メインメニューを開く

平松 恵美子(ひらまつ えみこ、1967年4月5日 - )は、日本の映画監督脚本家

ひらまつ えみこ
平松 恵美子
生年月日 (1967-04-05) 1967年4月5日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 岡山県倉敷市
血液型 O型[1]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1993年 -
テンプレートを表示

岡山県倉敷市出身。岡山大学理学部卒業[2]山田洋次監督のもとで助監督・共同脚本家を務め、2012年公開の『ひまわりと子犬の7日間』で映画監督としてデビュー。

略歴・人物編集

岡山大学理学部在学中、自主上映サークル岡山映画鑑賞会で活動。卒業後上京し、印刷工場等でOLを経験する。

男はつらいよ』シリーズや小津安二郎監督作品などの松竹映画が好きで、新宿ピカデリーで見かけたポスターをきっかけに会社を辞め、1992年、24歳の時に松竹大船撮影所の映画人養成塾「鎌倉映画塾」に第1期生として入塾。2年間にわたって映画製作を学び、山田洋次監督の『学校』(1993年公開)で助監督見習いとして制作現場も初体験、続く『男はつらいよ 寅次郎の縁談』(1993年公開)の現場にも応援で加わる[1][2][3]。卒塾後は松竹大船撮影所の演出部に契約スタッフとして所属し、『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』(1994年公開)で3作連続で山田作品に参加してそのまま山田組に加わることとなる[3]

1993年、山田洋次監督の元で『学校』の現場に就く。以後、山田作品で助監督を務める。

学校III』(1998年公開)より脚本執筆のための取材も任されるようになり[1][2][3]、『十五才 学校IV』(2000年公開)を皮切りに、『武士の一分』『母べえ』『おとうと』『東京家族』『小さいおうち』と山田との共同脚本を重ね、山田とともに日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞[1][3]。脚本は、山田の口述を書き留め、山田に迷いや悩みが生じた時に平松が意見が述べてフォローする、対話方式によって作り上げられる[3]

2012年公開の『ひまわりと子犬の7日間』で監督デビューした。松竹では女優・田中絹代の監督作『お吟さま』(1962年)以来、半世紀ぶりの女性監督となる[4]

作品編集

映画編集

監督作品編集

脚本・助監督作品編集

テレビドラマ編集

その他編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c 山田洋次と共同。

出典編集

  1. ^ a b c d “【クリエイター100選】第94回 平松恵美子(映画監督)”. マイナビニュース. (2013年3月15日). https://news.mynavi.jp/article/20130315-he/ 2018年4月17日閲覧。 
  2. ^ a b c 楢崎基弘 (2013年1月1日). “〈1〉懸命な人 真面目に描く◇映画監督 平松恵美子さん◇”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/feature/CO004228/20121231-OYT8T00736.html 2018年4月17日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 坂口さゆり (2014年1月10日). “山田組で学んだことを残すために作り続ける”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/and_w/interest/theater/TKY201401090026.html 2018年4月17日閲覧。 
  4. ^ 壬生智裕 (2012年10月21日). “堺雅人主演作で、山田洋次監督の遺伝子を受け継ぐ女流監督がデビュー!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0046891 2018年4月17日閲覧。 
  5. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  6. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧。
  7. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。

関連文献編集

外部リンク編集