メインメニューを開く
平山藤次郎

平山 藤次郎(ひらやま とうじろう、1851年嘉永4年8月) - 1910年明治43年)5月11日[1])は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大佐商船学校長。

経歴編集

阿波徳島藩士。江戸三田小山の藩邸に生まれる[2]慶應義塾に学び後に攻玉社に移り[2]1870年(明治3年)海軍兵学寮1期)に入学、1873年(明治6年)頃に卒業して少尉補に任ぜられた[2]

同年より清国航海。1874年(明治7年)少尉に進み筑波に乗船し台湾、清、サンフランシスコ及びハワイ等に就航し、また日本環海を成した[2]西南戦争で功あり、太政官より金五十円を下賜される。その後オーストラリアに赴き帰朝後中尉へと進み、1883年(明治16年)に大尉1885年(明治18年)に少佐1889年(明治22年)大佐へと昇進した[2]。「乾行」乗組兼兵学校勤務の後、摂津艦艦長、「筑波」艦長、「天城」艦長、「葛城」艦長を経て、日清戦争で「八重山」艦長などをつとめる[2]

1895年(明治28年)10月、日本領となった台湾において、抵抗した中国人がイギリス商船「テールス号」に逃げたため、「八重山」がこれを追跡して臨検を行うという事件が起きた。これが公海上で行われたことからイギリスから抗議を受け、外務省は海軍に対して責任者の処罰を要求した。その結果、艦長の平山と上司の常備艦隊司令長官・有地品之允海軍中将予備役に編入することで解決が図られた。

1896年(明治29年)商船学校長。1905年(明治38年)10月19日、後備役となり[3]1909年(明治42年)8月15日に退役した[4]

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注編集

  1. ^ 『官報』第8067号、明治43年5月16日。
  2. ^ a b c d e f 楓仙子「平山藤次郎君」『帝国軍人亀鑑』東雲堂、1895年9月、211-215頁。全国書誌番号:40003115
  3. ^ 『官報』第6694号、明治38年10月20日。
  4. ^ 『官報』第7843号、明治42年8月16日。
  5. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  6. ^ 『官報』第4242号「叙任及辞令」1897年8月21日。
  7. ^ 『官報』第6007号「叙任及辞令」1903年7月11日。
  8. ^ 『官報』第7547号「叙任及辞令」1908年8月21日。
  9. ^ 『官報』第1174号「叙任及辞令」1887年5月31日。
  10. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  11. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  12. ^ 『官報』第7499号「叙任及辞令」1908年6月26日。
  13. ^ 『官報』第3193号「叙任及辞令」1894年2月22日。

参考文献編集