メインメニューを開く

平川市立葛川小中学校(ひらかわしりつ くずかわしょうちゅうがっこう)は、青森県平川市葛川にあった、小中学校併設校である。

平川市立葛川小学校
過去の名称 竹館村立葛川尋常小学校
竹館村立葛川尋常高等小学校
葛川国民学校
竹館村立葛川小学校
平賀町立葛川小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 平川市
併合学校 大木平小学校善光寺平分校
大木平小学校
設立年月日 1900年11月15日
共学・別学 男女共学
分校 大木平分校(1951年1955年
学期 3学期制
所在地 036-0172
青森県平川市葛川字家岸13

北緯40度31分19.5秒 東経140度43分34.1秒 / 北緯40.522083度 東経140.726139度 / 40.522083; 140.726139座標: 北緯40度31分19.5秒 東経140度43分34.1秒 / 北緯40.522083度 東経140.726139度 / 40.522083; 140.726139
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
平川市立葛川中学校
過去の名称 竹館村立葛川中学校
平賀町立葛川中学校
国公私立 公立学校
設置者 平川市
併合学校 大木平中学校善光寺平分校
大木平中学校
設立年月日 1947年4月1日
共学・別学 男女共学
分校 大木平分校(1951年〜1955年)
学期 3学期制
所在地 036-0172
青森県平川市葛川字家岸13

北緯40度31分19.5秒 東経140度43分34.1秒 / 北緯40.522083度 東経140.726139度 / 40.522083; 140.726139
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

平川市の東部、葛川地区にあり、周辺は抑制栽培による高原野菜の栽培が盛んである。山麓地帯にあるため、平川市内の小学校・中学校では最小の規模であり、へき地教育も行われている。全校生徒は13人(小学校5人[1]、中学校8人[2]2011年現在)。

児童数(小学校)編集

Gaccom - 平川市立葛川小学校の記載より(2011年現在)。

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 特別支援 合計
学級 1 0 1(複式) 0 1(複式) 0 0 2(複式1)
児童 3 0 1 0 1 0 0 5

生徒数(中学校)編集

Gaccom - 平川市立葛川中学校の記載より(2011年現在)。

学年 1年 2年 3年 特別支援 合計
学級 1(複式) 1(複式) 1 1 3(複式1)
児童 3 1 3 1 8

沿革編集

小学校(〜1947年まで)編集

中学校編集

  • 1947年(昭和22年) - 葛川中学校を創立する[3]

小中学校編集

  • 1951年(昭和26年) - 大木平分校を設置する。
  • 1955年(昭和30年) - 町村合併により、竹館村立葛川小中学校から平賀町立葛川小中学校となる。
  • 1955年(昭和30年) - 大木平分校が独立。葛川小中学校から分離する形で大木平小中学校を創立する。
  • 1956年(昭和31年) - 大木平小中学校善光寺平分校を設置する。
  • 1973年(昭和48年) - 大木平小中学校善光寺平分校を廃止。葛川小中学校に統合する。
  • 1975年(昭和50年) - 大木平小中学校を統合する。
  • 2006年平成18年) - 町村合併により、平川市立葛川小中学校となる。
  • 2014年(平成26年) - 葛川小が平川市立金田小学校に、葛川中が平川市立尾上中学校にそれぞれ統合され廃校[4]

学区編集

切明、葛川、平六、温川、井戸沢、大木平、一本木[1]

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集