メインメニューを開く

平和ラッパ・日佐丸

日本の漫才コンビ

平和ラッパ・日佐丸は戦前から戦後にかけて活躍した漫才コンビ。

特に2代目ラッパのアホぶりは大村崑藤山寛美と共に「大阪三大アホ」と呼ばれるほど人気を博した。

戦前は吉本の主要の漫才寄席に上がり、戦後は千日劇場新世界新花月角座神戸松竹座、最後は吉本の花月の舞台に上がった。

目次

メンバー編集

初代コンビ編集

初代平和ラッパ( - 1945年

初代浅田家日佐丸1901年 - 1945年

  • 浅田家の祖(浅田家の家元)の浅田家朝日の弟子で実の弟。同じく妹には弟子の南ふく子がいる、浪曲出身、節劇の世界で一水軒好丸の弟子で一水軒好広を名乗り棚読みをしていた。兄の浅田家朝日の勧めで漫才に転向、転向後は初代ラッパ以外に兄の浅田家朝日や浅田家キリン、浪花家市松らと組んでいだ。1945年の終戦間近に漫才作家の秋田實が満洲映画協会の演芸部の社員という肩書きで中国満州にラッパ・日佐丸ら、数人の芸人と共に慰問に訪れたときに同地で抑留中に腸チフスを患い44歳で死去。1944年からは大日本漫才協会(現在の漫才協会)の大阪支部長であった。背中全体に刺青が彫ってあった。兄弟弟子に浅田家十郎朝菊ら、弟子には南ふく子、吾妻ひな子堤英二・よし枝らがいる。

2代目コンビ編集

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年10月

2代目平和ラッパ(へいわ らっぱ、本名:石田常三 1909年8月10日 - 1975年5月2日)(満65歳没)

  • 小柄でふくよかな顔、眉前一直線のおかっぱ頭(一時ポマードで固めた七三分け姿)と出っ歯といった特徴のある顔で、「出歯亀」「先祖代々過去帳一切の混じりっ気のないアホ」で売り出す。立ち位置は左。
  • 大阪堺市の生まれ、1927年、奉公先で初代浅田家日佐丸に入門。兄の平和(一時期「浜田家」)日佐治[1]と平和(一時期「浜田家」)日佐一(ひさかず[2])の名でコンビを組み、のち「平和家ラッパ・浪花家日佐丸」と改名、両者の妻も姉妹であった。1954年にラッパは兄の死去に伴い、自身の弟子でもあった妻とコンビ「平和ラッパ・日佐丸嬢」を結成、その後歴代日佐丸とコンビを組む。長らく松竹芸能に所属したが晩年は吉本興業に移籍した。
  • ネタではラッパが高い声とやや舌足らずの喋りでアホぶりをさんざん発揮して日佐丸を困らせた後、日佐丸が「こんなん連れてやってますねん」とぼやき、これを受けてラッパが「苦労しまっせ(または『気ィ使いまっせェー』)」と言うと日佐丸は呆れるように「それは僕が言うねや」と受け、2人で「ハハーッ、さいならー(しゃいならー)」と落として締める[3]。他にも「亀豆噛めまんねんなぁ」のギャグもヒット。
  • 代々の日佐丸とは年齢差もあってかラッパが常に主導権を握り、ギャラもラッパの方が多く貰っていた。このため、人気が出ると日佐丸側に不満が募ることとなり、結局事務所と揉めた末にコンビ解消というパターンを繰り返した。特に4代目日佐丸とは不仲で、ギャラはラッパ7、日佐丸3で貰っていたが、日佐丸側が半分ずつにするよう要求。挙げ句に日佐丸が漫才作家に対して「自身が喋った時に笑いが起こるようにネタを変えてくれ」とまで要求し、作家からは「それではラッパ・日佐丸の漫才のよさがなくなる」と却下され、そこから両者が不和になり解消に至った。
  • 仲間たちとの宴会や日佐丸が舞台を病気で休んだ時(4代目は病弱であった)は特技として座布団や襖、一畳サイズの畳を片手で回していた。また、和朗亭でその珍芸を披露している。
  • まともな教育を受けていなかったためいわゆる文盲で読み書きができず、漫才の台本も相方に読んで貰って覚えていた。後にテープレコーダーという便利な家電が登場すると真っ先に購入し、相方が読み上げた台本を録音した物を聞いて覚えていた。
  • ヒロポンの愛用者で戦後ヒロポン中毒で悩まされた。正司歌江かしまし娘)に薦めた人物でもある。なお上質なヒロポンを安く調達していたため芸人仲間では重宝された。また糖尿病でもあった。晩年医者から禁酒されていて水をよく飲んでいた。
  • 1975年5月2日午後1時に肝硬変のため、入院先の関西電力病院で死去。享年65。

平和日佐丸

  • 立ち位置は右。
  • 2代目( - 1954年)
初代浅田家日佐丸に入門。2代目ラッパの実兄であった日佐治が「浪花家日佐丸」を名乗る。1954年に急死。弟子には平和日佐子
武田尾の生まれ、1954年に秋田實の宝塚新芸座に入る。寂の効いたしゃがれ声を活かしたそのツッコミは「氷の剣のよう」と称され、歴代日佐丸の中では最もツッコミがうまかったといわれる。ラッパも「Oちゃん(旧芸名にちなみこう呼んでいた)とやっていた時が一番やりやすかった」と語っていたという。1956年秋に秋田Aスケ門下となり「秋田Oスケ」の名で横山ノック(秋田Kスケ)と「秋田Oスケ・Kスケ」を組む。1959年に3代目日佐丸を襲名、1963年のラッパとのコンビ解消後は「波多シャープ」の名で妻の波多フラット(元園蝶世・花世の花世)とのコンビ「波多シャープ・フラット」、「三田ホップ」の名でトリオ「三田ホップ・ステップ・ジャンプ(ステップは後のレツゴー正児(レツゴー三匹))」といった経歴を重ねる。その後足の爪を切った時の傷から感染症を起こし入院、片脚を切断。さらに1968年にフラットが幼馴染みの男性(道和多比良・大津おせん夫妻の息子でスプリングボーイズのメンバーだった森ミネオ)と不倫の末に駆け落ち→心中し、そうした事から将来に絶望し自殺。享年36。
京都市生まれ、京都実業卒業後17歳で日活の映画俳優に入社、その後キャバレーの支配人を経て1954年1950年?)に、秋山ではなく夏川左楽の名で秋山右楽・左楽を結成(秋山左楽自体も3代目まで存在する)、次に4代目日佐丸を名乗ったが病気がちなのとラッパとの不和でコンビを解消、その後「夏川宇津太」の名で夏川加津太とコンビを結成したが1972年に46歳で病死。
  • 5代目(本名:夜久秀二郎 1925年 - )
京都市生まれ、桃園小学校卒業後島津製作所に勤務、芸事が好きでABCラジオの演芸コンクール「漫才教室」に出場し6代目笑福亭松鶴や俳優などの芸能人のものまねを披露して賞を総なめしていた。その番組の司会者だった浮世亭夢若(松鶴家光晴・浮世亭夢若)に見出され門下になり南秀児の名で北伸児と組んで1959年千日劇場で初舞台。夢若急死後の1965年からは「浮世亭秀若」の名で松鶴家光晴と組み、光晴の死後は島ぽん太とのコンビを経て5代目日佐丸を襲名。2代目ラッパの死後、木村栄子三遊亭小円と夫婦漫才だった)とコンビを組むがうまくいかず、1977年6月コンビ解消、すぐに廃業。芸人仲間でのあだ名は「秀ちゃん(しゅうちゃん)」、なお人生幸朗がつけたあだ名は「うんこちゃん」であった、妻に対しては名前を呼び捨てするのに用を足す時は「今からうんこちゃん行ってくる」と言っていたのでそう呼んでいた。 

浅田家日佐丸嬢(本名:石田絹子 1910年 - 没年不詳)

  • 2代目ラッパの夫人にして弟子。歴代の日佐丸同様ツッコミ役で、夫が3代目日佐丸と組むまで相方を務めた。さんざんラッパをこき下ろして笑いを取るスタイルを取り、また新世界新花月によく出て河内音頭ヤンレー節)を唸らせていた。

3代目コンビ編集

3代目平和ラッパ

  • 2代目の弟子。平和勝一を名乗り、ギター漫才をしていた。

6代目平和日佐丸(本名:真所晃弘 1948年4月3日 - ) 

  • 鹿児島県生まれ、美容師をしていたが、同じく先代の弟子で平和勝三を名乗る。勝一とのコンビを組んだ後に勝八を入れてトリオOHKを組むも解消。相方の3代目襲名に付き合い、6代目日佐丸を襲名。現在は鹿児島県を拠点にしている。

先代と異なり、アホを売り物としない正統派のギター漫才。松竹芸能に所属していた。襲名後、程なく解散し3代目ラッパは梅乃ハッパとコンビを結成。レコードに「道頓堀人情」がある。現在は吉本興業に移籍。

関連項目編集

編集

  1. ^ 日佐二や日佐次と書かれている書籍もある。
  2. ^ よく「ひさいち」と読まれるが間違い。
  3. ^ 最近でもオール阪神・巨人がネタで披露する。