メインメニューを開く

座標: 北緯33度22分 東経129度34分 / 北緯33.367度 東経129.567度 / 33.367; 129.567

平戸城から見た平戸瀬戸(対岸が北松浦半島)

平戸瀬戸(ひらどせと)は、長崎県平戸市平戸島の北部と九州本土(旧北松浦郡田平町)を隔てる瀬戸で、南北約3.5km、幅は最も狭い所(平戸大橋付近)で約500m。水深は最深部で40m。

雷(いかずち)ノ瀬戸、スペックス・ストレート(初代平戸オランダ商館長の名にちなむ)の別称がある。

幅が狭く潮流が速い(最大6.5ノット)ことと、九州北側沿岸と西側沿岸の各港を結ぶ最短経路で船舶の通航量が多いことから航行に困難が伴う難所の一つであり、海難事故も幾度か起こっている。

瀬戸の平戸港外に浮かぶ黒子島は亜熱帯性樹林の原始林タブノキハマビワアコウビロウ等が自生)が島全体を覆っており、国の天然記念物に指定されている。

目次

歴史編集

古くから平戸島~本土航路や九州沿岸を結ぶ航路に利用された。平戸藩藩主松浦氏参勤交代の際には平戸城下から船で瀬戸を渡って田平町日の浦に上陸し、平戸往還に入るコースを利用していた。この他、江戸時代初めから明治時代までは捕鯨も盛んに行われた。

航路編集

瀬戸内には平戸往還の海路を担ってきた西の平戸港・東の田平港がある。北端の魚見崎灯台、航路北部を東水道(北進)と西水道(南進)に分ける広瀬(島)の広瀬灯台、南部の平戸大橋橋桁中央の夜間白灯等、多数の航路標識が設置されている。

開発保全航路

航路は1947年から1969年にかけて水深7mでの浚渫整備が終わったが、大型化する船舶に対応するため、1989年に開発保全航路に指定され、国(国土交通省の九州地方整備局)が更なる航路整備を進めている。1999年には水深8.5m、幅員230mの東航路の整備が終わり、2010年現在、水深10.5m、幅員320mの西航路を整備中である[1]

周辺編集

出典編集

  1. ^ 国土交通省九州地方整備局 長崎港湾・空港整備事務所「平戸瀬戸航路」2010年2月1日閲覧

外部リンク編集