平成11年台風第18号

平成11年台風第18号(へいせい11ねんたいふうだい18ごう、国際名:バート〔Bart〕)は、1999年(平成11年)9月24日に熊本県北部に上陸し、強風高潮による大きな被害を出した台風である。特に熊本県宇城市(旧・不知火町)では高潮により甚大な被害が発生した。また、この台風は1942年周防灘台風と進路などが類似していたという指摘もある[1]

台風第18号(Bart、バート)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第18号
台風第18号
発生期間 1999年9月19日 9:00
9月25日 12:00
寿命 6日3時間
最低気圧 930 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
45 m/s (90 knot)
最大風速
米海軍解析)
140 knot
被害総額 1,631億円
死傷者数 31人(負傷者1,211人)
被害地域 日本の旗 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

   
進路図

9月19日沖縄県の南東海上(北緯22.1度・東経128.2度)で発生した台風18号(中心気圧992 hPa)は、北西進しながら急速に発達して、9月22日には沖縄県近海で中心気圧930hPa、最大風速45m/sの非常に強い勢力となった。非常に強い勢力で台風が接近した沖縄県の那覇市では最大瞬間風速58.9m/s、最大風速35.2m/sを観測した。その日の気象情報では、1991年の台風19号並の勢力で九州北部に接近又は上陸する可能性が濃厚となっていた。その後勢力をやや弱めたものの、中心気圧950hPa、最大風速40m/sの強い勢力を保って9月24日6時ごろ熊本県北部に上陸、大分県を縦断した後、中津市付近から周防灘へと進み、最初の上陸からわずか3時間後には対岸の山口県宇部市付近に再上陸し、速い速度で山陰沖の日本海に抜けた。25日2時頃に北海道渡島半島に再上陸した後、12時頃に網走沖で温帯低気圧に変わった。

台風の勢力が強かったのと、満潮のタイミングが重なり熊本県宇土郡不知火町(当時。現在は宇城市不知火町)では高潮により12名もの犠牲者を出した。この高潮は、波ではなく海水面そのものが押し寄せ、津波と似た特性であった。愛知県豊橋市豊川市などでは4個の竜巻が発生。そのうち最大のものは、豊橋市に発生したF3クラスの竜巻[2]で、同市の市街地を通過し、市内の小中学校などをも巻き込む最悪のコースを取った。幸いにも死者は出なかったが、割れたガラス等で400人を超す負傷者を出し、多くの家屋が被害を受けるなど、物的被害も甚大であった。さらには山口宇部空港が完全に冠水し、数ヶ月に渡って機能が麻痺するという被害も出た。(ただし4日後には有視界飛行での運航が再開。[3]

台風の速度が速かったため、危険半円では強烈な暴風が吹き荒れ、熊本県牛深市で最大瞬間風速66.2m/s、非公式の記録としては、鹿児島県下甑島の鹿島村役場(当時。現在は薩摩川内市)で最大瞬間風速83.9m/sを観測した[4]。 その後も台風は速い速度で日本海を北上し、翌25日2時には北海道渡島半島に再々上陸、12時に温帯低気圧に変わった。この時、日本海側では台風に向かって南風が吹き込むフェーン現象の影響で、新潟市金沢市では最高気温が30度を上回り、真夏並みの暑さとなった。この台風に進路・勢力が類似していた台風としては、周防灘台風のほか、平成3年台風第19号平成16年台風第18号などを挙げることができる。

被害編集

  • 死者:30名
  • 負傷者:1143名 
  • 住家全壊:332棟
  • 住家半壊:3,023棟
  • 一部損壊:85,989棟
  • 床上浸水:5,366棟
  • 床下浸水:12,635棟
  • 被害総額:1,631億円[5]
負傷者が多い台風(日本)
順位 名称 国際名 負傷者数
1 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 38,921
2 第2室戸台風(昭和29年台風第15号) Nancy 1961年 4,972
3 ルース台風(昭和26年台風第15号) Ruth 1951年 2,644
4 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 2,559
5 洞爺丸台風(昭和29年台風第15号) Marie 1954年 1,601
6 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 1,528
7 平成3年台風第19号 Mireille 1991年  1,499
8 平成16年台風第18号 Songda 2004年  1,364
9 狩野川台風(昭和33年台風第22号) Ida 1965年  1,138
10 平成11年台風第18号 Bart 1999年 1,077
(参考) 枕崎台風(昭和20年台風第16号) Ida 1945年 2,452
(参考) 室戸台風 1934年 14,994
被害額が多い台風(日本)
順位 名称 国際名 被害額
1 昭和57年台風第10号 Bess 1982年 5,916億円
2 平成3年台風第19号 Mireille 1991年 5,735億円
3 昭和56年台風第15号 Thad 1981年 2,272億円
4 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 2,080億円
5 平成5年台風第13号 Yancy 1993年 1,755億円
6 平成11年台風第18号 Bart 1999年 1,631億円
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 1,322億円
8 昭和60年台風第6号 Irma 1985年 1,303億円
9 平成16年台風第18号 Songda 2004年 1,262億円
10 昭和57年台風第18号 Judy 1982年 1,258億円

記録編集

  • 最大瞬間風速: 66.2m/s(牛深)
  • 最大風速:35.2m/s(那覇)
  • 最低海面気圧:943.9hPa(牛深)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊勢湾台風以来の高潮被害となった17年前の八代海等の高潮とその後の対策(饒村曜) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ 平成11(1999)年9月24日 豊橋市で発生した竜巻 - 名古屋地方気象台
  3. ^ 検証 1999年の災害 台風18号 - 国土交通省
  4. ^ 台風9918号(DPRI Newsletter No.15) - 京都大学防災研究所
  5. ^ デジタル台風:台風199918号 (BART) - 災害情報”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集