メインメニューを開く

平成21年台風第8号(へいせい21ねんたいふうだい8ごう、アジア名:モーラコット〔Morakot、命名国:タイ、意味:エメラルド〕、フィリピン名:Kiko)は、2009年8月台湾に上陸して記録的な豪雨をもたらし、多数の死者を出した台風である。

台風第8号(Morakot、モーラコット)
カテゴリー2の タイフーンSSHWS
最盛期の台風第8号
最盛期の台風第8号
発生期間 2009年8月3日 9:00
8月11日 3:00
寿命 7日18時間
最低気圧 945hPa
最大風速
(日気象庁解析)
40m/s(80kt)
最大風速
米海軍解析)
90kt
被害地域 フィリピン日本台湾中国韓国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
進路図

概要編集

被害・影響編集

この台風は、台湾で台風の中心から離れた地点で豪雨となった。8月6日0時から8月9日19時までの積算雨量が、嘉義縣阿里山で2726mm、屏東縣尾寮山で2551mmに達した。これにより、台湾南部では、高雄縣小林村深層崩壊による土石流で壊滅するなど過去50年間で最悪とも言われる災害となり、「八八水災」と呼称されている。なお、この台風の被害に対して各国が救援物資を送った[1][2][3]

なお、台湾政府の対応の遅れに対して批判が集中。9月10日には劉兆玄行政院長が辞職、行政院(内閣)総辞職へと追い込まれている[4]

その他編集

この台風のアジア名Morakotは、この台風限りで使用中止となり、次順からはAtsaniというアジア名が使用されることになった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集