平成元年台風第17号

平成元年台風第17号(へいせいがんねんたいふうだい17ごう、国際名:ロジャー/Roger)は、1989年8月に日本に上陸した台風である。

台風第17号(ロジャー、Roger)
トロピカル・ストームSSHWS
台風17号
台風17号
発生期間 1989年8月25日6時(UTC)- 8月28日12時(UTC)
寿命 78時間
最低気圧 975 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55 knot
移動距離 2,945 km
上陸地点 高知県室戸市付近
死傷者数 死者・行方不明者6人 負傷者9人
被害地域 日本の旗 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

1989年8月25日に沖縄の近海で発生した台風17号は北東進し、27日9時頃に高知県室戸市付近に上陸して、四国東岸を通過した[1][2][3]。 17号はその後も北東に進み続け、同日15時頃に大阪府大阪市付近に再上陸し、近畿北陸地方西部を経て日本海へ進んだ後、28日5時頃には秋田県青森県境付近に、同日8時頃には北海道函館市付近に、14時頃には北海道苫小牧市付近にそれぞれ再上陸した[2]。その後は北海道中央部を経て28日21時に、オホーツク海温帯低気圧に変わった[2]

台風が通過した地域を中心に強い風が吹き、高知県室戸岬では27日に最大風速33.5m/s(最大瞬間風速43.9m/s)を観測。同日、高知県佐喜浜では7.13mの有義波高を記録した[2]。さらに期間降水量は、奈良県上北山村の日出岳で505 mm、高知県窪川町で464 mmに達するなど、沖縄から北海道にかけての太平洋側を中心に、広範囲で大雨となった[2]

被害編集

この台風により、6人の死者・行方不明者が出たほか、9人が負傷し、住家全壊2棟、床上浸水627棟、床下浸水4,928棟の被害が確認されている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集