メインメニューを開く

平山諦

日本の数学者、和算史研究家。

平山 諦(ひらやま あきら、1904年8月13日[1] - 1998年6月22日)は、日本の数学者和算史研究家。

目次

来歴編集

千葉県成田生まれ。第二高等学校を経て、1930年東北帝国大学数学科卒業。1950年「和算に関する研究」で東北大学理学博士林鶴一藤原松三郎に師事。中学校教師をへて、1941年東北帝大講師。1968年退任。息子は天文学者平山智啓東京天文台)。

著書編集

  • 『方陣の話』中教出版、1954年 数学教育叢書
  • 『円周率の歴史』中教出版、1955年 数学教育叢書
  • 『東西数学物語』恒星社厚生閣、1956年
  • 関孝和 250年祭記念』恒星社厚生閣、1959年
  • 『和算の歴史 その本質と発展』至文堂、1961年 日本歴史新書 のち ちくま学芸文庫
  • 『学術を中心とした和算史上の人々』富士短期大学出版部、1965年 東西数学シリーズ のち ちくま学芸文庫
  • 『関孝和 その業績と伝記』恒星社厚生閣、1974年
  • 『和算の誕生』恒星社厚生閣、1993年

編纂など編集

  • 『成田山奉納算額』校訂 成田山霊光館資料室 1961年
  • 『会田算左衛門安明』松岡元久共編 富士短期大学出版部、1966年
  • 『安島直円全集』松岡元久共編 富士短期大学出版部、1966年
  • 『関孝和全集』下平和夫広瀬秀雄共編著 大阪教育図書、1974年
  • 方陣の研究』阿部楽方共著 大阪教育図書、1983年

脚注編集

外部リンク編集