平 常兼(たいら の つねかね)は、平安時代中期の武士千葉氏初代当主。

 
平常兼
時代 平安時代中期
生誕 寛徳2年8月15日1045年9月28日
死没 大治元年3月10日1126年4月4日
別名 恒兼、経兼、千葉大介
官位 下総権介上総権介
氏族 房総平氏千葉氏
父母 父:平常長
兄弟 佐賀常家常兼鴨根常房
原頼常相馬常晴村澤常義
安西常遠大須賀常継
次浦常盛埴生常門
鳥海忠衡
海上常衡白井常親常重
常実臼井常康逸見常広
匝瑳常綱
テンプレートを表示

略歴編集

平常長の子。下総国千葉郷に因んで千葉大介と号したとされ、これが千葉氏の始まりである。 後三年の役に父・常長と共に従事して功を立てたとされる。妻で常重の母である鳥海忠衡の娘は、この戦いの過程で結婚した可能性が高い(鳥海忠衡の出自は不明だが、姓名からすると海道平氏の者だと考えられる。清原成衡の実父とされる平忠衡のことか)。

千葉の姓は三男・常重が継承するが、常重は常兼の弟である上総介常晴の養子となって房総平氏惣領の座も得る。これが一族内での抗争の原因となる。

外部リンク編集