平成不況(へいせいふきょう)とは、日本においてバブル景気後に訪れた平成時代大不況の通称のことである[1]

概要編集

内閣府景気基準日付では、

  1. 1991年平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの32か月間(第11循環後退期)
  2. 1997年(平成9年)6月から1999年(平成11年)1月までの20か月間(第12循環後退期)
  3. 2000年(平成12年)12月から2002年(平成14年)1月までの14か月間(第13循環後退期)

が景気後退期とされている[2]

それぞれ、

  1. 第1次平成不況(バブル崩壊、複合不況)
  2. 第2次平成不況(金融危機、日本列島総不況、アジア通貨危機
  3. 第3次平成不況(ITバブル崩壊、デフレ不況)

などと呼ばれる[3]

単に「平成不況」と言う場合、狭義では第1次平成不況を指すが、広義では、第1次 - 第3次平成不況期間を含む、1990年代初頭 - 2000年代初頭の経済低迷期間、すなわち失われた10年のことを指す。その後は「いざなみ景気」があるが経済成長率が低く、リーマンショックで終了する(失われた20年)。その後も東日本大震災で、日本経済に打撃をうけることになる。アベノミクスで少しは持ち直すが、経済成長率は低いままであり、コロナショックで終了する。それらを合わせて失われた30年と呼ばれることがあり、この間で日本経済が衰退してしまった。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集