メインメニューを開く

平方三角数(へいほうさんかくすう、: square triangular number)は平方数のうち三角数でもある自然数である。例えば 36 は6番目の平方数 62 であり、また8番目の三角数 8(8+1)/2 でもあるので平方三角数である。平方三角数は無数にあり、最小のものは1である。

平方三角数を小さい順に列記すると

1, 36, 1225, 41616, 1413721, 48024900, 1631432881, 55420693056, …(オンライン整数列大辞典の数列 A1110

となる。

k番目の平方三角数 Nk

で与えられる。この公式は、1778年にオイラーが発見している[1][2][3]

公式の導出編集

ある自然数 Nn番目の三角数かつm番目の四角数であるとすると、

 

である。両辺を8倍して平方完成することにより (2n + 1)2 = 8m2 + 1 となる。x = 2n + 1, y = 2m とおけば、ペル方程式 x2 - 2y2 = 1 を得る。その一般解 (xk, yk) は

 

で与えられ、よって

 
 

である。したがって、k番目の平方三角数 Nk = (yk/2)2 は冒頭の式で与えられる。

その他の性質編集

Nk は漸化式

 

を満たす。その母関数

 

で与えられる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Dickson 2005a, p. 16
  2. ^ Dickson 2005b, pp. 10, 16, 27
  3. ^ Euler 1813, pp. 12–13

参考文献編集

  • Dickson, L. E. (2005) [1919], History of the Theory of Numbers, Volume l: Divisibility and Primality, New York: Dover Publications, ISBN 978-0-486-44232-7, MR0245499, https://archive.org/details/historyoftheoryo01dick 
  • Dickson, L. E. (2005) [1920], History of the Theory of Numbers, Volume. II: Diophantine Analysis, New York: Dover Publications, ISBN 978-0-486-44233-4, MR0245500, https://archive.org/details/historyoftheoryo02dickuoft 
  • Euler, Leonhard (1813), “Regula facilis problemata Diophantea per numeros integros expedite resolvendi (An easy rule for Diophantine problems which are to be resolved quickly by integral numbers)” (Latin), Memoires de l'academie des sciences de St.-Petersbourg 4: 3–17, http://math.dartmouth.edu/~euler/pages/E739.html 2009年5月11日閲覧, "記録によれば、この論文は1778年5月4日付けでサンクトペテルブルク・アカデミーに受理された。" 

関連項目編集

外部リンク編集