平成10年9月豪雨(へいせい10ねん9がつごうう)[1][2]は、1998年9月23日から9月25日にかけて発生した豪雨高知県で記録的な大雨となり、特に高知では1時間に129.5mmの猛烈な雨が降った。

概要編集

23日から24日にかけて前線が四国の南海上から瀬戸内付近に北上し、25日朝まで停滞した。この前線に向かって高気圧の縁を回る暖湿気流が流れ込んだため、高知市及びその周辺で24日を中心に長時間にわたって激しい雨が降り続いた。1時間降水量は須崎(高知県須崎市)で126mm、後免(高知県南国市)で119mm、高知で129.5mmなど猛烈な雨を伴い、24日の日降水量は繁藤(高知県土佐山田町)で735mm(期間降水量995mm)、高知で628.5mm(同874mm)など記録的な大雨となった[3]

被害編集

  • 死者9名、負傷者14名
  • 住家全壊31棟、半壊33棟
  • 床上浸水8,631棟、床下浸水11,122棟など

脚注編集

  1. ^ 平成10年9月における集中豪雨に係る伊野町農林業災害対策特別資金利子補給金交付要綱”. www2.town.ino.kochi.jp. 2021年2月20日閲覧。
  2. ^ 高知県の洪水・土砂災害”. 2021年2月20日閲覧。
  3. ^ 前線 平成10年(1998年) 9月23日~9月25日”. www.data.jma.go.jp. 2021年2月20日閲覧。