平成4年台風第9号

平成4年台風第9号(へいせい4ねんたいふうだい9ごう、国際名:Irving / アーヴィング)は、1992年8月に四国に上陸した台風である。

台風第9号(Irving)
カテゴリー1の タイフーンSSHWS
台風9号
台風9号
発生期間 1992年8月2日0時 - 8月4日12時 (UTC)
寿命 2日12時間
最低気圧 980 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55 knot(30 m/s
上陸地点 高知県足摺岬付近
死傷者数 死者・行方不明者4人・負傷者2人
被害地域 日本の旗 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

1992年8月2日に大東諸島の近海で発生した台風9号は、発達しながら3日に四国沖を北東に進んだ後、4日には中型で並の強さにまで発達し、進路を北西に変えて、高知県足摺岬付近に上陸した。台風はその後も北西に進み、福岡県に再上陸した。その後は対馬海峡に抜けて、弱い熱帯低気圧へと変わり、黄海にて消滅した[1]

台風により、徳島県徳島市で4日15時50分に最大瞬間風速(南南東)20.5m/sを観測[2]。総降水量の最大値は木頭村で157mm、日降水量の最大値は神山町旭丸と木頭村で4日に140mmであった[2]

被害編集

この台風の影響により、死者・行方不明者4人、負傷者2人、床上浸水4棟、床下浸水86棟の被害が生じた[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成30年台風第12号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2019年6月7日). 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ a b 平成4年の台風9号 | 四国災害アーカイブス”. www.shikoku-saigai.com. 2020年7月15日閲覧。

外部リンク編集