メインメニューを開く

平山 三郎(ひらやま さぶろう、1917年大正6年)11月 - 2000年平成12年)3月24日)は、東京出身の作家。

経歴編集

東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)に生まれる。1932年昭和7年)鉄道省東京鉄道局に就職した。戦後も日本国有鉄道の機関紙『國鐵』の編纂に従事しながら法政大学文学部を卒業した。大学時代は授業料を内田百に肩代わりしてもらっていた。

内田百の教え子として知られ、夏目漱石の流れを汲む作家でもある。その生涯を通して、内田百の身辺の叙述・研究に当たった。

また、百の作品『阿房列車』シリーズにおいては、百の旅のお供をする「ヒマラヤ山系」として登場している。対して平山は百を「四ッ谷の先生」と呼んでいた[1]

が娘の名付け親になるなど、家族ぐるみの付き合いであった。その長女が、世田谷区池尻でおでん屋を経営。2018年に閉店した。

内田百と交友のあった作家の中村武志が、平山の国鉄在勤時代に上司だった時期がある。

主な著書編集

  • 『小説集 流れ』(交通日本社)
  • 『夜の周邊』(三笠書房
  • 『實歴阿房列車先生』(朝日新聞社)、新版・旺文社文庫(1983年11月)、中公文庫(2018年9月)
  • 『百鬼園先生雜記帖』(三笠書房)
  • 『百鬼園と風船畫伯』(限定豆本、朝昼晩社)
  • 『詩琴酒の人 百鬼園物語』(小澤書店)、新版・同コレクション
  • 『わが百鬼園先生』(六興出版
  • 『百鬼園の猫』(胡桃書房)
  • 『阿房列車物語 百鬼園回想』(論創社
  • 『『冥途』の周邊』(書肆ひやね)
  • 『内田百の本』(正・続、日本古書通信社、限定豆本)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の百の自宅の所在地は四ッ谷駅市ヶ谷駅からほぼ等距離にあったが,平山としては四ッ谷駅からの方が便利だった事から「四ッ谷の先生」と言うようになった。後になって百の気に障ったようだが、結局うやむやになっている。