平松時庸
時代 江戸時代前期
生誕 慶長4年4月28日1599年6月20日
死没 承応3年7月12日1654年8月24日
改名 金千代、金法師、国夜叉(幼名)→時興(初名)→時直
官位 従二位、権中納言
主君 後陽成天皇後水尾天皇明正天皇後光明天皇
氏族 西洞院家平松家
父母 父:西洞院時慶
兄弟 西洞院時直時庸、善忠、長谷忠康交野時貞、行子(東福門院上臈
正室:日野輝資の娘(或いは日野資勝の娘)
継室:をさい秋月種長の娘)
時量、娘(溝口宣直継々室)、娘(溝口宣直継々々室)
養子:陽和院殿島津光久継室、交野時貞の娘)
テンプレートを表示

平松 時庸(ひらまつ ときつね)は江戸時代前期の公家西洞院時慶の次男。西洞院家から分家して新家平松家」を興す。

経歴編集

寛永3年7月24日(1626年9月14日)、徳川秀忠家光に従い上洛した伊達政宗が催した香席に、近衛信尋関白)・一条兼遐兄弟や父の西洞院時慶らと招かれており、その「饗応香会の記」が日本に現存する最古の香記録として残る(個人蔵)。

養女を島津家正室としたことで島津家中との交流が活発になった。特に、島津氏家臣・禰寝氏との関係は深く、元々建部氏を本姓としていた禰寝氏が、後に「小松氏」に改姓し平氏の子孫を称するようになったのは、平松家の示唆・影響による物という指摘がある[要出典]

また、平松家は近衛家門葉とされたため、近衛家とのつながりも深かった。後に近衛基熙の要請によりその娘・熙子(天英院)を密かに養女としたのもこの縁によるものである。

参考文献編集

先代:
  -  
平松家当主
初代
次代:
平松時量