メインメニューを開く

平子 友長(たいらこ ともなが、1951年 - )は、日本哲学者思想史家一橋大学名誉教授。東京唯物論研究会委員長、マルクス研究会共同代表、社会思想史学会常任幹事、日本哲学会評議員等を務めた。

人物・経歴編集

1974年一橋大学社会学部卒業。1976年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了、社会学修士。 1979年同博士課程単位修得退学[1]。指導教官は岩崎允胤[2]だが、のちに平子の実践的唯物論の立場からのマルクス主義解釈が岩崎から批判を受け決別 [3]

1979年一橋大学社会学部助手。1981年北海道大学経済学部助教授。1987年一橋大学社会学部助教授。1994年同教授。2007年社会思想史学会常任幹事。2014年一橋大学を定年退職し、一橋大学名誉教授の称号を受け、一橋大大学院社会学研究科総合社会科学専攻特任教授(社会文化研究分野(社会思想))[1][4][5]。マルクス研究会共同代表[6]日本哲学会評議員等も務めた[7]。指導学生に佐々木隆治など[8]

著書編集

脚注編集