平山晃康

平山 晃康(ひらやま てるやす、1954年 - )は、日本の医学者脳神経外科医兵庫県龍野市出身。

目次

来歴編集

 兵庫県姫路の淳心学院中学校・高等学校卒業。日本大学医学部・大学院医学研究科卒業。日本大学医学部脳神経外科学系神経外科学分野教授。日本大学病院脳神経外科部長。機能的脳神経外科脳血管疾患神経外傷臨床神経生理を専門とする。

 

 機能的脳外科疾患(不随意運動、難治性疼痛など)の領域においては、故坪川孝志教授(日本大学名誉教授)、片山容一教授(前日本大学医学部長、前脳神経外科主任教授、前日本大学病院病院長)らとともに、不随意運動や難治性疼痛に対する脳深部刺激療法や難治性疼痛(とくに視床痛などの脳卒中後の痛み)に対する運動領野刺激療法の開発、臨床応用に携わった。トロント大学脳神経外科勤務時は、R.R.Tasker教授(トロント大学脳神経外科教授)、J.O.Dostrovsky教授(トロント大学生理学教授),Karen Davis教授(現トロント大学教授)F.Lenz教授(現ジョンズ ホプキンス大学脳神経外科教授)とともに不随意運動(パーキンソン病、ジストニア、痙性斜頸など)や難治性疼痛に対する脳深部刺激療法や脊髄刺激療法の臨床応用に携わった。メイジュ症候群、顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頚などの頭頚部領域の難治性不随意運動症や上肢•下肢の痙縮の治療(ボトックス注射、バクロフェン髄注療法「ITB」、経頭蓋的磁気刺激療法「TMS」など)も、大島秀規准教授(日本大学医学部脳神経外科准教授)とともに積極的行っている。

 

 脳血管疾患の領域では、片山容一教授、故加納恒男准教授(日本大学医学部脳神経外科准教授)、大島秀規准教授(日本大学医学部脳神経外科准教授)らとともに、脳動静脈奇形、巨大脳動脈瘤頸動脈狭窄、もやもや病などに対するマイクロサージェリーおよび血管内手術(脳動静脈奇形の塞栓術、脳動脈瘤のコイル、頸動脈狭窄のステントなど)の開発、臨床応用に従事した。トロント大学脳神経外科勤務時は、W.Lougheed教授とともに頸動脈狭窄、脳動脈瘤などの血管疾患の治療(CEA:頚動脈内膜剥離術など)に取り組んだ。

 

 脳腫瘍の領域および臨床神経生理の領域では、故坪川孝志教授、片山容一教授らとともに、運動誘発電位(Motor Evoked Potential:MEP)、聴性脳幹誘発電位(Auditory Brainstem Evoked Potential:ABEP)、感覚誘発電位(Sensory Evoked Potential:SEP)、覚醒下手術などの開発、臨床応用に携わった。より安全な脳腫瘍の開頭摘出術を確立した。現在、吉野篤緒教授(日本大学医学部脳神経外科主任教授)、福島匡道助教(日本大学病院脳神経外科医長)、四條克倫助教(日本大学医学部脳神経外科医局長)らとともに、電気神経生理学的モニターリングを利用して、積極的に頭蓋底手術を行っている。


 神経外傷の領域では、平成3年からの日本大学医学部附属板橋病院救命センター時代(平成5年まで)に、林成之教授(現日本大学綜合大学院教授)、片山容一教授とともに脳低温療法(低体温療法)や頚静脈球部酸素飽和度(SjO2)の開発、臨床応用に携わった。


 平成15年からは、秋元芳明教授(前日本大学松戸歯学部口腔外科教授)、小宮正道教授(現日本大学松戸歯学部口腔外科教授、日本大学松戸歯学部付属病院病院長)、金田隆教授(現日本大学松戸歯学部放射線科教授)、田中茂男専任講師とともに顔面外傷(多発顔面骨骨折など)の治療や口腔内癌舌癌歯肉癌など)に対する超選択的抗がん剤動注療法の開発、および臨床応用にも携わっている。最近では、日本大学松戸歯学部神経歯科の成田紀之診療教授とともに口部ジスキネジア、口舌ジスキネジアなどの頭頚部領域の難治性不随意運動症や難治性顔面痛(舌痛症を含む)の治療(ボトックス注射、経頭蓋的磁気刺激療法[TMS]など)に取り組んでいる。また、日本大学松戸歯学部辻本恭久教授(現日本顕微鏡歯科学会会長)とは、歯科領域の治療に対して積極的に顕微鏡(マイクロスコープ)の導入に取り組んで、成果を上げている。

略歴編集

  • 1981年(昭和56年) - 日本大学医学部卒業、 医師免許取得
  • 1985年(昭和60年) - 日本大学大学院医学研究科脳神経外科学専攻)修了 医学博士の学位取得。論文の題は「Inhibition of trigeminal subnucleus caudalis neurons by thalamic sensory relay nucleus stimulation in cats(三叉神経脊髄路核尾側亜核neuronに対する視床中継核刺激の抑制効果)」[1]
  • 1986年(昭和61年) - カナダ、トロント大学脳神経外科勤務(オンタリオ州医師免許取得)
  • 1988年(昭和63年) - 日本脳神経外科学会専門医取得
  • 1995年(平成7年) - 日本大学講師(専任扱)
  • 2002年(平成14年) - 日本大学専任講師
  • 2003年(平成15年) - 日本大学教授(松戸歯学部、兼担医学部)
  • 2012年(平成24年) - 日本大学教授(医学部、兼担歯学部、兼担松戸歯学部) 

所属学会など編集

  第21回日本脳神経外科救急学会大会長(2016年)            

専門医編集

テレビ出演編集

  • 2016/6/8(水)  news every:女子大生刺傷事件 意識回復 (日本テレビ)
  • 2016/5/4(水) 羽鳥モーニングショウ:神戸・JR三ノ宮駅前で車が暴走。原因は?(テレビ朝日)
  • 2016/3/3(木)  情報プレゼンター とくダネ!松方弘樹、脳リンパ腫(フジテレビ)
  • 2015/7/31(金)  news every:熱中症予防について、水中毒とは? (日本テレビ)
  • 2015/6/2(火) グッド!モーニング:町村氏 脳梗塞で死去「軽い症状」でも---治療は?(テレビ朝日)
  • 2014/11/11(火) グッド!モーニング:くも膜下出血「田宮五郎、くも膜下出血で死亡」(テレビ朝日)
  • 2014/ 3/11(火) グッド!モーニング:くも膜下出血「吉田選手のお父さんがくも膜下出血」(テレビ朝日)
  • 2013/ 4/ 1(月)  やじうまテレビ!脳梗塞「石原慎太郎軽い脳梗塞」(テレビ朝日)
  • 2012/ 7/16(月) ワイド!スクランブル :桑名正博 脳幹出血 (テレビ朝日)
  • 2012/ 6/13(水)  まさかのホントバラエティーイカさまタコさま:美容室脳卒中症候群 (TBS)
  • 2012/ 4/ 5(木)  news every:コブクロ 発声時頚部ジストニア (日本テレビ) など
  • 2011/10/26(水) やじうまテレビ~マルごと生活情報局~ くも膜下出血「グローブのKeiko」(テレビ朝日)
  • 2011/10/26(水) J チャンネル くも膜下出血「グローブのKeiko 」 (テレビ朝日)
  • 2011/ 8/23(火) スッキリ!!:小脳出血「竹脇無我 」 (日本テレビ)
  • 2011/ 4/27(水) ためしてガッテン : 役立ちたい!避難生活が楽になる裏ワザSP (NHK総合)
  • 2011/ 4/20(水) ためしてガッテン :役立ちたい!避難生活が楽になる裏ワザSP (NHK総合)
  • 2010/ 4/ 8(木) ワイド!スクランブル:くも膜下出血「巨人軍木村拓也コーチ死去37歳」(テレビ朝日)
  • 2010/ 4/ 7(水) 報道ステーション:くも膜下出血「巨人軍木村拓也コーチ死去37歳」 (テレビ朝日)
  • 2007/ 2/28(水) ためしてガッテン:肺炎の事実 (NHK総合)など

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集