メインメニューを開く

平木橋(ひらきばし)は、兵庫県加古川市にある水路橋。平木水路橋とも呼ばれる。 土木学会による「近代土木遺産2800選」に選出されている[1]

平木橋
Hirakibashi Kakogawa.jpg
平木橋(加古川市)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 加古川市
交差物件 前ノ池
建設 1915年(大正4年)竣工
座標 北緯34度45分53.5秒 東経134度52分26.5秒 / 北緯34.764861度 東経134.874028度 / 34.764861; 134.874028
構造諸元
形式 高欄付、単径間煉瓦壁石造拱橋
材料 御影石・レンガ
全長 27.1m
1.2m
高さ 3m
最大支間長 16.2m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

アーチ部には御影石、その他の部分には赤煉瓦が用いられた、白と赤の対比が美しい組積造の1連アーチ橋である。山田川疎水事業の一環として農業用水の送水用に建設され1915年(大正4年)に完成したが、貯水池である平木池が機能しなかったため実際に利用されたのは数年間のみであった。

1949年(昭和24年)頃には橋も放置され、その後は忘れられた存在となっていたが、2000年代に入り土木学会の調査で、水不足に取り組んできた歴史的背景や建築物としての美しさ、煉瓦と石を組み合わせたアーチ橋は稀であることなどから再び脚光を浴びることとなり、2001年(平成13年)には「Bランク」(都道府県の重要文化財クラス)との評価を受けた[2]

東播磨南北道路の建設予定地内に位置することから保存の声が高まり現地での保存も検討されたが、西に1kmほどにある前の池と呼ばれるため池へ移設保存されることとなった。解体・移設工事は2008年(平成20年)3月27日に着工され、2009年(平成21年)3月25日に移設を完了した。2010年(平成22年)1月29日には土木学会選奨土木遺産に選定され、同年3月5日には、加古川市指定文化財に指定された。

諸元編集

  • 所在地:兵庫県加古川市野口町水足247
  • 形式:1連レンガ・石造アーチ橋
  • 橋長:27.1m
  • 径間(アーチの幅):16.2m
  • 拱矢(アーチの高さ):3m
  • 幅員:1.2m
  • 竣工:1915年(大正4年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 兵庫県(日本の近代土木遺産(改訂版)-現存する重要な土木構造物2800選) - 土木学会
  2. ^ 存続論議で揺れる加古川の「平木橋」 保存方法めぐり対立”. 神戸新聞 (2005年11月1日). 2007年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月18日閲覧。

外部リンク編集