メインメニューを開く

平山 智(ひらやま さとし、1930年2月17日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身の元プロ野球選手外野手)・野球指導者、スカウト。日系アメリカ人

平山 智
Four Carp Player Bizen Kozuru Hasegawa Hirayama 1956 Scan10005.jpg
1956年オールスター(右端が平山)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州エクスター村
生年月日 (1930-02-17) 1930年2月17日(89歳)
身長
体重
160 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島カープ (1962 - 1965)

目次

経歴編集

父親は熊本県出身。

カリフォルニア州・フレズノ近くのエクスター村で生まれる。フレズノ州立大からボルチモア・オリオールズの前身であるセントルイス・ブラウンズの1Aでプレーし、兵役を経た後、1955年広島カープに入団。

銭村健三健四光吉勉に続く球団4人目の日系人選手として期待を集め、来日の際の歓迎パレードでは沿道に数万人の市民を集めた。プレーでも強肩ぶりと闘志あふれるプレーで「フィーバー平山」の愛称で親しまれた[1]。攻守走三拍子揃った選手であった[1]。また1956年1958年にはオールスターゲームにも出場した。1962年から1964年まで選手兼任コーチ、1965年に専任コーチを務めた。

退団後はカリフォルニアに戻り、教職のかたわらカリフォルニア・エンゼルスのスカウトを務め、1975年に旧知の仲でもあった古葉竹識の要請で並行してカープの専属在米スカウトとなった。ゲイル・ホプキンスジム・ライトルヘンリー・ギャレットルイス・ロペスロビンソン・チェコなど、少ない資金で日本の野球にアジャストする優秀な外国人選手を送り込んだ、黄金時代の陰の功労者である。また、上田利治とも個人的な依頼で阪急ブレーブス黄金時代の主軸・ボビー・マルカーノバーニー・ウイリアムスなどを送り込んだ[2][3]。現在もカープの嘱託スカウトを務めている。

人物編集

現役晩年の1964年には、社会人野球琉球煙草に在籍していた安仁屋宗八をスカウトするために沖縄県に他球団のスカウトに先んじて行った。これによりカープに入団することが決定したが、平山がアメリカ国籍のため沖縄(当時アメリカ占領下)への渡航が自由であり、他球団のスカウトがなかなか行けなかったために成功したものである。なお当時の平山はまだ現役の外野手で、本職のスカウトではなかった[4]

が大の苦手で、現役時代には試合中雷が鳴ると身に着けているベルトなどの金属品を外してベンチへ逃げ帰ったという逸話がある。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 広島 117 460 416 46 99 14 3 7 140 42 25 7 7 4 29 0 4 46 3 .238 .294 .337 .631
1956 126 517 462 52 111 18 4 10 167 46 34 19 6 0 46 0 3 70 6 .240 .313 .361 .675
1957 117 502 442 54 98 20 2 11 155 38 33 9 7 1 51 5 1 80 5 .222 .304 .351 .654
1958 123 510 465 44 105 22 7 5 156 25 21 8 13 0 31 3 1 56 4 .226 .276 .335 .611
1959 113 368 318 30 67 16 3 1 92 24 8 9 11 1 38 0 0 70 0 .211 .295 .289 .584
1960 119 402 352 58 74 11 4 7 114 34 18 4 7 3 38 0 2 54 3 .210 .291 .324 .615
1961 118 449 395 61 100 17 3 3 132 23 14 6 6 1 40 1 7 35 7 .253 .333 .334 .667
1962 77 172 151 16 39 5 2 1 51 11 2 4 3 0 17 0 1 34 0 .258 .337 .338 .675
1963 61 92 79 6 14 3 0 0 17 4 3 1 3 1 8 0 1 14 1 .177 .261 .215 .477
1964 25 26 22 1 4 2 1 0 8 4 2 0 1 0 3 0 0 7 0 .182 .280 .364 .644
通算:10年 996 3498 3102 368 711 128 29 45 1032 251 160 67 64 11 301 9 20 466 29 .229 .301 .333 .634
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 3 (1955年 - 1964年)
  • 63 (1965年)

脚注編集

  1. ^ a b ベースボールマガジン、2011年9月号 P99
  2. ^ 「対談 上田利治×佐々木信也 昭和の名将を語る」『草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球、昭和の名将』、ベースボール・マガジン社、2012年、p58
  3. ^ “【追悼・上田利治さん(上)】 常勝・阪急の土台づくりの秘密とは… 監督自ら渡米し選手獲得”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月9日). オリジナルの2017年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170725141911/http://www.sankei.com/premium/news/170709/prm1707090002-n1.html 2017年7月26日閲覧。 
  4. ^ 野球小僧』、白夜書房、2009年2月号、190頁

関連項目編集

外部リンク編集