平成17年台風第14号

平成17年台風第14号(へいせい17ねんたいふうだい14ごう、アジア名:Nabi[注 1])は、2005年(平成17年)8月に発生し、日本に大きな被害を与えた台風である。広い暴風域を維持したままゆっくりとした速度で進んだため、各地に甚大な被害をもたらし、後に激甚災害に指定された。

台風第14号(Nabi、ナービー)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
衛星画像(9月2日)
衛星画像(9月2日)
発生期間 2005年8月29日 21:00
9月8日 15:00
寿命 9日18時間
最低気圧 925 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50 m/s (95 knot)
最大風速
米海軍解析)
140 knot
被害総額

農林水産被害 695億円

保険金支払額 826.7億円
死傷者数 死者28人・行方不明者1人・負傷者177人
被害地域 マリアナ諸島日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

2005年8月29日21時に、マリアナ諸島付近で台風14号が発生し、アジア名「ナービー(Nabi)」と命名された。命名国は韓国で、朝鮮語で「チョウ(나비)」を意味する。台風は西進しながら大型で非常に強い勢力にまで発達し、沖ノ鳥島から日本の南を北北西に進んだ。 9月4日には、大東島地方奄美地方などが風速25メートル以上の暴風雨域に入った。5日には首相官邸危機管理センターに連絡室が設置された。その後台風は進路を次第に北寄りに変えて九州の南海上に接近し、広い暴風域を維持したまま九州地方の西岸に沿って北上して、6日13時頃熊本県天草下島を通過し、14時過ぎに長崎県諫早市付近に上陸。 九州北部を通過し、6日夜には福岡県岡垣町付近か山陰沖に抜け、速度を速めて日本海を北東進した後に、7日夜に北海道檜山支庁せたな町に再上陸した。そして北海道北部を通過し、8日朝にオホーツク海へと抜けた[1]

 
国際宇宙ステーションから見た台風14号

この台風は、大東島地方に接近してから山陰沖へと抜けるまで、広い暴風域を維持したまま比較的遅い速度で進んだため、長時間にわたって暴風や高波、大雨が続いた。 3日から8日までの総雨量は、九州・中国四国地方の各地で9月の月間平均雨量の2倍を上回り、宮崎県では1,000mmを超えた 。宮崎県南郷村神門では1,322mm (月間平均雨量比2.9倍) 、えびの市で1,307mm (月間平均雨量比2.8倍)、鹿児島県肝属郡肝属町肝属前田で956mm (月間平均雨量比3.2倍) に達した。 また、九州・中国・四国の各地方と北海道の62地点では、それまでの日雨量の記録を更新したほか、台風の接近・上陸に伴い各地で暴風、高波となった。 4日には南大東島で最大瞬間風速55.6m/s、6日には鹿児島県種子島で同59.2m/s、屋久島で同58.1m/sが観測された[1]

この台風によって、熊本県大分県・宮崎県・鹿児島県を中心に九州~東北地方で土砂災害、大雨による浸水などが起きた。 また、岡山県広島県香川県では高潮による床上・床下浸水も発生した。人的被害は、宮崎県を中心に全国で死者・行方不明者29人に達した[1]。 台風が日本の南海上を移動中の3日から4日にかけ、台風から本州上に停滞する秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が流入。 3日には鳥取県京都府新潟県福島県で1時間に約60mmの非常に激しい雨が降り、鳥取県では日雨量が100mmを超えた。 4日夕方から5日未明にかけては東京都埼玉県神奈川県など首都圏でも、大気の状態が不安定となって雨雲が急速に発達し、東京都と埼玉県では局地的に1時間に100mmを超える猛烈な雨となった。 この期間の降水量は、東京都が設置した雨量計によるデータでは杉並区下井草で264mm、久我山で240mm、練馬区上石神井で240mmに達した[1]

総合インパクト指数が大きい台風
台風番号 国際名 総合指数
1 平成30年台風第24号 Trami 2018年 14740
2 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 14254
3 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 14193
4 平成29年台風第21号 Lan 2017年 13763
5 平成23年台風第15号 Roke 2011年 13757
6 平成16年台風第18号 Songda 2004年 13150
7 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 12792
8 平成16年台風第16号 Chaba 2004年 12204
9 平成2年台風第19号 Flo 1990年 11799
10 平成30年台風第7号 Prapiroon 2018年 11208

記録編集

※各種報道、気象庁発表のデータを元に作成

雨量編集

大雨インパクト指数が大きい台風
順位 台風 国際名 大雨指数
1 平成23年台風第15号 Roke 2011年 10000
2 平成29年台風第21号 Lan 2017年 8527
3 平成30年台風第7号 Prapiroon 2018年 8491
4 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 8427
5 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 8366
6 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 7885
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 7833
8 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 7451
9 平成23年台風第12号 Talas 2011年 6863
10 平成19年台風第4号 Man-yi 2007年 6859

風速編集

強風インパクト指数が大きい台風
台風 国際名 強風指数
1 平成16年台風第18号 Songda 2004年 10000
2 平成30年台風第24号 Trami 2018年 8166
3 平成3年台風第19号 Mireille 1991年 8052
4 平成16年台風第16号 Chaba 2004年 7718
5 平成18年台風第13号 Shanshan 2006年 7105
6 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 6308
7 平成24年台風第17号 Jelawat 2012年 6001
8 平成30年台風第21号 Jebi 2018年 5840
9 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 5827
10 平成11年台風第18号 Bart 1999年 5817

高潮編集

  • 最も潮位の高い時期であったため、九州四国の沿岸で高潮となった。

被害編集

日本各地の被害状況編集

 
広島市草津漁港の台風被害 2005年9月10日
 
洪水痕跡 四万十川三里沈下橋付近

※死傷者が出た被害、その他主な被害のみ記載

インフラへの影響編集

  • 通信
    • 電話
      • NTTドコモでは、九州、中国、四国の一部で基地局計56局の機能が停止。
      • ボーダフォンは、鹿児島県、宮崎県を中心とした九州の一部の地域で109局が停止。
      • KDDI(au)も九州と四国の一部で計65局が停止。
      • NTT西日本の固定電話も宮崎県の一部で不通。
    • 放送
      • 放送塔が停電するなどし、各地でテレビ、ラジオの受信ができなくなった。
  • 電気
  • 交通
    • 九州のJR線は9月6日始発からほぼ全線が運休した。
    • 九州を離着陸する航空便、高速バス、フェリーは、ほぼすべて運休した。その他の地区でもフェリーの運休が相次いだ。
    • 宮崎県では一時、県都宮崎市と第2の都市都城市を結ぶ交通(JR日豊本線国道269号線宮崎自動車道など)全てが寸断されるという事態になった。
  • 水道
    • 宮崎市の富吉浄水場が浸水で機能しなくなり、下北方浄水場で全市の需要を賄う状態となったため水圧が低下し、宮崎市の広い範囲で水不足となった。

その他編集

  • 衆議院選挙期間中であったが、各地で掲示板が一時撤去された。また、選挙活動も一時中止や予定変更など立候補者、政党にも影響が出た。
  • 各地でリンゴが落下したり、が倒れたりするなどの農作物に被害があった。

韓国での被害編集

韓国南部でも記録的な大雨となり、各地で洪水、浸水、土砂崩れがあった。

その他編集

宮崎県 - 東諸県郡高岡町国富町高城町東臼杵郡北方町東郷町諸塚村椎葉村西郷村北川町宮崎市延岡市西都市西臼杵郡日之影町
山口県 - 玖珂郡美川町、岩国市
東京都 - 中野区、杉並区
鹿児島県 - 垂水市
高知県 - 四万十市
宮崎県、山口県、鹿児島県、高知県の17市町村
  • 台風直前の貯水率が0%であった高知県の早明浦ダムが大雨により一気に100%まで回復。水不足が解消した。しかし、この事実を逆に見れば、通常の渇水期水位程度の貯水率が同ダムにあった場合、ダムによる調整が追いつかず下流域にさらなる被害をもたらしていた可能性が高かった[2]
  • この台風のアジア名Nabiは、この台風限りで使用中止となり、次順からはDoksuriというアジア名が使用されることになった。ただし、除名の原因は大多数の引退名と異なり、イスラム教ナビーと同音になってしまったためである[3]。なお、平成時代に日本本土に被害をもたらした台風で、アジア名が使用中止になるのはこれが唯一の事例である。中国・韓国・香港・マカオなどではアジア名基準のため、その地域で被害をもたらした台風については、使用中止の措置が取られている。フィリピンでは本国名が基準であるが、被害をもたらした台風については本国名とアジア名の使用中止の措置を取られている。また、台湾は台風委員会の非加盟国であるため、使用中止の申請を提出できない。

関連項目編集

  • 東海豪雨 - 本州南海上の台風と停滞前線との組み合わせで発生した都市型水害。

外部リンク編集

注釈編集

  1. ^ 命名国:韓国 意味:朝鮮語の「チョウ(나비)」

出典編集

  1. ^ a b c d 気象庁 | 台風第14号、前線”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月16日閲覧。
  2. ^ 吉野川水系に係る水問題について - 四国地方整備局 p.5-172
  3. ^ List of Retired Tropical Cyclone Names | Typhoon Committee” (英語). www.typhooncommittee.org. 2018年9月16日閲覧。