メインメニューを開く
画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2014年10月

平島公園野球場(ひらしまこうえんやきゅうじょう)は、愛知県一宮市にある野球場。施設は一宮市が所有、管理している。通称 一宮市営球場

平島公園野球場
Hirashima Park Baseball Playing Grounds
施設データ
所在地 愛知県一宮市羽衣2-5-3
座標 北緯35度18分19.65秒 東経136度48分46.64秒 / 北緯35.3054583度 東経136.8129556度 / 35.3054583; 136.8129556座標: 北緯35度18分19.65秒 東経136度48分46.64秒 / 北緯35.3054583度 東経136.8129556度 / 35.3054583; 136.8129556
開場 1950年[1]
所有者 一宮市
管理・運用者 一宮市(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:4基
使用チーム • 開催試合
愛知ディオーネ(2018年 - )
収容能力
3200人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,474m2
両翼:91.4 m
中堅:118 m
フェンス m

概要・歴史編集

1950年開場[1]。同年以来高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている。内野スタンドはベンチ席がある。隣接する一宮競輪場の敷地がライトスタンドまで入り込んでおり、ライトポールも接近しそうなくらいの状況であることから、外野はレフト側にほんの少しある程度となっている。

1998年に3色LED式電光表示のスコアボード(東芝ライテック製)を導入。

規模の関係上プロ野球は開催されないが、過去に中日ドラゴンズがオープン戦で利用した実績がある。また、2017年2月25日に女子プロ野球リーグがウインターカップを開催し、同年4月と6月にはヴィクトリアシリーズ(公式戦・いずれも兵庫ディオーネのホーム球場扱い)が計4試合開催された。2018年からは前年に当球場で試合を行った兵庫ディオーネが本拠地を一宮市に移転し「愛知ディオーネ」となり、当球場がホーム球場のひとつとして利用されることになった。

施設概要編集

  • グラウンド面積:13,474m2
  • 両翼:91.4m、中堅:118m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • 照明設備:照明塔4基
  • スコアボード:LED方式(現在攻撃中の選手を示す表示(赤色信号灯やネオン管、LEDなどを使用)が設けられていないため、守備番号の表示部を全面点灯にすることで識別している。そのため当該選手の攻撃中だけはピンク色の■の表示となり、守備番号が見えなくなっている。)
  • 収容人員:3200人

交通編集

  • i-バス一宮コース平島公園野球場より徒歩約3分

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集