メインメニューを開く

平成16年台風第16号(へいせい16ねんたいふうだい16ごう、アジア名:チャバ〔Chaba、命名国:タイ、意味:ハイビスカス〕)は、2004年(平成16年)8月に発生し、日本各地、特に瀬戸内海を中心に大規模な高潮被害をもたらした台風である。後に、激甚災害に指定された。

台風第16号(Chaba、チャバ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
最盛期の台風第16号(8月23日)
最盛期の台風第16号(8月23日)
発生期間 2004年8月19日 21:00
8月31日 15:00
寿命 11日18時間
最低気圧 910 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55 m/s (110 knot)
最大風速
米海軍解析)
155 knot
被害総額
死傷者数 死者14名、行方不明者3名、負傷者269名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

  • 8月19日21時に、マーシャル諸島近海にあった熱帯低気圧が台風第16号になった。緩やかに発達しながら西へ進む。
  • 8月23日には、最盛期910hPa、110knot(55m/s)になった。また、強風域も広かった。サイパンでは、最大風速65m/s、最大瞬間風速75m/sを観測。
  • 30日10時には、鹿児島県串木野市(現在のいちき串木野市)付近に強い勢力のまま上陸。上陸時の中心気圧は950hPaであった。その後九州を縦断する。
  • 30日17時半頃に、山口県防府市付近に再上陸した台風第16号は、次第に衰弱しながら速度を上げる。
  • 31日12時過ぎ、北海道函館市付近に再上陸した。
  • 31日15時には、北海道東部で温帯低気圧に変わった。

被害・記録編集

 
潮位を示すラインが被害の
大きさを物語る(高松市
 
8月31日朝の琴電沖松島駅状況(高松市福岡町)
被害
  • 死者: 14 名
  • 行方不明者: 3 名
  • 負傷者: 269 名 
  • 住家全壊: 30 棟
  • 住家半壊: 92 棟
  • 床上浸水: 16,840 棟
  • 床下浸水: 29,785 棟
記録
  • 最大瞬間風速: 58.3m/s(室戸岬)
  • 最大風速:46.8m/s(室戸岬)
  • 最低海面気圧:953.7hPa(枕崎)

27日から31日にかけての期間降水量

  • 西日本の太平洋側で500mm超
高潮の記録
高松市内の被害については高松市の歴史#台風16号 (2004年)を参照
  • 8月30日夜には、台風接近と大潮期間の満潮とが重なったために、高松港、宇野港などで観測開始以来最も高い潮位を観測
  • 岡山県玉野市では消防署、市役所、警察署が高潮で水没するなど甚大な被害をうける

 両備バスでは、玉野営業所が冠水し、同営業所所属の47台全車が被災。

解説編集

この台風第16号は、2004年の台風では最も強く、最盛期には中心気圧910hPa、最大風速55m/sの猛烈な勢力だった。また、強風域や暴風域も広く、台風の中心から離れたところでも強い風が吹いた。さらに、気圧の低下や強い風の吹きつけ、そして大潮期間の満潮が大規模な高潮被害をもたらしたと考えられる。全国の死者は14名、行方不明者3名、負傷者269名と人的被害も大きかった。さらに、この台風の後の台風第18号により、復興作業中の九州地方や中国・四国地方でさらに被害が広まった。

外部リンク編集