日本 > 千葉県 > 流山市 > 平方 (流山市)

平方(ひらかた)は、千葉県流山市にある地名。郵便番号は270-0105[2]

平方
平方・江戸川沿いの田園地帯
平方・江戸川沿いの田園地帯
平方の位置(千葉県内)
平方
平方
平方の位置
北緯35度54分0.16秒 東経139度53分52.08秒 / 北緯35.9000444度 東経139.8978000度 / 35.9000444; 139.8978000
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Nagareyama, Chiba.svg 流山市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 1,203人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
270-0105[2]
市外局番 04[3]
ナンバープレート 野田

地理編集

流山市の北部に位置する。東部は「ひらかた団地」などの住宅街、西部は江戸川に程近い田園地帯となっている。東は美原東深井、西は平方村新田、南は中野久木、北は西深井と接している。

歴史編集

沿革編集

  • 1869年明治2年) 葛飾県葛飾郡平方村となる。
  • 1871年(明治4年) 廃藩置県により印旛県葛飾郡平方村となる。
  • 1873年(明治6年) 県の統合及び、郡の分割により千葉県東葛飾郡平方村となる。
  • 1889年(明治22年) 東葛飾郡大畔村、小屋村、下花輪村、北村、桐ケ谷村、谷村、上貝塚村、上新宿村、上新宿新田、南村、平方村新田、平方原新田、中野久木村、深井新田、東深井村、西深井村と合併し、東葛飾郡新川村大字平方となる。
  • 1951年昭和26年)4月1日 流山町、八木村と合併し、東葛飾郡江戸川町大字平方となる。
  • 1952年(昭和27年)1月1日 江戸川町が流山町に改称。東葛飾郡流山町大字平方となる。
  • 1967年(昭和42年)1月1日 市制施行により、流山市大字平方となる。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
平方 507世帯 1,203人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

番地 小学校 中学校
1~36番地の2、40番地の1、44番地、46番地の1、155番地の3
155番地の4、156番地、167番地の3、169番地、170番地の2
170番地の3、182番地の1、185番地の7、187~190番地
192~193番地、195番地、197番地、199~202番地
208~214番地、216番地、220~222番地、229番地
238~239番地、249~250番地、259~336番地
340~348番地、350〜356番地、360番地、796〜862番地
864~971番地、973~1044番地
流山市立新川小学校 流山市立北部中学校
36番地の3~同番地の6、42~43番地、44番地の2~45番地
47~71番地、74~78番地、80~87番地、89~90番地
94~98番地、100~111番地、112番地の1~3
113~122番地、124番地、126番地、128〜155番地の2
155番地の5、157~167番地の2、168番地、170番地の1
170番地の4~181番地、183~185番地の6、357~359番地
361~765番地、1045~1194番地
流山市立西深井小学校
その他 流山市立東深井中学校

施設編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁字別・男女別人口(世帯数含む) 【各月1日】”. 流山市 (2017年11月2日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ 流山市立小学校通学区域 地番別”. 流山市 (2017年9月15日). 2017年11月28日閲覧。
  5. ^ 流山市立中学校通学区域 地番別”. 流山市 (2017年9月15日). 2017年11月28日閲覧。