平成4年台風第11号

平成4年台風第11号(へいせい4ねんたいふうだい11ごう、国際名:Kent / ケント)は、1992年8月九州に上陸した台風である[1]

台風第11号(Kent・ケント)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
台風11号(8月12日)
台風11号(8月12日)
発生期間 1992年8月6日6時(UTC)- 8月19日6時(UTC)
寿命 13日間
最低気圧 930 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
95 knots
被害総額 17億円
平均速度 16.0 km/h
移動距離 4,979 km
上陸地点 宮崎県と大分県との県境付近
死傷者数 死者・行方不明者8人、負傷者2人
被害地域 西日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

1992年8月5日に、マーシャル諸島付近で発生した弱い熱帯低気圧が西北西へ進み、6日に台風11号となった。その後も台風は西北西に進み続け、勢力を強めながら南鳥島の南海上を通り、12日には中型で非常に強い勢力で父島の南東海上を北西に進み、15日には父島付近を中型で強い勢力で通過。台風は日本の南海上を西北西に進み続けた後、18日に鹿児島県種子島の東海上で北北西に進路を変え、中型で弱い勢力にまで衰えて宮崎県大分県の県境付近に上陸した。その後も北北西へ進行を続け、19日に山口県宇部市付近に再上陸。山口県沖で弱い熱帯低気圧に変わった[1]

なお、1992年8月の九州には、この台風の襲来前にも、先に発生した台風10号が上陸していた。

被害編集

この台風の影響により、死者・行方不明者8人、負傷者2人、全壊1棟、半壊・一部破損12棟、床上浸水162棟、床下浸水217棟の被害が確認されている[1]。また、被害総額は17億円に達した[2]

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 平成30年台風第15号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2018年12月4日). 2020年4月26日閲覧。
  2. ^ デジタル台風:台風199211号 (KENT) - 災害情報”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月26日閲覧。