平岩弓枝

日本の小説家

平岩 弓枝(ひらいわ ゆみえ、1932年3月15日 - )は、日本小説家脚本家長谷川伸門下。

平岩 弓枝
(ひらいわ ゆみえ)
誕生 (1932-03-15) 1932年3月15日(89歳)
日本の旗 日本東京府東京市渋谷
(現:東京都渋谷区
職業 小説家
脚本家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 時代小説現代小説推理小説
代表作 小説
『鏨師』(1959年)
女の顔』(1969年 - 1970年)
御宿かわせみ』シリーズ(1974年 - 2006年)
『花影の花』(1990年)
『西遊記』(2007年)
ドラマ脚本
ありがとう』シリーズ(1970年 - 1973年)
肝っ玉かあさん』シリーズ(1968年 - 1972年)
女と味噌汁』シリーズ(1965年 - 1980年)
下町の女』シリーズ(1970年 - 1974年)
新・平家物語』(1972年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1959年)
NHK放送文化賞(1979年)
吉川英治文学賞(1991年)
紫綬褒章(1997年)
菊池寛賞(1998年)
文化功労者(2004年)
毎日芸術賞(2008年)
文化勲章(2016年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

『鏨師』で直木賞を受賞後、女の生き方を描いた国際色豊かな家庭物や恋愛物、推理物で人気を集め、他方でテレビドラマの脚本家として多くのヒット作を生み出した。その後時代小説に専念。永く活躍している。代表作に『御宿かわせみ』シリーズ、『はやぶさ新八御用帳』シリーズなどがある。文化功労者文化勲章受章。

人物編集

生い立ち編集

 
幼い頃の平岩(1939年昭和14年)頃)

東京・代々木にある代々木八幡宮宮司の一人娘として生まれた。太平洋戦争末期の1945年昭和20年)、伯母の実家がある福井県に疎開し[1]。そこでは福井高等女学校(現在の福井県立藤島高等学校)に通っていた[1]

戦後、東京に戻った平岩は日本女子大学附属高等学校に通い、そこで友人らと演劇部を結成して『安寿と厨子王』などをもとにした脚本を執筆・上演した[2]。なおその頃の同期には河内桃子などがいた[2]1955年昭和30年)に日本女子大学国文科を卒業した平岩は戸川幸夫に師事、その後長谷川伸主宰の新鷹会に入会。同門の先輩の伊東昌輝と結婚した。伊東は平岩家の婿養子となって平岩昌利を名乗り、代々木八幡宮の宮司を務める。娘の平岩小枝(こずえ)は代々木八幡宮の禰宜を務める。

作家・脚本家編集

1959年昭和34年)、『鏨師』が第41回直木賞を受賞。1974年昭和49年)には『御宿かわせみ』を発表し、その後も同シリーズの作品を次々と発表して30年以上にわたるベストセラーシリーズとした。

それと平行してTBSテレビドラマありがとう』シリーズ、『肝っ玉かあさん』シリーズ、TBS東芝日曜劇場女と味噌汁』シリーズ、『下町の女』シリーズやNHK大河ドラマ『新・平家物語』を始めとするテレビドラマの代表作や演劇の脚本を書くかたわら、小説も次々と発表している。

年表編集

 
週刊文春』 1959年12月14日号文春歌舞伎『京鹿子娘道成寺』の一場面。右から、加藤芳郎、平岩弓枝、小山いと子芝木好子五味康祐平林たい子森田たま
  • 1959年(昭和34年)-『鏨師』で第41回直木賞
  • 1979年(昭和54年)- 第30回NHK放送文化賞
  • 1986年(昭和61年)- 第12回菊田一夫演劇賞大賞
  • 1989年(平成元年)- 第9回日本文芸大賞
  • 1990年(平成2年)-『花影の花』で第25回吉川英治文学賞
  • 1997年(平成9年)- 紫綬褒章
  • 1998年(平成10年)- 第46回菊池寛賞
  • 2008年(平成20年)-『西遊記』で毎日芸術賞。7月日本経済新聞に『私の履歴書』を1か月間にわたり連載。
  • 2010年(平成22年)-1987年から務めていた直木賞の選考委員はこの年で退任している[3]
  • 2015年(平成27年)- 2009年1月(選考が2008年暮れに行われ1月1日に授与される回)(第50回)から務めていた毎日芸術賞の選考委員はこの年1月授与の第56回で退任している
  • 2016年(平成28年)- 文化勲章 [4]
  • 2020年(令和2年)- 2000年第34回から務めていた吉川英治文学賞の選考委員はこの年第54回(受賞作なし)で退任している

著作リスト編集

小説編集

  • 『鏨師』新小説社、1959年 のち文春文庫
  • 『美女誕生』角川書店 1960年
  • その道は行き止り』東京文芸社 1961年 のち「女の足音」中公文庫
  • 『黒い扇』東京文芸社 1961年 のち角川文庫
  • 『アキとマキの愛の交換日記』正続 集英社 1966年-1967年 のち文庫コバルト
  • 『若い真珠』集英社 1966年 のち文庫コバルト、文春文庫
  • 『旅路』第1-3部 東京文芸社 1967年-1968年(NHK朝の連続テレビ小説『旅路』原作)のち角川文庫
  • 『信号は青』集英社(コバルト・ブックス)1967年 のち文庫コバルト
  • 『海とみさきの青春』集英社(コバルト・ブックス)1967年 のち文庫コバルト
  • 『女と味噌汁』現文社(シスター・ブックス)1967年 のち集英社文庫
  • 『赤絵獅子』人物往来社(歴史小説選書)1967年
  • 『華やかな魔獣』集英社(コンパクト・ブックス)1967年 のち文庫
  • 『がんばれ良比古ちゃん』主婦と生活社 1968年
  • 『おんなみち』講談社 1969年 のち文庫
  • 『十二年目の初恋』東京文芸社 1969年
  • 『花房一平捕物夜話』東京文芸社 1969年
  • 『若い海峡』集英社(コバルト・ブックス)1969年 のち文庫コバルト、文春文庫 
  • 女の顔文藝春秋 1970年 のち文庫
  • 日野富子読売新聞社 1971年
  • 『藍の季節』文藝春秋、1971年 のち文庫
  • 『親なし子なし』毎日新聞社 1971年
  • 肝っ玉かあさん』文藝春秋 1971年 のち文庫(テレビドラマ原作)
  • 『かまくら三国志』文藝春秋 1972年 のち文庫
  • 『花嫁の日』講談社 1972年 のち文庫
  • 『下町の女』文藝春秋 1972年 のち文庫
  • 『花のながれ』文藝春秋 1972年 のち文庫
  • 『彩の女』文藝春秋 1973年 のち文庫
  • 『あした天気に』文藝春秋 1973年-1974年 のち文庫
  • 『夜の桜』東京文芸社 1973年
  • 『湯の宿の女』東京文芸社 1974年 のち角川文庫
  • 『女の気持』中央公論社 1974年 のち文庫
  • 御宿かわせみシリーズ
    1. 『御宿かわせみ』毎日新聞社 1974年 のち文春文庫
    2. 『江戸の子守唄』毎日新聞社 1975年 同
    3. 『水郷から来た女』毎日新聞社、1977年 同
    4. 『山茶花は見た』毎日新聞社、1977年 同
    5. 『幽霊殺し』文藝春秋、1982年 のち文庫
    6. 『狐の嫁入り』文藝春秋、1983年 同
    7. 『酸漿は殺しの口笛』文藝春秋、1986年 同
    8. 『白萩屋敷の月』文藝春秋、1986年 同
    9. 『一両二分の女』文藝春秋、1987年 同
    10. 『閻魔まいり』文藝春秋、1988年 同
    11. 『二十六夜待の殺人』文藝春秋、1988年 同
    12. 『夜鴉おきん』文藝春秋、1989年 同
    13. 『鬼の面』文藝春秋、1989年 同
    14. 『神かくし』文藝春秋、1990年 同
    15. 『恋文心中』文藝春秋、1990年 同
    16. 『八丁堀の湯屋』文藝春秋、1991年 同
    17. 『雨月』文藝春秋、1992年 同
    18. 『秘曲』文藝春秋、1993年 同
    19. 『かくれんぼ』文藝春秋、1994年 同
    20. 『お吉の茶碗』文藝春秋、1995年 同
    21. 『犬張子の謎』文藝春秋、1996年 同
    22. 『清姫おりょう』文藝春秋、1996年 同
    23. 『源太郎の初恋』文藝春秋、1997年 同
    24. 『春の高瀬舟』文藝春秋、1998年 同
    25. 『宝船まつり』文藝春秋、1999年 同
    26. 『長助の女房』文藝春秋、1999年 同
    27. 『横浜慕情』文藝春秋、2000年 同
    28. 『佐助の牡丹』文藝春秋、2001年 同
    29. 『初春弁財船』文藝春秋、2001年 同
    30. 『鬼女の花摘み』文藝春秋、2002年 同
    31. 『江戸の精霊流し』文藝春秋、2003年 同
    32. 『十三歳の仲人』文藝春秋、2004年 同
    33. 『小判商人』文藝春秋、2005年 同
    34. 『浮かれ黄蝶』文藝春秋、2006年 同
    35. 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2008年 同
    36. 『華族夫人の忘れもの 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2008年 同
    37. 『花世の立春 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2010年 同
    38. 『蘭陵王の恋 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2013年 同
    39. 『千春の婚礼 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2015年 同
    40. 『お伊勢まいり 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2016年 同
    41. 『青い服の女 新・御宿かわせみ』文藝春秋 2017年 同
  • 『へんこつ』文藝春秋 1975年 のち文庫(曲亭馬琴が主役)
  • 『この町の人』文藝春秋 1975年 のち集英社文庫(テレビドラマ原作)
  • 『女の四季』東京文芸社 1975年 のち角川文庫
  • 『花天女』中央公論社 1975年 のち文庫
  • 『ハサウェイ殺人事件』東京文芸社 1975年 のち集英社文庫(短編集)
  • 『密通』東京文芸社 1975年 のち角川文庫
  • 『女ぶり』文芸社 1976年
  • 『女の旅』文藝春秋 1976年 のち文庫
  • 『結婚のとき』講談社 1976年 のち文庫
  • 『絵島の恋』東京文芸社 1977年
  • 『女の河』文藝春秋 1977年(テレビドラマ原作)新装版 上下 2013年
  • 『小さくとも命の花は』文藝春秋 1977年 のち文庫
  • 『やきもの師』東京文芸社 1977年 のち集英社文庫
  • 『五月の女』文藝春秋 1977年 のち文庫
  • 『女の家庭』主婦の友社 1978年 のち文春文庫
  • 『風子(ふうこ)』新潮社 1978年 のち文庫(テレビドラマ原作)
  • 『結婚の四季』講談社 1978年 のち文庫
  • 『火の航跡』朝日新聞社 1978年 のち文春文庫
  • 『日蔭の女』文藝春秋 1978年 のち文庫
  • 『呪いの家 花房一平シリーズ』東京文芸社 1978年 「釣女」「女櫛」集英社文庫
  • 『女の幸福』文藝春秋 1978年 のち文庫
  • 『日本のおんな』新潮社 1979年 のち文庫
  • 『午後の恋人』文藝春秋 1979年 のち文庫
  • 『わたしは椿姫』講談社 1979年 のち文庫(短編集)
  • 『他人の花は赤い』文藝春秋 1979年 のち文庫
  • 『女のそろばん』読売新聞社 1979年 のち集英社文庫
  • 『風の墓標』新潮社 1979年 のち文庫
  • 『江戸の娘』東京文芸社 1979年 のち角川文庫
  • 『女たちの家』文藝春秋 1980年 のち文庫
  • 『女たちの海峡』文藝春秋 1981年 のち文庫
  • 『天の花地の星 日本のおんな』新潮社 1981年 のち文庫
  • 『花の影』文藝春秋 1981年 のち文庫
  • 『花祭』講談社 1981年 のち文庫
  • 『結婚飛行』集英社 1981年 のち文庫
  • 『色のない地図』文藝春秋 1981年 のち文庫
  • 『風祭』角川書店 1983年 のち文庫
  • 『花ホテル』新潮社 1983年 のち文庫
  • 『湖水祭』サンケイ出版 1983年 のち文春文庫
  • 『橋の上の霜』新潮社 1984年 のち文庫
  • 『祝婚歌』文藝春秋 1985年 のち文庫
  • 『青の伝説』講談社 1985年 のち文庫
  • 『白い序章』中央公論社 1985年 のち文庫
  • 『青の回帰』講談社 1985年 のち文庫
  • 『女の暦』東京文芸社 1986
  • 『紅梅館おとせ』東京文芸社 1986年
  • 『青の背信』講談社 1986年 のち文庫
  • 『葡萄街道の殺人』角川書店 1986年 のち文庫
  • 『三味線お千代』東京文芸社 1986年
  • 『ありがとう』東京文芸社 1986年
  • 『青い華火』東京文芸社 1987年
  • 『ちっちゃなかみさん』角川文庫 1987年
  • 『秋色』文藝春秋 1987年 のち文庫
  • 『ふたりで探偵』新潮社 1987年 のち文庫
  • 『平岩弓枝自選長篇全集』全15巻 文藝春秋 1987年-1989年
  • 『パナマ運河の殺人』角川書店 1988年 のち文庫
  • 『春の砂漠』文藝春秋 1988年 のち文庫
  • 『火宅の女-春日局』角川書店 1988年 のち文庫
  • 『芸能社会』読売新聞社 1989年 のち文春文庫
  • はやぶさ新八シリーズ
    • はやぶさ新八御用帳』講談社、のち文庫
      1. 『大奥の恋人』1989年
      2. 『江戸の海賊』1989年
      3. 『又右衛門の女房』1991年
      4. 『鬼勘の娘』1992年
      5. 『御守殿おたき』1993年
      6. 『春月の雛』1994年
      7. 『寒椿の寺』1996年
      8. 『春怨根津権現』1997年
      9. 『王子稲荷の女』1998年
      10. 『幽霊屋敷の女』1999年
    • 『はやぶさ新八御用旅』講談社、のち文庫
      1. 『東海道五十三次』2001年
      2. 『中仙道六十九次』2002年
      3. 『日光例幣使道の殺人』2004年
      4. 『北前船の事件』2006年
  • 『犬のいる窓』毎日新聞社 1990年 のち文春文庫
  • 千姫様』角川書店 1990年 のち文庫
  • 『花影の花 大石内蔵助の妻』新潮社 1990年 のち文庫
  • 『嵯峨御絵巻』角川書店 1992年
  • 『絹の道』文藝春秋 1993年 のち文庫
  • 『お夏清十郎』新潮社 1993年 のち文庫
  • 『五人女捕物くらべ』講談社 1994年 のち文庫
  • 『セイロン亭の謎』中央公論社 1994年 のち新潮文庫
  • 『水鳥の関』文藝春秋、1996年 のち文庫
  • 『風よヴェトナム』新潮社 1998年 のち文庫
  • 『幸福の船』新潮社 1998年 のち文庫
  • 『妖怪』文藝春秋 1999年 「鳥居耀蔵」文庫
  • 『平安妖異伝』新潮社 2000年 のち文庫
  • 『獅子の座 足利義満伝』中央公論新社 2000年 のち文春文庫
  • 『魚の棲む城』新潮社 2002年 のち文庫
  • 『うらしま 復刊』 (復刊・日本の名作絵本)新井勝利 絵、岩崎書店 2002年
  • 『道長の冒険 平安妖異伝』新潮社 2004年 のち文庫
  • 『聖徳太子の密使』新潮社 2009年 のち文庫 
  • 『ベトナムの桜』毎日新聞出版 2015年

映画脚本編集

  • 青幻記 遠い日の母は美しく』1973年(成島東一郎、伊東昌輝との共同脚本)

主なドラマ脚本編集

随筆編集

  • 『お宮のゆみちゃん』現文社 1967年 のち文春文庫、中公文庫
  • 『旅路の旅』朝日ソノラマ 1969年 のち中公文庫
  • 『女らしいということ 心を奪う魅力と知恵』大和書房 1970年 のち文庫
  • 『愛するひとができたら 妻となる日の心得』大和書房 1971年
  • 『女らしさの知恵 “ごめんなさい”と素直に言える心』祥伝社(ノン・ブック)1977年「女らしいということ」大和文庫
  • 『わたしの万葉集』大和書房 1986年 のち新潮文庫
  • 『水曜日のひとりごと』毎日新聞社 1987年 のち文春文庫
  • 『女性のための外国旅行』ミリオン書房 1990年
  • 『窓のむこうに』広済堂出版 1995年 のち新潮文庫
  • 『極楽とんぼの飛んだ道 私の半生、私の小説』講談社 1999年 のち文庫
  • 『ものは言いよう』講談社 2000年 のち文庫
  • 『老いること暮らすこと』講談社 2003年 のち文庫
  • 『なかなかいい生き方』講談社 2007年 のち文庫 
  • 『私の履歴書』日本経済新聞出版社 2008年
  • 『東京暮らし江戸暮らし』講談社 2012年
  • 『噓かまことか』文藝春秋 2021年

共著編編集

  • 『花平家物語』相馬大共著 光村推古書院 1981年
  • 『隣の花はなぜ赤い』伊東昌輝共著 学習研究社 1979年 「茶の間の人間学」ケイブンシャ文庫
  • 『伴侶の死』(編)文藝春秋 2001年 のち文庫
  • 『「御宿かわせみ」読本』(編)文春文庫 2003年
  • 『「京味」の十二か月』西健一郎共著 文藝春秋 2009年

現代語訳・再話編集

 
曲亭馬琴 著(1807 - 1811年刊)『椿説弓張月』平岩弓枝 学研〈現代語訳 日本の古典20〉1981年4月20日島烏を射抜く舜天丸。
  • 椿説弓張月』(曲亭馬琴原作)学習研究社(日本の古典ノベルス)1982年 のち文庫
  • 南総里見八犬伝』(曲亭馬琴原作)中央公論社 1993年 のち文庫
  • 『太平記』(少年少女古典文学館 第14巻)講談社 1994年
  • 西遊記』(呉承恩原作)毎日新聞社 2007年 のち文春文庫 
  • 『椿説弓張月 私家本』新潮社 2014年 のち文庫

作詞編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 読売新聞2010年12月16日付朝刊、13版、11面
  2. ^ a b 読売新聞2010年12月18日付朝刊、13版、14面
  3. ^ 平岩・五木両氏、直木賞の選考委員を退任”. 日本経済新聞 (2010年3月15日). 2021年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月13日閲覧。
  4. ^ “文化勲章に6人決まる 大隅良典氏や草間彌生氏ら”. 朝日新聞. (2016年10月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJBT543RJBTUCVL01D.html 2016年10月28日閲覧。