メインメニューを開く

平 常将(たいら の つねまさ)は、平安時代中期から後期にかけての武士平忠常の子。恒将経将常昌とも。

 
平常将
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛弘7年9月15日1010年10月24日
死没 承保3年6月3日1076年7月6日
別名 恒将、経将、常昌、千葉介
氏族 房総平氏
父母 父:平忠常、母:平公雅
兄弟 忠将常将常近常遠胤宗忠高
秩父国造娘?
常長常直

略歴編集

父・忠常は長元元年(1028年)以来、朝廷に反旗を翻していたが(平忠常の乱)、同4年(1031年)に降伏した。常将は弟の常親と共に父・忠常の平安京への連行に従事した。忠常は美濃国で病没し、首は京で晒されたが、常将・常親は罪を許された。

下総国に帰還した常将は千葉介と号したと言う。そのため、千葉氏の系図では常将を初代当主と見做すことが多い(『千葉大系図』)。

伝説に拠れば、常将は天女を妻とし、常長を儲けたとされる。この天女が何を意味するのか不明である。

関連項目編集

外部リンク編集