メインメニューを開く
 
平時信
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 久安5年7月26日1149年8月30日
官位 正五位下検非違使兵部権大輔
正一位左大臣
主君 近衛天皇
氏族 桓武平氏高棟王流
父母 父:平知信、母:不詳
兄弟 時信知範信範藤原親隆
藤原祐子(藤原顕頼の娘)
藤原基隆の娘
二条大宮(令子内親王)の半物
藤原季兼の娘
時忠親宗時子、冷泉局、滋子清子藤原親隆室、帥局、坊門局
特記
事項
高倉天皇の外祖父
テンプレートを表示

平 時信(たいら の ときのぶ)は、平安時代末期の公家桓武平氏高棟王流・堂上平氏の一族。兵部大輔平知信の子。高倉天皇外祖父。官位は正五位下検非違使・兵部権大輔、正一位左大臣

生涯編集

文章生を経て検非違使、兵部権大輔となる。鳥羽法皇判官代として仕え、康治元年(1142年)5月には法皇の東大寺での受戒にあたって藤原顕頼と共に奉行を務めた。翌康治2年(1143年)に正五位下に叙される。久安3年(1147年)に娘の時子平清盛継室となって三男宗盛を儲けている。

久安3年(1147年)3月、院や皇后の近臣が居住する五条京極辺りにあった時信の屋敷が火災によって焼失している。久安4年(1148年)2月、前年に娘婿である清盛の行動が発端となった祇園闘乱事件の報謝のため、祇園社で法華八講を行う準備に派遣されている。翌年久安5年(1149年)7月26日死去。

娘の滋子は、時信の死後に後白河法皇の寵妃となり、応保元年(1161年)に憲仁親王(のち高倉天皇)を産む。仁安3年(1168年)憲仁親王の即位によって天皇の外祖父となったことから、時信は左大臣・正一位を贈位された。

本朝世紀』によれば、「天性柔順」で争いごとをしない性格で、その死は多くの人に惜しまれたという。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ たまきはる』に「一つ御腹の御姉」(同母姉)と記されている。
  2. ^ たまきはる』に備後の前司すゑかぬの娘とある。
  3. ^ 三条坊門高倉に住んでいた為に坊門殿と呼ばれていた。古代学協会『後白河院―動乱期の天皇』吉川弘文館角田文衞著の『建春門院』から。

関連項目編集

参考文献編集