メインメニューを開く

平成2年台風第28号(へいせい2ねんたいふうだい28ごう、国際名:ペイジ〔Page〕)は、1990年11月に発生し、1951年の統計開始以降で最も遅い上陸となった台風である。

台風第28号(Page、ペイジ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第28号
台風第28号
発生期間 1990年11月22日 15:00
11月30日 21:00
寿命 8日6時間
最低気圧 910 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55 m/s (105 knot)
最大風速
米海軍解析)
140 knot
被害総額
死傷者数 死者・行方不明者4名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

経過編集

  • 11月22日 - マリアナ諸島の南で発生。
  • 11月27日 - フィリピンの東海上で中心気圧910ミリバール(現在の単位はヘクトパスカル)になる。この頃から向きを北寄りに変える。
  • 11月29日 - 沖縄県大東島を暴風域に巻き込む。
  • 11月30日14時 - 大型の勢力で和歌山県白浜付近に上陸。上陸時の中心気圧975ミリバール、最大風速30m/sであった。
  • 11月30日21時 - 東海地方温帯低気圧に変わる。
  • 12月1日 - 日本海に抜け、北海道を通過して日本列島から去る。

解説編集

台風28号のように11月下旬に上陸した台風は前例がなく、観測史上最も遅い上陸となった。この原因については、1990年の夏は記録的な猛暑太平洋高気圧の勢力が強く、秋以降になっても高気圧は後退せず、記録的な暖秋となっていた。また、偏西風の位置が北に押し上げられており、台風は偏西風に流されずに紀伊半島に到達したものと考えられている。

なお台風が上陸した翌日の12月1日、台風から変わった温帯低気圧日本海へ抜けたため、広範囲で9月並みの暖かな一日となった。新潟で最高気温20.4度、仙台で21.8度(12月の最高気温歴代1位)、東京では23.5度を観測し、12月としては当時歴代1位、現在でも歴代3位の高温記録となった。

遅い上陸の記録編集

明治年間には、12月に房総半島に上陸した台風の記録があるが、台風の定義が現在のような基準に確定したのは1951年からであり、特に20世紀初頭頃までは台風の基準も曖昧であったと考えられており、この時の台風も上陸時には温帯低気圧に変わっていた可能性があるとされた。以上のような理由により、公式の記録では平成2年台風第28号が最も遅い上陸台風である。

上陸はしていないが、2003年11月29日から12月1日にかけて、台風21号が日本に接近し、本州付近の低気圧と前線の活動が活発化して四国地方の一部で豪雨となったほか、八丈島で36.8mの最大瞬間風速が観測されている[1]

上陸日時が(一年の中で)遅い台風
順位 名称 国際名 上陸日時 上陸地点
1 第28号/平成2年台風第28号 Page 1990年11月30日 14時 30和歌山県白浜町
2 第34号/昭和42年台風第34号 Dinah 1967年10月28日 3時30分 23愛知県南部
3 第21号/平成29年台風第21号 Lan 2017年10月23日 3時 22静岡県掛川市付近
4 第23号/平成16年台風第23号 Tokage 2004年10月20日 13時 39高知県土佐清水市付近
5 第26号/昭和30年台風第26号 Opal 1955年10月20日 12時 30和歌山県田辺市付近
6 第20号/昭和54年台風第20号 Tip 1979年10月19日 9時30分 30和歌山県白浜町付近
7 第10号/平成10年台風第10号 Zeb 1998年10月17日 16時30分 46鹿児島県枕崎市付近
8 第19号/昭和62年台風第19号 Kelly 1987年10月17日 0時 39高知県室戸市付近
9 第15号/ルース台風
(昭和26年台風第15号)
Ruth 1951年10月14日 19時 46鹿児島県いちき串木野市(現)付近
10 第19号/平成26年台風第19号 Vongfong 2014年10月13日 8時30分 46鹿児島県枕崎市付近

被害編集

  • 死者4名
  • 負傷者12名
  • 西日本から北日本の広い範囲で大雨と暴風による被害が発生した。

記録編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集