
72. 1947年10月28日素浪人罷通る妻お春[4]
73. 1947年11月11日『緑の小筐』大公望の妻[11]
74. 1948年1月6日『土曜夫人』マダム貴子[12]
75. 1948年2月24日『オリオン星座』母たか子[13]
76. 1948年3月9日『山猫令嬢』泰子[4]
77. 1948年6月1日時の貞操 前後篇』女給つや[14]
78. 1948年7月26日『夜のプラットホーム』ウタ[15]
79. 1948年11月9日『殺すが如く』芝田梅子[16]
80. 1948年11月22日『情熱の人魚』春子[17]
81. 1948年12月6日『新愛染かつら』小池さだ枝[18]
82. 1948年12月13日『幽霊塔』円下松代[19]
83. 1949年7月18日虹男摩耶志満子[4]
84. 1950年2月5日『一匹狼』遠山民子[20]
85. 1950年2月26日『暴力の街』不明[21]
86. 1950年3月19日『妻も恋す』平田勝子[4]
87. 1950年9月23日火の鳥[3]
88. 1951年1月13日おぼろ駕籠お通[22]
89. 1951年1月27日母月夜戸倉滋子[23]
90. 1951年4月14日無国籍者酒場「エメラルド」のマダム
91. 1951年4月21日母千鳥梅子[24]
92. 1951年6月22日お遊さまおすみ[4]
93. 1951年9月14日武蔵野夫人宮地民子[4]
94. 1951年10月19日炎の肌館林夫人[25]
95. 1952年4月17日西鶴一代女お杉[4]
96. 1952年12月23日あの手この手マダム星子[4]
97. 1953年5月27日『続十代の性典』滋野百合子[26]
98. 1953年8月12日坊っちゃんマドンナの女[4]
99. 1953年10月7日『砂絵呪縛』藤波局[27]
100. 1953年10月14日近世名勝負物語 血闘菊波有子[28]
101. 1953年10月27日『続砂絵呪縛雪女郎』藤波局
102. 1954年1月27日『落花の門』池内槙子[29]
103. 1954年2月23日『四人の母』まさ[30]
104. 1954年4月14日『五ツ木の子守唄』松子[31]
105. 1954年5月15日花のいのちを野崎とき[32]
106. 1954年5月30日十代の秘密神谷奈々子[33]
107. 1954年8月18日緑の仲間妻清子[34]
108. 1954年11月17日馬賊芸者おいね[35]
109. 1954年12月15日母千草沢田[36]
110. 1955年2月26日哀しき富士の白雪よ明子の母[37]
111. 1955年7月27日娘の人生案内母民子[38]
112. 1955年9月28日婦系図 湯島の白梅酒井きん[39]
113. 1955年10月18日忘れじの人お豊[40]
114. 1955年11月15日見合い旅行伸子[41]
115. 1956年1月3日薔薇の絋道館昌代[42]
116. 1956年1月29日宇宙人東京に現わる松田清子[4]
117. 1956年3月4日『東京犯罪地図』庄司杉代[43]
118. 1956年5月14日『女中さん日記』中田よし江[44]
119. 1956年7月12日『魔の花嫁衣裳(前後篇)』母悠子[45]
120. 1956年10月1日日本橋塩瀬の女将[4]
121. 1956年10月10日『あこがれの練習船』母ひさ[46]
122. 1957年1月9日『銀河の都』相沢トミ[47]
123. 1957年1月22日『続・銀河の都』相沢トミ[48]
124. 1957年2月12日踊子女将[49]
125. 1957年4月3日『忘れじの午後8時13分』邦子の母[50]
126. 1957年4月16日『残月講道館』舟木夫人[51]
127. 1957年6月11日『妻こそわが命』田辺春枝[52]
128. 1957年11月5日『駐在所日記』町会議員の妻[53]
129. 1958年1月15日有楽町で逢いましょう関根夫人[54]
130. 1958年1月29日『春高樓の花の宴』間宮の妻[55]
131. 1958年5月7日猫は知っていた妻敏枝[56]
132. 1958年7月13日『赤線の灯は消えず』おきよ[57]
133. 1958年8月12日『嵐の講道館』有馬夫人[58]
134. 1958年9月21日『母の旅路』山村夫人[59]
135. 1958年11月22日ごめん遊ばせ花婿先生金井夫人[60]
136. 1959年1月3日人肌牡丹お滝[61]
137. 1959年1月27日かげろう笠菊姫の乳母[62]
138. 1959年1月27日鬼女系図鬼堂藤乃[63]
139. 1959年4月8日女の教室多美子の母[64]
140. 1959年6月13日千代田城炎上おとせ[65]
141. 1959年7月8日電話は夕方に鳴る伝吉の妻[66]
142. 1959年8月12日『美貌に罪あり』芦川夫人[4]
143. 1959年10月6日殺されたスチュワーデス 白か黒か塩崎の妻みね[67]
144. 1959年11月10日『総会屋錦城 勝負師とその娘』沢代[68]
145. 1960年1月27日『流転の王妃』高橋鴇子[69]
146. 1960年5月18日『すれすれ』旅館の女将[70]
147. 1960年6月1日『男は騙される』信子の伯母[71]
148. 1960年7月24日『熱い砂』美枝[72]
149. 1960年10月8日『轢き逃げ族』母ふさ[73]
150. 1960年12月14日『東京の空の下で』三島勝子[74]
151. 1961年1月14日婚期芳乃[75]
152. 1961年2月1日薔薇と竜母邦子[76]
153. 1961年2月15日お嬢さんチエ子の母貞代[77]
154. 1961年3月21日この青年にご用心母絹代[78]
155. 1961年5月31日新人生劇場待合の女将[79]
156. 1961年7月28日女は二度生まれる寿美吉[80]
157. 1961年9月15日銀座のぼんぼん[81]
158. 1961年10月11日色の道教えます 夢三夜菊野[82]
159. 1961年10月14日新源氏物語和泉[83]
160. 1962年1月21日『ある関係』くに[84]
161. 1962年9月1日『男と女の世の中』バーのマダム[85]
162. 1963年3月1日『停年退職』西田夫人[86]
163. 1963年4月14日若い樹々三宅幾代[87]
164. 1963年5月3日赤い水町長夫人[88]
165. 1963年9月21日末は博士か大臣か芸者梅奴[89]
166. 1964年6月5日十七才の狼服部夫人[90]
167. 1964年10月3日『悶え』やす江[91]
168. 1965年2月20日女めくら物語いね[92]
169. 1965年9月4日あゝ零戦日高しげ乃[93]
170. 1965年9月5日けものみち芳仙閣女将君子[4]
171. 1965年11月13日牝犬脱走管理部長[94]
172. 1966年9月3日脂のしたたり足立まん[95]
173. 1966年10月15日白い巨塔田舎の婦人[96]
174. 1966年10月29日『処女受胎』梅村[97]
175. 1967年2月11日『ラーメン大使』王さんの母[98]
176. 1967年5月13日『今夜は踊ろう』桜田悦子[99]
177. 1968年1月27日『関東女賭博師』おかみ[100]
178. 1968年2月10日『あるセックス・ドクターの記録』やえ夫人[101]
179. 1968年6月15日怪談おとし穴湯川道子[102]
180. 1969年11月1日あゝ陸軍隼戦闘隊木原寿美[103]
181. 1970年10月31日裸の十九才佐々木フジ[104]
182. 1976年12月11日『俺の選んだ女』老婦人客[105]

TVドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d KINENOTE.
  2. ^ 『日本映画俳優全集女優編』p561
  3. ^ a b c d JMDb.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w allcinema.
  5. ^ 暁の合唱(1941)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  6. ^ 雷雨(1946)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  7. ^ パレットナイフの殺人”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  8. ^ 踊子物語”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  9. ^ 夜行列車の女”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  10. ^ 東京の夜”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  11. ^ 緑の小筐”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  12. ^ 土曜夫人”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  13. ^ オリオン星座”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  14. ^ 時の貞操 前後篇”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  15. ^ 夜のプラットホーム”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  16. ^ 殺すが如く”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  17. ^ 情熱の人魚”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  18. ^ 新愛染かつら”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  19. ^ 幽霊塔(1948)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  20. ^ 一匹狼(1950)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  21. ^ 暴力の街(1950・日本)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  22. ^ おぼろ駕籠”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  23. ^ 母月夜”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  24. ^ 母千鳥 (1951)”. allcinema. 株式会社スティングレイ. 2021年12月9日閲覧。
  25. ^ 炎の肌”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  26. ^ 続十代の性典”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  27. ^ 砂絵呪縛(1953)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  28. ^ 近世名勝負物語 血闘(1953)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  29. ^ 落花の門”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  30. ^ 四人の母”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  31. ^ 五ツ木の子守唄”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  32. ^ 花のいのちを”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  33. ^ 十代の秘密”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  34. ^ 緑の仲間”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  35. ^ 馬賊芸者”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  36. ^ 母千草”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  37. ^ 哀しき富士の白雪よ”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  38. ^ 娘の人生案内”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  39. ^ 婦系図 湯島の白梅”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  40. ^ 忘れじの人”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  41. ^ 見合い旅行”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  42. ^ 薔薇の絋道館”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  43. ^ 東京犯罪地図”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  44. ^ 女中さん日記”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  45. ^ 魔の花嫁衣裳(前後篇)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  46. ^ あこがれの練習船”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  47. ^ 銀河の都”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  48. ^ 続・銀河の都”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  49. ^ 踊子”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  50. ^ 忘れじの午後8時13分”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  51. ^ 残月講道館”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  52. ^ 妻こそわが命”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  53. ^ 駐在所日記”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  54. ^ 有楽町で逢いましょう”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  55. ^ 春高樓の花の宴”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  56. ^ 猫は知っていた”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  57. ^ 赤線の灯は消えず”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  58. ^ 嵐の講道館”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  59. ^ 母の旅路(1958)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  60. ^ ごめん遊ばせ花婿先生”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  61. ^ 人肌牡丹”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  62. ^ かげろう笠”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  63. ^ 鬼女系図”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  64. ^ 女の教室”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  65. ^ 千代田城炎上”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  66. ^ 電話は夕方に鳴る”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  67. ^ 殺されたスチュワーデス 白か黒か”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  68. ^ 総会屋錦城 勝負師とその娘”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  69. ^ 流転の王妃”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  70. ^ すれすれ”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  71. ^ 男は騙される”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  72. ^ 熱い砂”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  73. ^ 轢き逃げ族”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  74. ^ 東京の空の下で”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  75. ^ 婚期”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  76. ^ 薔薇と竜”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  77. ^ お嬢さん(1961)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  78. ^ この青年にご用心”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  79. ^ 新人生劇場”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  80. ^ 女は二度生まれる”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  81. ^ 銀座のぼんぼん”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  82. ^ 色の道教えます 夢三夜”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  83. ^ 新源氏物語”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  84. ^ ある関係”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  85. ^ 男と女の世の中”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  86. ^ 停年退職”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  87. ^ 若い樹々”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  88. ^ 赤い水”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  89. ^ 末は博士か大臣か”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  90. ^ 十七才の狼”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  91. ^ 悶え(1964)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  92. ^ 女めくら物語”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  93. ^ あゝ零戦”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  94. ^ 牝犬脱走”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  95. ^ 脂のしたたり”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  96. ^ 白い巨塔(1966)”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  97. ^ 処女受胎”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  98. ^ Y. Nomura. “ラーメン大使”. JMDb. JMDb. 2021年12月9日閲覧。
  99. ^ 今夜は踊ろう”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  100. ^ 関東女賭博師”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  101. ^ あるセックス・ドクターの記録”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  102. ^ 怪談おとし穴”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  103. ^ あゝ陸軍隼戦闘隊”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  104. ^ 裸の十九才”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  105. ^ 俺の選んだ女”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2021年12月9日閲覧。
  106. ^ 怪奇ロマン 君待てども (1974)”. allcinema. 株式会社スティングレイ. 2021年12月9日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集