平和賞 (船橋競馬)

平和賞(へいわしょう)は、千葉県競馬組合船橋競馬場で施行する地方競馬重賞競走SIII)である。正式名称は「農林水産大臣賞典 平和賞」。

平和賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 千葉県競馬組合
競馬場 船橋競馬場
創設 1955年9月21日
2019年の情報
距離 ダート1600m
格付け 南関東SIII
賞金 1着賞金1300万円
出走条件 サラブレッド系2歳オープン、地方全国交流
負担重量 定量(55kg、牝馬54kg、南半球産3kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

競走名は軽種馬産地である千葉県が、2歳の若駒の将来を平和に託すことに由来する[2]

副賞は農林水産大臣賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、また生産牧場賞がある(2019年)[3]

概要編集

船橋競馬場の前身である柏競馬場で1949年より施行され、船橋競馬場へも引き継がれていた「平和賞」が、1955年度にそのまま船橋競馬場のダート1200mでサラブレッド系3歳(現2歳)南関東所属馬限定の重賞競走として制定された[注 1]。施行距離は1962年度からダート1500mに変更、1983年度からダート1600mに変更された。2003年度から東日本地区交流競走、2006年度から地方競馬全国交流競走として施行されている。

全日本2歳優駿のトライアル競走となっており、優勝馬には全日本2歳優駿の優先出走権が付与される[1][2]

条件・賞金等(2019年)編集

出走資格
サラブレッド系2歳、地方全国交流
他地区所属馬の出走枠は5頭以下と定められている[1]
  • 平和賞トライアルで上位2着までに入った馬に優先出走権がある。
負担重量
55kg、牝馬54kg(南半球産3kg減)[1]
賞金額
1着1300万円、2着455万円、3着260万円、4着130万円、5着65万円[1]
優先出走権付与
優勝馬には、全日本2歳優駿の優先出走権が付与される。

歴史編集

  • 1955年 - サラブレッド系3歳、南関東所属馬限定の重賞として創設。
  • 1995年 - 南関東グレード導入により「南関東G3」に格付け。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「サラブレッド系2歳の南関東所属馬」に変更。
  • 2003年 - この年から東日本地区交流競走として施行、出走条件を「サラブレッド系2歳の北海道・岩手・上山・北関東・南関東所属馬」に変更。
  • 2006年 - この年から地方競馬全国交流競走として施行、出走条件を「サラブレッド系2歳の地方所属馬」に変更。
  • 2007年 - 南関東重賞格付表記を「南関東SIII」に変更。

歴代優勝馬編集

すべて船橋競馬場ダートコースで施行。

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1955年9月21日 1200m ラツキーマミー 牝3 大井 1:15.4 須田茂 田中利衛 臼坂巌
第2回 1956年10月17日 1200m エイシヨウ 牝3 船橋 1:16.1 須田茂 関口三治 鈴木績
第3回 1957年10月9日 1200m ダイゴホマレ 牡3 大井 1:15.3 小筆昌 天間三之助 醍醐幸右衛門
第4回 1958年10月28日 1200m キンテン 牡3 大井 1:15.4 鈴木冨士男 栗田金吾 栗田ふさ
第5回 1959年11月11日 1200m オンスロート 牡3 船橋 1:14.2 赤間清松 田中九兵衛 三輪野憲治
第6回 1960年10月11日 1200m サンセイミドリ 牝3 大井 1:14.9 朝倉文四郎 三坂博 三坂成行
第7回 1961年11月7日 1200m リユウウン 牡3 船橋 1:15.2 柏木三郎 鈴木正一 中村信
第8回 1962年11月16日 1500m コクユウ 牡3 大井 1:35.8 佐々木竹見 伊藤正美 大杉精一
第9回 1963年11月1日 1500m シユンユウ 牡3 大井 1:33.6 高柳恒男 安藤栄作 島田喜久
第10回 1964年10月12日 1500m キヨクトー 牝3 大井 1:36.9 田畑勝男 長尾潔 長尾孝子
第11回 1965年10月31日 1500m ダイニハツスル 牡3 浦和 1:33.7 佐々木竹見 金子和夫 柿沼明
第12回 1966年11月1日 1500m ジンライオー 牡3 大井 1:36.2 佐々木竹見 大南栄蔵 大南きく子
第13回 1967年10月25日 1500m タケデンボー 牡3 船橋 1:34.7 溝邉正 宮下佐平 武市伝一
第14回 1968年11月1日 1500m トウシユン 牡3 船橋 1:35.3 海方昭三 矢熊寿 中井美恵子
第15回 1969年11月5日 1500m フジヒツト 牡3 船橋 1:35.8 宮下哲朗 米山仲司 藤代由太郎
第16回 1970年10月28日 1500m タニノカツヒメ 牝3 船橋 1:34.5 白川章司 岡林喜和 谷中勇
第17回 1971年10月2日 1500m パールナデイア 牡3 浦和 1:35.3 松浦備 川村忠夫 深田清
第18回 1972年11月8日 1500m トサエンド 牝3 船橋 1:34.5 角田次男 新井康夫 笹原貞生
第19回 1973年11月1日 1500m スピードパーシア 牡3 船橋 1:33.2 内野健二 及川六郎 佐藤清之助
第20回 1974年11月1日 1500m シタヤロープ 牡3 船橋 1:33.3 佐々木竹見 江口勇 高氏茂二
第21回 1975年10月6日 1500m ヤクモチヤーター 牡3 船橋 1:33.4 阿井正雄 栗原清 小倉正範
第22回 1976年10月7日 1500m ツクバニルコス 牡3 船橋 1:33.5 桑島孝春 谷口源吾 野口清
第23回 1977年10月5日 1500m ヒダカホーリユウ 牡3 船橋 1:34.4 岡島茂 谷口源吾 野口清
第24回 1978年10月5日 1500m ギフトエース 牡3 船橋 1:34.5 岡島茂 岡島一馬 松田敏雄
第25回 1979年11月1日 1500m スーパーヤマト 牡3 船橋 1:34.9 岡島茂 米山仲司 秋元重弘
第26回 1980年10月3日 1500m シゲノカマダ 牡3 船橋 1:34.6 佐藤隆 吉田馨 鎌田管仲
第27回 1981年10月26日 1500m ヒノデスター 牡3 船橋 1:35.1 桑島孝春 栗原清 吉種実
第28回 1982年10月27日 1500m ヨネタロウ 牡3 川崎 1:34.0 本間茂 高橋久志 田所国丈
第29回 1983年10月26日 1500m ユーラシア 牡3 船橋 1:34.9 高橋三郎 安藤栄作 高吉重勝
第30回 1984年10月18日 1600m キクノダンサー 牡3 船橋 1:41.7 田部和廣 波多野高次 中臺惠二
第31回 1985年10月21日 1600m ハクバテイム 牡3 川崎 1:40.7 佐々木竹見 鈴木春吉 米田律子
第32回 1986年10月3日 1600m エンドヒロー 牡3 船橋 1:42.9 桑島孝春 新井康夫 笹原貞生
第33回 1987年11月16日 1600m ノースオーシヤン 牡3 船橋 1:42.8 斉藤敏 斉藤速人 田中貴雄
第34回 1988年11月16日 1600m ミルユージ 牡3 船橋 1:42.1 桑島孝春 米山仲司 藤代由太郎
第35回 1989年11月22日 1600m ルースローマン 牝3 船橋 1:44.6 石崎隆之 川勝貫次 山本康久
第36回 1990年11月14日 1600m アーバントツプ 牡3 船橋 1:42.9 田部和廣 及川六郎 足立康則
第37回 1991年12月11日 1600m カヅサキング 牡3 船橋 1:44.3 佐藤隆 溝邉正 吉橋計
第38回 1992年11月19日 1600m キタサンテイオー 牡3 船橋 1:42.3 石崎隆之 川島正行 (有)大野商事
第39回 1993年11月24日 1600m スペクタクル 牡3 船橋 1:41.7 張田京 濱月睦生 北條傳三
第40回 1994年12月15日 1600m スターギャラクシー 牡3 浦和 1:44.2 見澤譲治 海馬澤司 安原相國
第41回 1995年11月23日 1600m ジーエムブライアン 牡3 大井 1:41.7 久保田信之 福永二三雄 村山義一
第42回 1996年11月21日 1600m トーヨーマリア 牝3 船橋 1:43.3 佐藤正人 熊坂光広 藤田利勝
第43回 1997年11月12日 1600m エスケイタイガー 牡3 船橋 1:43.9 佐藤祐樹 波多野高次 伊藤輔則
第44回 1998年11月24日 1600m アスキットマジック 牡3 浦和 1:42.9 桑島孝春 黒田桂二 中江隆一
第45回 1999年11月18日 1600m ワンダーグルーム 牡3 船橋 1:41.9 石崎隆之 須永和良 臼井勇
第46回 2000年11月29日 1600m ノトテイオー 牡3 川崎 1:43.9 金子正彦 山田正実 津孝俊
第47回 2001年12月20日 1600m ヒミツヘイキ 牡2 船橋 1:43.3 左海誠二 岡林光浩 田中春美
第48回 2002年12月5日 1600m グリンゼファー 牡2 船橋 1:40.8 内田博幸 佐藤賢二 相川てる
第49回 2003年11月11日 1600m ランノホシ 牡2 北海道 1:41.3 齋藤正弘 林和弘 原大栄
第50回 2004年10月27日 1600m シーチャリオット 牡2 船橋 1:40.4 内田博幸 川島正行 ダーレー・ジャパン・レーシング(有)
第51回 2005年10月26日 1600m グッドストーン 牡2 船橋 1:43.3 石崎駿 岡林光浩 後藤繁樹
第52回 2006年10月25日 1600m キンノライチョウ 牡2 船橋 1:40.4 張田京 岡林光浩 南方明
第53回 2007年11月14日 1600m ノースダンデー 牡2 船橋 1:42.1 左海誠二 林正人 小川正男
第54回 2008年10月22日 1600m チョットゴメンナ 牡2 北海道 1:42.7 今野忠成 堂山芳則 加藤信之
第55回 2009年11月18日 1600m ナンテカ 牡2 北海道 1:42.4 武豊[注 2] 角川秀樹 (有)グランド牧場
第56回 2010年11月3日 1600m ヴァインバッハ 牝2 船橋 1:43.1 石崎駿 出川克己 吉田照哉
第57回 2011年11月16日 1600m エンジェルツイート 牝2 北海道 1:42.8 森泰斗 角川秀樹 (株)オリオンファーム
第58回 2012年10月31日 1600m インサイドザパーク 牡2 船橋 1:43.3 左海誠二 林正人 山口裕介
第59回 2013年10月30日 1600m ナイトバロン 牡2 船橋 1:42.9 本田正重 出川克己 (有)キャロットファーム
第60回 2014年10月29日 1600m ストゥディウム 牡2 船橋 1:43.2 石崎駿 矢野義幸 (株)Nicks
第61回 2015年11月11日 1600m アンサンブルライフ 牡2 浦和 1:42.5 左海誠二 小久保智 前田諭志
第62回 2016年11月9日 1600m スカイサーベル 牡2 船橋 1:46.6 矢野貴之 松代眞 小島俊治
第63回 2017年10月25日 1600m リンノストーン 牝2 北海道 1:43.5 真島大輔 林和弘 平井ひろみ
第64回 2018年11月7日 1600m ヒカリオーソ 牡2 川崎 1:43.3 瀧川寿希也 岩本洋 西森鶴
第65回 2019年10月30日 1600m ヴァケーション 牡2 川崎 1:42.8 吉原寛人 高月賢一 大岸昌浩

他地区所属馬の成績編集

回次 馬名 所属 着順
第52回(2006年) レイズミーアップ 北海道 3着
ネバーオブライト 水沢 4着
ブリリアントレディ 北海道 5着
ポッター 北海道 8着
第53回(2007年) インカローズ 北海道 5着
マサノネバーマイン 北海道 6着
シャンクス 北海道 7着
モエレジンダイコ 北海道 10着
スターオブジャンプ 佐賀 13着
第54回(2008年) チョットゴメンナ 北海道 1着
イケノナイン 北海道 2着
サプライズゲスト 北海道 5着
シャレーストーン 北海道 6着
メジャーサイレンス 北海道 7着
第55回(2009年) ナンテカ 北海道 1着
ブンブイチドウ 北海道 2着
ポシビリテ 北海道 7着
プリモエナジー 北海道 12着
第56回(2010年) ドラゴンウィスカー 北海道 2着
スクランブルエッグ 北海道 3着
イチバンボシ 北海道 4着
マルヨコンバット 笠松 8着
リュウノフラッシュ 水沢 13着
第57回(2011年) エンジェルツイート 北海道 1着
サンレイレーザー 北海道 3着
ニシノファイター 北海道 4着
アウヤンテプイ 笠松 6着
イブニングラッシュ 北海道 取消
第58回(2012年) ハードデイズナイト 北海道 5着
グレイスウォード 北海道 7着
オグリタイム 北海道 11着
第59回(2013年) リュウノワン 北海道 3着
フラッシュモブ 笠松 9着
ライブリーソウル 北海道 10着
パドドゥ 笠松 12着
第60回(2014年) メジャーメアリー 北海道 3着
ドライヴシャフト 北海道 4着
コーズウェイ 北海道 6着
第61回(2015年) ユアザスター 北海道 8着
サーラジャー 北海道 10着
第62回(2016年) キャンドルグラス 北海道 5着
キングレイジング 笠松 11着
第63回(2017年) リンノストーン 北海道 1着
ドリームスイーブル 北海道 4着
ジュネスガール 北海道 7着
ミスティックリズム 笠松 9着
第64回(2018年) マイティウォーリア 北海道 3着
ファーストメロディ 北海道 12着
第65回(2019年) バブルガムダンサー 北海道 4着
モリノブレイク 北海道 5着
サンオブロジータ 北海道 11着

脚注編集

  1. ^ 南関東競馬での重賞制度はこの年が初めて[4]
  2. ^ 競走当日に中央競馬との指定交流競走が施行されていたため、中央競馬の騎手が騎乗している。

出典編集

  1. ^ a b c d e 令和元年度第8回船橋競馬競走番組表(決定) (PDF)”. 船橋ケイバ. 2019年10月28日閲覧。
  2. ^ a b 第53回平和賞 - 船橋ケイバ
  3. ^ 船橋競馬出走馬一覧表令和1年度第8回船橋競馬第3日10月30日(水) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年10月28日閲覧。
  4. ^ 地方競馬全国協会編『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、347頁。

各回競走結果の出典編集

関連項目編集