メインメニューを開く

平 忠常(たいら の ただつね)は、平安時代中期の武将豪族陸奥介平忠頼の子。房総平氏の祖。父方の従父でもあり、同時に母方の祖父は平将門

 
平忠常
時代 平安時代中期
生誕 康保4年(967年)?または天延3年9月13日975年10月19日)?
死没 長元4年6月6日1031年6月28日
改名 忠常→常安(法名)
別名 忠恒、忠経、千葉小次郎?
官位 従五位下上総介武蔵国押領使
氏族 桓武平氏房総平氏
父母 父:平忠頼、母:平将門次女・春姫
兄弟 忠常将恒頼尊
正室:平公雅
忠将常将常近常遠胤宗忠高

生涯編集

祖父の平良文武蔵国村岡に土着して村岡五郎と称して、下総国相馬郡の大半を所領とした。父の忠頼も関東で有力な武士として名を馳せた。忠常は祖父と父の地盤を引き継ぎ、常陸国上総国、下総に広大な所領を有し、上総介(『日本紀略』による。『応徳元年皇代記』には下総権介)、武蔵押領使に任官されている(これらの官に任官はされず自称という説もある)。諸系図では下総千葉郡にて千葉小次郎と称したというが、不明である。京に上り藤原教通藤原道長の次男)に仕えていた形跡がある。忠常は強大な武力を背景に傍若無人に振る舞い、国司の命に従わず租税も納めなかったとされる。

長和5年(1016年)以前から忠常は常陸の左衛門大夫惟基(平維幹?)と利権をめぐって抗争しており、忠常は惟基のことを「惟基ハ先祖ノ敵也」と述べている(『今昔物語集』)。

長元元年(1028年)6月、忠常は安房国の国府を襲い、安房守・平維忠を焼き殺す事件を起こした。原因は不明だが受領との対立が高じたものと思われる。朝廷は忠常追討を命じ、追討使平直方が派遣された。官軍を相手に忠常は頑強に抵抗した。乱は房総三カ国に広まり、合戦の被害と官軍による強引な徴発により大いに疲弊した(平忠常の乱)。

長元3年(1030年)9月、平直方が解任され、甲斐守源頼信が追討使に任じられた。長期にわたる合戦で忠常の軍は疲弊しきっており、長元4年(1031年)春に忠常は出家して常安と称し、子2人と従者をつれて頼信のもとへ出頭して降伏した。平直方の征伐にも屈しなかった忠常が、頼信の出陣によりあっけなく降伏したのは、忠常が頼信の家人であった(『今昔物語集』)ためであるともいわれている。

同年6月、へ連行される途上の美濃国野上で病没した。忠常の首は刎ねられ、京で梟首とされたが、後に首は親族へ返されている。子の常将常近も罪を許された。

忠常の子孫は房総半島の有力武士として残り、後に鎌倉幕府御家人となる上総氏千葉氏が出た。

平忠常が登場する作品編集

関連項目編集