メインメニューを開く

平林たい子文学賞(ひらばやしたいこ ぶんがくしょう)は、作家平林たい子1972年没)の遺志に基づき、「文学に生涯を捧げながら、あまり報われることのなかった人に」という意向から、毎年すぐれた小説評論で(原則)各1作品を対象とする文学賞。

平林と長い親交があった渡辺久二郎が「平林たい子記念文学会」の代表者となり設定した。1989年の第17回より講談社主催となり、1997年の第25回目をもって終了した。

目次

受賞者編集

第1回から第5回編集

第6回から第15回編集

第16回から第25回編集

選考委員編集