メインメニューを開く

平山 孝(ひらやま たかし、1897年2月6日[1] - 1979年7月8日[2])は、日本鉄道官僚東京急行電鉄社長

目次

経歴編集

東京府出身[1]1920年高等文官試験に合格[1][3]。翌年東京帝国大学法学部独法科を卒業する。卒業後は鉄道省に入り、欧米出張、帰国後は仙台鉄道局経理庶務の各課長、鉄道書記官、監督局業務課長、鉄道大臣書記官文書課長、名古屋鉄道局長、東京鉄道局長、鉄道局経理局長を経て[1]1945年東京急行電鉄社長に就任する。同年、運輸次官となる。運輸次官は1947年まで務め、その後は「東京急行社長」のため公職追放となった[4]。追放解除後は交通道徳協会会長に就任した。1979年死去。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日本官界情報社編 『日本官界名鑑』、1942年、15頁。NDLJP:1271159 
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1044頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』228頁。
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、119頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集

  • 『日本官界名鑑』昭和十七年版、日本官界情報社、1942年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ、2012年。